効果的に薄毛を治すならこの方法しかない!

薄毛治療を効果的にするためには?

薄毛の治療をするなら効果的な方法を利用し変化が見られるのが一番でしょう。現状維持や予防目的が理由なら別ですが、多くの方は何らかの効果が見える方法を探しているはずです。

薄毛治療といっても種類があり、その方法によってどの部分に効くかは異なるのです。

まずは自分に合ったタイプを見極めてみることからはじめてみるようにしましょう。

育毛治療で利用できる2つの方法

05e8245eee6e8643848a38c497dff036_s育毛治療は主に2種類の対策が利用されています。

有効成分ミノキシジルを利用し頭皮に塗布して育毛を促進する方法、そして有効成分フィナステリドやデュタステリドを飲み男性型脱毛症の原因を取り除く内容です。

アプローチの仕方が異なるため、適切な方法を選択しなければなりません。

 

  • ミノキシジル
    ある程度時間が経った薄毛にも効果的で、頭頂部に作用しやすい
  • フィナステリド・デュタステリド
    男性型脱毛症のみ効果があり、原因を取り除く

塗布タイプ、飲むタイプ両方を兼用、または片方のみなどその人の原因に合わせて治療が行われます。

 

タイプによる効果の違いについて

薄毛治療の効果を得るためにはまず原因を知ることが重要です。そしてその人に合う治療を選択することでしょう。

塗る育毛剤のミノキシジルは頭頂部には効きやすいものの、生え際への効果は多少落ちます。

頭頂部のみならミノキシジルだけでも良く、生え際も一緒に改善したいなら飲むフィナステリドを兼用したほうが効率が良くなります。

また、ミノキシジルも人により濃度の違いで効果の出やすさが異なります。

日本のリアップでは最大5%までのため、効果が見られなければジェネリック育毛剤を個人輸入する方法も検討してみましょう。

 

治療薬以上に効果が出る育毛剤は無い

世の中で一番効果的な育毛対策は認可された医薬品です。現在はミノキシジルとフィナステリドの両方の成分がAGA治療に利用されています。

実は日本人の30%程度はAGAが原因による薄毛を発症しているのです。更に40代以降から徐々に割合が増え、年齢とともに増加する傾向があります。

つまり、薄毛は治療が可能なもので医薬品を使えばかなり高い割合で改善することができます。

 

医療部外品より断然医薬品

医療部外品でも人によれば効果が見られた人はいるのですが、費用が高いわりに効果は穏やかなため、結果的に時間がかかりやすく費用も高額になりがちです。

ミノキシジルの成分にかぶれ使用できないなら別ですが、その副作用の割合は少なく一般的の人なら医薬品を使ったほうが効率は良いでしょう。

高額な育毛剤と変わらない金額、医薬品で効果が証明されているため早い段階で育毛が期待でき、結果的に効率としては良いのです。

更に値段を安くしたい場合は個人輸入で海外の薬を輸入することもできるため、費用は安くすることもできます。

 

男性の薄毛のほとんどがAGA

男性型脱毛症と呼ばれるAGAには次のような特徴があります。薄毛の症状が似ているなら医薬品での改善効果が期待できます。

その場合は育毛剤や食事療法など効果的かわからない方法で対策するより、原因に対する治療をしたほうが良いでしょう。

  •  髪が細くなってきた
  •  額の生え際または頭頂部どちらかが薄い、両方薄い場合
  •  産毛が増えてきた
  •  薄毛の変化はゆっくり

AGAは毛髪を作り出す毛包が十分に成長せず、髪が太く成長しにくくなります。

次第に抜け毛が発生し、産毛が多くなり徐々に薄毛が進行します。これらの症状があるならAGAの可能性があります。

 

AGA治療の受け方

55371f55583ce37527c0e46c622ebeef_sAGA治療は現在薄毛対策として最も効果的な方法です。利用するには主に3つのタイプから選ぶことができます。

  • AGA専門クリニックで処方してもらう
  • 一般の病院で処方してもらう
  • 個人輸入で自己責任の上購入する

どの方法も自由診療で健康保険が適用されず高額となります。

唯一個人輸入は費用が安くなりますが、AGAだと確実な診断を受けてからのほうが良いでしょう。それに海外のジェネリック医薬品の中には偽物の混入や、添加物の影響なども否定できません。

はじめて利用する方はきちんと専門医に診てもらい、その上で費用を安くするなら信頼できるショップから購入するべきです。

また、副作用が出てもあくまでも個人の責任のため、トラブルを避けたい方は専門クリニックをおすすめします。

 

確実に効果を得たいなら薬による治療がおすすめ

確実な効果を得るのに医薬品に勝るものはありません。クリニックで利用すると平均で月8,000円くらいから、薬の組み合わせによっては1万円ちょっとかかる場合もあります。

最近ではジェネリック育毛剤を個人輸入で利用できるクリニックも増えてきています。

更に費用を安くするなら個人輸入代行店で直接買う方法もあります。その費用が高いと感じるか、安いと感じるかは個人によって異なるかもしれませんが、絶対に改善したい方にとって良い解決策になることは間違いありません。

体質に合うか、確実に効果が得られるAGAかの診断はお近くのクリニックで受けましょう。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る