薄毛治療は誰でも育毛剤が適している訳ではない理由

育毛剤で薄毛が改善できるのか?

imasia_3289668_M

医薬品ではなく医療部外品や化粧品として売られている育毛剤は本当に薄毛が改善できるか?が一番の疑問点でしょう。

まだ薄毛が進行しだした初期ならある程度の効果が期待できるかもしれませんが、かなり進行すると短期間では改善できないと感じてしまいます。

一般的な育毛剤は天然成分や独自に開発した化学物質などを利用し育毛を促進させる目的で販売しています。ではどのような人に向いているのか詳しくみていきましょう。

頭皮から栄養を吸収させて髪を成長させる

一般的な育毛剤は次のような効果を狙って作られています。

主に頭皮のコンディションを改善する方法、栄養を与えて髪の成長を促す内容です。

  • 頭皮を殺菌して皮脂の分泌によるかぶれを防ぐ
  • 血流を良くし栄養を髪に届ける働き
  • 頭皮を保湿し乾燥によるトラブルを防ぐ
  • 頭皮の老廃物を除去しやすくする
  • 頭皮に直接栄養を吸収させ育毛を狙う

植物成分を使っているものは頭皮に負担を与えず、コンディションを良くしたり、保湿効果が高くなったりしています。

髪が生える頭皮の土壌を改善し育毛を促すタイプです。無理やり毛を生やすタイプでは無いため長期間使い続けやすく、化粧品のような感覚で使えます。

 

育毛剤は頭皮のコンディション改善に

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s主に育毛剤は頭皮のコンディションを化粧品で整える目的で使うと良いでしょう。

間違ったシャンプーやヘアケアで頭皮を傷つけている場合は、化粧品でも良い状態に導くことができます。

例えば皮脂が過剰に分泌したり、頭皮の皮膚が薄くなりダメージを受けやすい状況は改善しやすいといえます。

頭皮に保湿成分で潤いを与えれば髪が育つ環境が育ちやすいからです。

 

育毛剤を選ぶためのポイント

育毛剤は単なる化粧品的な要素の成分の商品、医療部外品の部類で何らかの効果が期待できる成分が配合されているもの、そして厚生労働省が認可した育毛剤にわけられます。

薄毛の予防が目的で頭皮のコンディションを改善するなら化粧品でも良いのですが、確かな効果を得るためには医療部外品や厚生労働省認可の商品を選ばなければなりません。

 

医療部外品とは?
  • 化粧品と医薬品の中間
  • 人体に穏やかな作用が期待できる成分が配合されている
  • 厚生労働省認可の成分が入っている
  • 医薬品とは異なるため薬局以外の場所でも販売が可
  • 予防効果が期待できるもの

何らかの作用がある有効成分が入っているものの、穏やかな効き目ということです。治療目で使うよりは、発毛を促したり、予防効果を狙ったりするものです。

植物成分でも効果が認められた成分がおすすめ

育毛剤を選ぶには臨床試験などで効果が認められた成分が配合されている商品を選ぶと良いでしょう。発毛剤と呼べるのは日本が認可しているプロペシアやリアップのみです。

これ以外は化粧品または医療部外品となるため注意しましょう。

その中でも穏やかな効果を狙うなら厚生労働省認可の成分が入っているか、臨床試験で結果が出ていることが最低限の条件です。

植物成分なら医薬品のような副作用が無く、肌が弱い人でも使える可能性があります。

 

育毛剤が向いている人

きちんと認可され育毛効果が証明された医薬品があるにも関わらず育毛剤を選ぶ方がいます。

次のような人は医薬品よりも医療部外品の育毛剤のほうが向いているといえます。

  • 医薬品の副作用リスクを避けたい方
  • ミノキシジルで痒くなった経験のある方
  • 通販やお店で手軽に買える商品がよい方

一番は皮膚への刺激が少なく、医薬品と比べて副作用のリスクが無いことです。化学物質が入っていると完全にゼロとはいえませんが、作用が弱い代わりに副作用も少ないといえます。

 

育毛剤で選びたいおすすめ成分

育毛剤といっても色々な植物成分や化学物質があるため、どの成分で選んだら良いかは迷うものです。

代表的なものを紹介しますから、商品選びに役立ててみましょう。

  • M-034 
    ミツイシコンブ由来の植物成分で髪の成長サイクルを整える
  • センブリエキス 
    センブリから抽出し血流改善を目的する成分
  • オウゴンエキス 
    シソ科の植物から抽出される保湿や抗菌作用が期待できる成分
  • ノコギリヤシ 
    男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼを抑制する狙い
  • カプサイシン 
    血流を良くし発毛を促す

このように主に植物から抽出された成分で育毛を促すため、肌トラブルを起こしやすい方、天然の成分で改善したい方におすすめです。

ただし医薬品の発毛剤と同等くらいの費用になる商品も多いため、発毛と費用効率では多少負けるのがデメリットです。

 

育毛剤は効果が穏やかな商品

育毛剤はドラッグストアや通販などを利用し買いやすいのがメリットでしょう。成分は植物成分などで副作用が少ないのが特徴的です。

効果は穏やかでも副作用を避けたい方に適している商品です。

医薬品に手を出すほどではないが予防のために使用したい場合、または医薬品でトラブルを起こした方には適しているといえます。

商品の買いやすさと効果の高さ両方を求めるなら、海外から個人輸入するジェネリック医薬品を選んだほうが良いかもしれません。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る