薄毛を内服薬で改善させることが必ずできるのか

薄毛は内服薬改善できる?

現在、男性型脱毛症(AGA)の内服薬として利用されているのがプロペシアです。フィナステリドを含む医薬品で、日本でも認可されています。

元々前立腺の治療薬として利用されてきたのですが、副作用として発毛が見られたため育毛治療としても活用するようになりました。

簡単に説明すると男性ホルモンに作用し抜け毛の原因となる元を抑制するのですが、性欲が減退しないか心配な方も多いようです。

副作用や効果について正しい知識を身につけてみましょう。

男性ホルモンといってもDHTの抑制

プロペシアは男性ホルモンの抑制をして薄毛治療をすると聞き不安になった方も多いでしょう。

実は男性ホルモンといっても性的なものとは関係が無く、DHTと呼ばれる男性型脱毛症の原因を抑制するのみのため心配することはありません。

このホルモンは5αリダクターゼという酵素から変換され、過剰な皮脂の分泌や毛穴を防ぎ髪の成長を抑制する影響が起こります。

プロペシアは予行効果に高い効果があり進行を止めるのに適した治療方法です。

 

プロペシアは頭頂部や生え際に効果がアリ

1b3f37a5599272d8a0228dbe128b41ff_sプロペシアに含まれるフィナステリドは98%の人に3年間効果があるというデータが出ています。

更に服用を続けると抜け毛の原因が取り除かれ育毛に繋がる人も出てきます。

一番の特長は頭頂部だけでなく生え際にも効果がある点で、塗る育毛剤などを兼用すると更に効果が高まります。

海外では60カ国以上で採用され、日本も男性の薄毛治療の服用薬として一般的になりつつあります。

1年間服用で98%の人に何らかの改善効果が認められ、3年では改善する割合が増えています。

 

男性の内服薬での治療方法

男性は主にAGAが原因となっていることが多く、内服薬はプロペシアを利用します。

日本皮膚科学会のガイドラインでもAの最高ランクを得ており、最も治療効率が高い方法だといえます。服用する際の利用方法、副作用など注意点を把握しておきましょう。

プロペシアの手の入れ方

薄毛治療のクリニックにて処方してもらうことができます。この薬はAGAが原因の薄毛にしか効果が無いため、診断を受けるために一度病院を受診することをおすすめします。

その後は海外のジェネリック医薬品を活用する方もいます。

プロペシアの他、プロスカー・フィンカー・フィンペシアなど海外のジェネリック育毛剤を個人輸入で手に入れる方法もあります。

薄毛治療には保険が適用せず薬代が高いため、安価で手に入りやすいこのような海外の薬に途中で切り替える人もいるのです。

 

内服薬の副作用

プロペシアは前立腺の治療と比べて服用量が少なく副作用はあまり出ません。

一部では精力減退の症状が出ましたが、臨床試験の結果プラセボと同等なため殆ど関連性はないと考えられています。

男性の薄毛は中年以降に発生しやすく、年齢的な原因も影響しているのかもしれません。

プロペシアの服用方法

1日1錠1mgを限度に服用します。飲む時間帯は特に決められておらず、服用しやすいタイミングで良いでしょう。

なお未成年の服用は禁止されており、女性の場合は効果が得られないため女性用のバントガールで対応されています。

 

AGAチェックは必ずやりましょう

fa632a3207146a1b12e6bafbb2a17532_sプロペシアはAGAの改善にのみ効果がありますから、自分の薄毛がどのタイプかまずは知らなければなりません。

ジェネリック育毛剤に最初から手を出すよりも、クリニックで血液検査や毛髪のDNAを解析することで正しい治療となります。

検査は1回受けるのみで良く、年齢により変化しないため利用しましょう。

 

プロペシアを効果的に利用する方法

プロペシアは服用を続けると98%の人に効果が得られたデータが出ています。

ある程度進行してから服用するより、薄毛が気になり始めた方が早めに利用するほうが効果が出やすくなっています。

一度進行するとなかなか改善しにくいため、安易に育毛剤に手を出すより手軽で効果が高いといえます。

ただし一度服用し効果が現われると止め時が決めにくいデメリットはあります。AGAの原因は薬で抑えられたものの完全になくなったわけではありません。

一生飲み続ける副作用のリスクを考えると、ミノキシジルや生活習慣の改善など様々な要素を取り入れる方法が一番です。

日本の厚生労働書認可の安全な薬

プロペシアは認可を正式に受けた薬で、安全性の高さが証明されています。

どの薬から利用して良いか迷ったら、まずはプロペシアから試すのが一番でしょう。予防効果が高い薬のため若い頃から服用する方もいます。

内服薬をジェネリック育毛剤で利用するかは個人の自由ですが、最初はAGAが原因の薄毛だとハッキリさせるために病院の受診をおすすめします。

日本で認可されるプロペシアを服用し効果が見られるようなら、長期間服用しやすい海外の医薬品に切り替える方法もあります。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る