薄毛治療には「ミノタブ」効果と副作用のまとめ

ミノタブの効果は高いが副作用もある?

imasia_9803867_M

ミノタブは飲むミノキシジルで体の中から血流促進効果を得る薬です。そのため塗るミノキシジルと比べ非常に効果が高いのが特徴的です。

しかし、その反面副作用も高くなるといわれており、手を出しにくいと感じる方も多いのは事実なのです。

どのような副作用が考えられるのか、そして効果の高さを良く知った上で使わなければなりません。

他の育毛治療薬を利用し効果が得られなかった方の最終手段として使用したほうが良いかもしれません。

育毛効果は他の薬と比べても高い

ミノタブは育毛治療薬にも様々なものがありますが、その中でも非常に効果が高いといわれるのがミノタブです。

体の外側から作用させるのではなく、内服して体全体に成分をいき渡せるため当然効果も高くなるでしょう。

塗るミノキシジルでは浸透力の違いが出たり、皮膚がかぶれたりする副作用が出ることがあるため飲む薬を選択する方も多いようです。

 

ミノキシジルは95%~98%の改善効果

臨床データによっても多少誤差は出ますが、非常に高い割合で何らかの効果を期待できると答えた人が多くなっています。

その割合は95%~98%で何もかわらないと答えた人は少人数に留まる結果です。

これは塗るミノキシジルに対しての結果のため、より体に吸収されやすい飲むミノタブなら更なる効果が期待できるでしょう。

元々は高血圧の治療薬として利用されてきたミノキシジルのため、副作用的で血圧が下がり血流が良くなると考えられます。

 

薄毛治療にミノタブを使用する方法

ミノタブは現在日本で認可された薬ではないため海外のジェネリック育毛剤を使うことになります。育毛クリニックで一部取り扱うところがあったり、個人で海外の輸入代行サイトを通し手に入れたりする方法です。

効果は高いが副作用もある薬のため正しい使用の上薄毛治療を心掛けるようにしましょう。

 

ミノタブの服用の仕方

ジェネリック育毛剤により成分量は異なり、ミノキシジルが1mg~10mgから選べます。1日1回または、1日2回服用します。

薬の費用を節約したい方は、10mgのタブレットをピルカッターで半分にしてから服用する方もいます。

 

ミノタブの副作用

体の中から作用させるため全身の毛が濃くなる副作用が出ることがあります。頭皮だけでなく腕や足などの毛も多くなる方がいます。

また高血圧の薬ですから当然血圧が下がる副作用があります。極端に血圧が低い人は注意しなければなりません。

ほかにもめまい・痒み・嘔吐・性欲減退などの副作用が出る人もいます。

 

ミノキシジルは効果が出るまで時間がかかる

ミノキシジルは血流を良くする作用があるため髪のサイクルに合わせて服用する必要があります。

短くて半年、少なくとも1年以上服用を続けると多くの方が効果を感じています。

また、髪は一定のサイクルで抜け、成長を続けているため、初期に抜け毛が増えたと感じることがあります。

正常なサイクルに戻れば初期脱毛は減るため、効果が半減したと勘違いしないようにしましょう。

 

ミノタブを選ぶ注意点

塗るミノキシジル(ロゲイン、ポラリス)より副作用が現れやすいため他の治療方法で効果が得られなかった方が選ぶようにしましょう。

塗るミノキシジルを半年~1年続けても効果が無い場合、またはフィンペシアを服用し何も変化がなければ選択する余地はあります。

 

ミノタブは兼用がおすすめ

ミノタブは髪の成長を促し髪を太くし、毛包を大きくする作用、成長期を長くする作用などが期待できます。

しかし、AGAの原因であるDHTが取り除かれなければ、せっかく成長してもまた抜け落ちる可能性が出てしまいます。

特に中年男性の場合は男性型脱毛症が薄毛の原因となっているため、髪の成長を促すだけでなく原因も同時に取り除いてみてください。

ミノキシタブのみの服用でも高い効果は期待できるが、顕著な効果まではいかないのが実情です。これは薄毛の原因が取り除かれていないからと考えられます。

ミノタブとフィナステリドの服用を兼用するのが一番です。どちらもジェネリック医薬品が出回っており、同時に服用することもできます。

 

塗るミノキシジルが合わない人に有効

finpe日本で一般的に薄毛治療の薬として使われているのが塗るミノキシジル(ロゲインポラリス)、飲むフィナステリドです。

ミノキシジルは頭皮の血流を促し発毛を促進させ、フィナステリドは男性型脱毛症の原因を取り除きます。

これらの効能が異なるため人によっては両方を兼用することがあります。

しかし、塗るミノキシジルは頭皮がかぶれる副作用が出る人もいるため、その場合は飲むミノタブに切り替える方法も良いでしょう。

  • 塗るミノキシジルでかぶれる人に
  • 塗るミノキシジルと飲むフィンペシアで効果が無かった方に

万が一全身の毛が薄くなる副作用が見られた場合はミノキシジルの配合量が一番少ないタイプにするとある程度抑えることはできます。

最初は少ない量からためし、効果が無ければ徐々に増やすのが適している服用の仕方です。

 

これを読んだあなたへおすすめの記事

 

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る