薄毛治療に効果的なミノキシジルは発毛を促進する

ミノキシジルは薬局で買える医薬品

imasia_15024150_M

ミノキシジルの有効成分が入っている育毛剤は、大手製薬会社からリリースされています。薬局薬店などでも買うことができるため、その効果は低く考えられがちです。

飲むAGA治療薬のほうが効果がありそうな感じがしますが、実はその目的が異なるため一概に飲む薬のほうが良いとはいえません。

まずは、ミノキシジルはどんな人に向いているのか、そしてどんな効果が得られるのか知ってから選んでみましょう。

薄毛にミノキシジルは発毛を促進する

ミノキシジルには血管拡張作用があるため、頭皮の血流を促進し発毛を促すことができます。飲む育毛剤はAGAの原因となるDHTを抑制し原因を取り除くのに対し、ミノキシジルは直接頭皮に働きかけ毛根の血流を改善させて栄養を行き届かせるのが目的です。

つまり、予防効果を高めるなら飲むAGA治療薬、抜け毛が進行し発毛できない状況には塗る育毛剤が有効だといえます。

症状に合わせて両方を兼用することがありますが、薬局でも買えるミノキシジルからまずは試してみるのも良いでしょう。

ミノキシジルは98%の方に改善効果

ba61c59bd16052cab689527e4637d0cb_s大正製薬が公表するデータによると98%の人に何らかの改善効果が得られたとされています。ある程度改善した人が最も多く、何も変化が無い人はわずか2.2%に留めています。

また、日本皮膚科学会でも薄毛治療のミノキシジルを高い評価としています。

飲むAGA治療薬は男性のみしか使えないのに対し、ミノキシジルは有効成分の配合量により女性でも使用することができます。男女共に育毛効果が期待できる医薬品とされています。

 

ミノキシジルの効果を最大限に引き出す方法

ミノキシジルは医薬品のため副作用は避けられません。薄毛治療は半年以上など長期的に求められるため副作用のコントロールがとても大切になります。

効果を最大限活かしながら、副作用を少なくする治療方法を利用してみて下さい。

 

ミノキシジルの副作用について

塗るタイプの育毛剤では、頭皮のかぶれが起こる可能性があります。皮膚が弱い人などは成分にかぶれる恐れがあり、その場合は使用を中止しなければなりません。

ただし全ての人が起こる分けでは無いため、その人の体質に合うかは使用してみないとわかりません。

もし痒みがあるなら飲むミノキシジルまたは、フィナステリドの飲むAGA治療薬を利用すると良いでしょう。

 

飲むAGA治療薬とは?

万が一育毛剤タイプの塗るミノキシジルが体質に合わない場合、飲むAGA治療薬を選択することになります。

ミノキシジルは日本では扱っておらず海外のジェネリック育毛剤を個人輸入して利用する方法のみです。塗るタイプより副作用を起こす可能性が高いため最初から手を出さないほうが良いでしょう。

日本でも認可されているフィナステリドもAGA治療薬のためこちらから試すことをおすすめします。

 

ミノキシジルを最大限効果を発揮させる方法

日本の医薬品ミノキシジルが配合された育毛剤を使っても効果が無ければ、海外のジェネリック育毛剤を購入する方法があります。

日本の医薬品と比べるとミノキシジルの濃度が高く、最大で16%までの濃度が利用できます。

ミノキシジルは頭頂部には効きやすくても、生え際には効きにくい傾向があるため部位により使い分ける方法もおすすめします。

 

効果が現われるのは半年以降

ミノキシジルは最低限半年は治療をすることが前提です。これ以前に治療を止めれば効果が無いのは当然なのです。

短期間で育毛効果が得られる医薬品ではないことを知っておいて下さい。髪には一定のサイクルがあり退行期、休止期、成長期にわけられます。髪が成長するまではある程度の時間がかかります。

また、頭皮の血流が良くなり栄養が届けられるようになっても、それを持続的にしなければ一度成長した髪が太くならないため半年以上の治療期間を要します。ちなみに、ミノキシジルを提供している制約会社では、継続使用で効果が現われるとしています。

効果が出なかった人の多くは途中で治療を止めた人です。飲むミノキシジルやフィナステリドなど治療薬をコロコロ変える前に、まずは半年続けることを目安にしてみましょう。

 

ミノキシジルはこんな人におすすめ

  • 頭頂部が薄くなってきた人
  • 男性型脱毛症と診断されたことがある方
  • 年齢的に育毛効果を得たい女性の方
  • まずは薬局の治療薬から始めてみたい方
  • 薄毛が進行している方
  • 肌は弱くない方

ミノキシジルは液体を頭皮に付けることで、血流を良くし髪の成長を促す薬です。

髪の生え際よりは、頭頂部に効果が得られやすく、薄毛が進行した方でも効果が期待できます。

薬局にて、医薬品の育毛剤を購入したり、海外のジェネリック育毛剤を利用するなど色々な買い方があります。

肌に直接塗る方法のため頭皮のかぶれが起こりやすく、肌が弱い方は使用後様子を見ることをおすすめします。

 

これを読んだあなたへおすすめの記事

 

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る