キノリンイエローの効能と必要性について

着色料はなぜ必要なのか

SONY DSCたとえば、駄菓子を想像してみて下さい。実際には果実の成分が一切含まれていない製品であったとしても、「メロン味」、「イチゴ味」、「バナナ味」などと明記して販売されている製品がありますよね。

そしてそれらの製品には、名前の付いている果実の色に着色されてはいないでしょうか。

これこそが、着色料を使用している意味となります。

つまり、着色料で視覚的効果を狙っているということですね。女性の化粧品も然り。口紅などはバイオ色素が使用されているものが主流となっていますが、安価な口紅の中には、タール系色素を使用している製品も存在しています。

色素の効能について

少なくとも、フィンペシアに配合されていたキノリンイエローにはなんの効果もありません。ならばなぜ、そのような色素を配合するのか。これには特に理由はないでしょう。

ですが、薬の錠剤は圧倒的に白色のものが多く、他の製品と区別するための特徴性を持たせたということが考えられます。

つまり、本来のフィンペシアにはキノリンイエローが不要であったということです。また、色素に効能があるというのであれば、それは前述の女性の口紅などをはじめとする発色の美しさというところでしょうか。

タールが人体に侵入すると

たとえば、タバコに含まれているタールは人体に侵入すると細胞に絡みつき、そのまま体内に居座ります。

つまり、取り入れた分だけどんどん体内に蓄積されてしまうということですね。皆さんは、タバコのパッケージに書かれている小さな文字を見かけたことがあるでしょうか。

そこには、「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因のひとつになります」と、書かれてはいないでしょうか。

つまり、タールは発がん性物質であるということですね。つまり、がんの発症を恐れるのであれば禁煙することが最も望ましいということがわかりますね。

フィンペシアに配合されているキノリンイエローは、なんの効能も持ちません

それならば始めから配合しなければいいのに。そのような声が上がってもおかしくはないでしょう。

ですが、育毛剤であるフィンペシアをはじめ、食品や化粧品の中には、バイオ技術が取り入れられておらず、タール系の色素が使用されているものもあります。

キノリンイエローに関しては、現在の日本では食品への添加は禁止されているものの、化粧品や医薬品の中にはしっかり配合されているものがあります。

この場合であっても、キノリンイエローは着色料としての役割しか果たしておらず、なんの効能も持ちません。

なぜ、キノリンイエローが配合されているのか
  • 視覚的効果
  • 他製品との差別化
  • 発色の色持ち効果(化粧品)

この中でも、視覚的効果がキノリンイエローを使用するいちばんの目的なのではないでしょうか。

色彩は私たちの感情をコントロールするものとしても知られていますが、青色などの寒色系は食欲減退を誘い、赤や黄色の暖色系は逆に食欲をそそります。

それと医薬品との関係は定かではありませんが、フィンペシアの場合にはそのような視覚的効果と他製品との差別化を図るためにキノリンイエローが使用されていたと考えられます。

タールの恐ろしさについて

2c78fd88fbddbd459c9d77d8b80ab633_sタールといえばタバコを連想する方が多いのではないかと思います。タバコのニコチンは血管を委縮させ、タールは体内に留まり細胞をサビさせる原因となります。

また、血管の委縮により血行不良を引き起こす原因となることもあります。つまり、喫煙は百害あって一利なしであるということですね。

では、タール系色素であるキノリンイエローはどうなのでしょうか。

  • なんの効能も認められていない
  • 発がん性物質である疑いがあるが、それは未だ究明されていない

つまり、人体に対して害を及ぼすという証明はされていないものの、なんの効能も持っていないため、フィンペシアへのキノリンイエロー配合そのものが無意味であるということになります。

どちらかわからないのであれば、摂取しないに限る

このような結論に落ち着きますね。現在でもフィンペシアは販売され続けていますが、キノリンイエロー不使用のキノリンイエローフリーという製品が主流となっています。

安全なのか危険なのかよくわからないような成分であり、また、育毛に対してなんの効能も発揮しないのであれば、それをわざわざ摂取する必要はありませんよね。

現在でもキノリンイエロー配合のフィンペシアは世界のあちらこちらで販売されているようですが、日本国内で信頼のおける個人輸入代行業者に依頼したのであれば、間違いなくキノリンイエローフリーの製品を届けてくれます。

ムダなく、賢く。不安を解消して楽しく育毛を行って下さいね。

キノリンイエロー不使用のフィンペシアなら安心です

それほどの危険性はない。そういわれても、安全性が確立されておらず、なんの効能も持たないのであればキノリンイエローを摂取する必要はありませんね。
現在ではキノリンイエローフリーの製品が販売されていますので、購入の際にはきちんと確認し、不安のない育毛を行いましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る