キノリンイエローが原因の薬疹注意!

キノリンイエローはどんな成分?

キノリンイエローとは、化粧品など黄色系の着色に使用されるタール系の合成着色料です。

日本では食品としての安全性が確立されていないため、食品添加物としては認められていませんが化粧品の添加物としては認可されています。

まず、このキノリンイエローを含むタール色素の名前の由来はもともとコールタールから抽出されたベンゼンやナフタレンを原料にしていたことに由来します。

現在では、コールタールの代わりに石油を精製するときに生み出されるナフサが原料とされているため実際にコールタールを主原料とすることは少なくなっているようです。

合成着色料全般に関する安全性やキノリンイエローに対する発がん性に関する認識は国や研究者によってことなりますが、長期的な摂取によって体に何らかの悪影響を考えられています。

キノリンイエローで薬疹が出る可能性はあるの?

キノリンイエローはいわゆる合成着色料と呼ばれていて石油から抽出された成分が原料となって作られるタール色素の1つです。

キノリンイエローは日本では化粧品への添加は認められていますが、食品添加物としては認められていない成分です。

育毛剤の中ではフィンペシアにのみコーティング剤として配合されているキノリンイエローが原因で薬疹が発生することがあるのでしょうか?

 

合成着色料は人によってはアレルギー反応を起こしやすい成分

phm06_0453-sキノリンイエローにかかわらずタール色素に分類される合成着色料は、体質によってはアレルギー反応が出やすい成分です。

そして、アレルギー反応の中に薬疹の症状が含まれます。薬疹は原因となる成分を摂取した後にアレルギー反応によって発生するかゆみを伴う発疹や湿疹のこと。

薬疹が出た場合原因となっている成分の服用を中止しなければ症状は悪化するので異変に気づいたら服用を中止しましょう。

 

薬疹の原因はキノリンイエローかもしれません

フィンペシアを服用中に薬疹が発生した場合、フィナステリドに反応してると考えフィナステリド系育毛剤の使用をあきらめてしまう人もいるようですが、もしかしたらキノリンイエローが原因の薬疹かもしれません。

キノリンイエローにアレルギー反応を示して発生していた薬疹ならば、キノリンイエロー非配合のフィンペシアなどほかのフィナステリド製薬の服用が可能です。

 

その発疹・・・キノリンイエローが原因?

フィンペシアはプロペシアのジェネリックとしてシプラ社から発売され、プロペシアと同成分の育毛薬を低価格で手に入れることのできるは薄毛に悩む人に絶大な人気を誇っていた育毛剤です。

そんな、フィンペシアを使用して発疹やかぶれを伴う湿疹などの薬疹と思われるアレルギー症状が続いてフィナステリド系の育毛剤の使用をあきらめたことはないでしょうか?

その症状は、フィナステリドに対するアレルギー反応と思われがちですが、フィンペシアに着色料として使用されているキノリンイエローに反応している場合もあります。

 

キノリンイエローが原因で薬疹は起こる?

dl3388874薬疹とは、薬に配合されている成分に身体が拒否反応を示しアレルギー症状による皮膚への湿疹やかゆみとして現れてくることです。

基本的に合成着色料はどんな種類でもアレルギーを起こしやすいとされていて、化粧品でも合成着色料無添加の製品が最近は増えています。

このように、フィンペシアの服用によって出た薬疹はキノリンイエローが原因かもしれません。

フィナステリド自体にアレルギーを起こしているのならばフィナステリド製薬は使用できませんがキノリン

イエローに反応している場合はほかのフィナステリド製薬なら使用することができます。

 

薬疹が現れた場合は服用を中止しましょう

薬疹の症状が出た場合は基本服用している薬は中止します。たかだか薬疹と思われがちですが、薬疹も重症化すると命にかかわる場合もあるので症状が出ているのに服用を無理やり続けることは危険です。

また着色料が使用されていない製品には、キノリンイエローフリータイプのフィンペシアやプロペシア、フィンペシアの改良版として発売されているエフぺシアなどがありますが、安易に乗り換えることは辞めておいたほうがよいでしょう。

今後もフィナステリドの服用を継続したい場合、フィンペシアの服用中に起こった薬疹の症状を含め専門のドクターに相談したうえでの治療再開をお勧めします。

薬疹などのアレルギー反応が出た場合、服用は一旦中止

フィンペシアの服用中に薬疹やかゆみ、ただれなどのアレルギー反応が現れた場合、一旦服用は中止が鉄則です。薬疹は放っておくと重症化し治療が困難になることもあります。

しかし、アレルギーの原因がフィンペシアのコーティングに使用されているキノリンイエローである場合ほかのフィナステリド製薬の使用が可能です。

ただ、アレルギー物質の特定は自分ではできないので、まずは専門のクリニックで相談してみましょう。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る