フィンペシアを飲む前に!キノリンイエローの副作用とリスクとは

2012年フィンペシア製造中止を発表

80b6a0162d8a777777c998d073122cf1_s代表的なAGA治療薬プロペシアのジェネリックと言えば、フィンペシアです。有効成分は同レベルなのに、継続コストは半額以下。

「なるべくお金をかけずに高い育毛効果を」と考える男性には、非常に助かるお薬でした。

そんな利用者に衝撃が走ったのは、2012年のこと。発売元のシプラ社は、副作用を懸念して、海外向け商品の製造中止を発表しました。

フィンペシアに利用していた着色料キノリンイエローに、発ガン性・注意欠陥障害のリスクがあることが理由です。

キノリンイエローの副作用は本当か?

キノリンイエローは、フィンペシア以外の化粧品・医薬品でも、広く使用されている着色料です。シプラ社が発売中止にした後も、未だに使用を続けている制約会社があるのが実際のところ。

副作用に関する噂の真偽は、意見が分かれます。

副作用のリスクが少しでもあることを「神経質になる必要はない」と考えるか、「やっぱり不安」ととらえるかは、個人の判断になります。

おそるおそる使用を継続するくらいなら、キノリンイエロー使用のお薬を避けるようにしてください。

とくに、育毛対策ではストレス・心配事は大敵。安全性を懸念しながら服用しても、思うような成果は得られません。

待望のキノリンイエローフリーのフィンペシア

副作用のリスクがあることが分かっても、フィンペシアは根強い支持を受けるお薬です。そこで開発されたのが、キノリンイエローフリータイプのフィンペシア。

有効成分フィナステリドはそのままに、安心できる着色料へと切り替えを行いました。

パッケージやタブレットの見た目はほぼ変わらないので、旧タイプを服用していた方でも違和感は少ないはずです。

せっかく髪のコンプレックスが解消されても、健康被害が起こっては残念ですよね。リスク覚悟で服用を継続するより、ずっと建設的かと思います。

フィンペシアに期待される効果と正しい服用方法を復習

ここからは、フィンペシアを検討している男性のために、お薬に期待できる効果・有効成分フィナステリドについて・正しい服用方法を見ていきます。購入前に正しい知識をもっておけば安心です。

これから薄毛対策をはじめる方だけでなく、プロペシアからの切り替えを検討している方も、ぜひご一読ください。

フィンペシアとは?プロペシアと何がちがうの?

フィンペシアは、プロペシアと同じ成分で作られている医薬品です。発売元は、インドの製薬会社シプラ社。プロペシアの特許は、メルク社にあります。

有効期限が切れていないので、主要先進国ではジェネリック医薬品を製造できません。

その点、インドは特許条約に加盟していないため、期間内でも同成分の薬を作ることが可能。

プロペシアで効果を感じた方が、継続的に服用するにあたり、継続コストをおさえるための選択肢にしています。

つまり、プロペシアと異なる点は、製造元やパッケージだけ。効果が同じなら、なるべく安い方が良いという男性にはもってこいの選択肢です。

フィンペシアの有効成分フィナステリドとは

フィンペシアでどうしてAGA対策ができるのか。その秘密は、含有成分「フィナステリド」にあります。

フィナステリドは、男性ホルモンに働きかけて、脱毛ホルモンDHTの生成を阻止する成分。継続して服用することで、ヘアサイクルの正常化と抜け毛ストップを目指します。

2010年に発表された日本皮膚科学会のAGA対策ガイドラインでは、フィナステリド薬の服用が推奨度最高ランク「A」に格付け。

薄毛治療の有効な選択肢として、多くの人に利用されています。

副作用を軽減!フィンペシアの正しい服用方法

a26f2fcc67a64714e66054541e53eaab_sせっかく安心使用できるキリンイエローフリータイプを選択しても、正しい服用方法を守らなければ意味がありません。

副作用を軽減するために、以下の注意事項を守りましょう。フィンペシアの服用方法・注意点は以下の通りです。

  • 1日1回1mgを限度に服用します。
  • 飲み忘れたとき、次の日の服用時間が近ければ、1日お休みにしてください。
  • 女性、子どもの服用は禁止です。とくに妊娠中の女性は気をつけましょう。
  • 肝臓・前立腺の既往症がある方は、服薬前に必ずかかりつけ医師に相談をしてください。症状悪化のリスクがあります。
  • 血中濃度を一定に保つため、毎日決まった時間の服薬を推奨します。

効果を実感するためには、最低半年(6ヶ月)の継続が推奨されています。

数ヶ月間は辛抱のとき。短期的な変化に惑わされずに、根気強く服用しましょう。

キノリンイエローフリーのフィンペシアは信頼できるサイトで購入

フィンペシアはじめジェネリックのAGA対策医薬品は、通常の薬のように、医師に処方を受け薬局で購入することができません。

輸入代行業者のホームページを探し、個人輸入で入手する必要があります。

個人輸入は自己責任となるので、フィンペシアのように需要の高い薬を購入する際には、悪質な販売サイトを見極めることが重要です。

鑑定書の掲載有無、利用者の口コミの数、周囲の評判、あらゆる角度から総合的に判断して、偽造品購入・健康トラブルのリスクを軽減しましょう。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る