ロゲインは子作りにどのような影響を及ぼすのか?

ロゲインと子作りへの影響について

74cc0cb144477826ff5cde68002c24a6_s服用タイプの育毛剤の中には、女性の身体と胎児に重大な影響を及ぼす危険性のあるフィナステリドという成分を配合しているものがあり、これは絶対に女性が触れてはならない成分です。

さらに、この成分はEDや精力減退などの副作用を起こすことがあり、子作りを希望する際には服用を控えた方が良いでしょう。

では、塗布タイプの育毛剤であるロゲインではどうなのでしょうか。

専門家の見解によると、フィナステリドを含有していない薬剤であれば、特に問題はないとのことです。

気を付けなければならないのは服用タイプ

現在個人輸入での入手が可能になっている育毛剤は数多く存在していますが、フィナステリドを含有している服用タイプの育毛剤は、子作りに影響を与えるという報告があります。

ただし、ロゲインのようにフィナステリドを含まず、なおかつ頭皮へ直接塗布するタイプの育毛剤であれば、精子に影響を与えることもなく、安心して子作りを行うことができます。

前述のような服用タイプの育毛剤と併用している場合には、子作りの前に医師に相談し、安全を確認しておく必要があるでしょう。

子作りに影響を及ぼさない育毛剤を選ぶこと

服用タイプの育毛剤の中には、かなり育毛効果が強力で口コミ評判の高い製品があります。育毛という目標達成だけを取り上げれば、そのような製品はまさに抜け毛や薄毛の救世主となるでしょう。

ところが、育毛と同時に子作りを考えた場合には、女性と胎児に影響を及ぼす危険性が極めて少ない育毛剤を選ぶ必要があります。

ロゲインに含まれているミノキシジルは高い育毛効果を発揮することで知られている成分ですが、この成分を頭皮に塗布するだけで、女性や胎児に影響を及ぼすことはまずありません。

育毛を優先するのか、子作りを優先するのか

女性や胎児に悪影響を及ぼす可能性のある成分であっても、確実に育毛を行えるということになれば、男性にとっては魅力的であるといえるでしょう。

現在、さまざまな種類の育毛剤が販売されており、含有成分もまちまちです。ですが、子作りを優先させるのであれば、フィナステリドだけは避けて頂きたい成分です。

ロゲインはフィナステリドを含有していない
  • ロゲインの育毛有効成分はミノキシジル(ミノキシジル配合量5%)
  • 女性用ロゲインの存在(ミノキシジル配合量2%)

ロゲインはフィナステリドを含まず、女性も安心して使用することのできる育毛剤です。また、男性がロゲインを使用した場合でも、ED、精力減退などの副作用、精子への影響などの心配は必要ありません。
つまり、ロゲインが子作りの妨げになることはないということです。

優先順位は夫婦で相談

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s子作りを考えた場合、気になるのがご夫婦それぞれの年齢の問題なのではないかと思います。

特に奥さんが高齢出産の年齢に差し掛かっている場合には、育毛も大切ですが、奥さんの年齢を考慮する必要性も出てくるのではないでしょうか。

これは非常にデリケートな問題であり、ご夫婦の意見が食い違ってしまった場合には、育毛も子作りも思うように実現させることができない可能性もあります。

たとえば、ロゲインのみで育毛を行う場合であれば、子作りには一切影響を及ぼしませんので安心して子作りを行うことができるでしょう。

ところが、ロゲインの使用とともに服用タイプの育毛剤を使用したい場合には、以下の事柄が重要な問題となってきます。

  • いつまでに子作りをしたいのか
  • いつから育毛を始めたいのか
  • いつまでに育毛を終了させたいのか

子作りも育毛も長期戦になることが少なからずあります。子作りを優先的に考えるのであれば、ひとまず服用タイプでフィナステリドを配合している育毛剤は避けることです。

子作りに対して神経質になり過ぎないこと

ストレス、強迫観念、不妊治療のプレッシャー男性の場合では、何が何でも子供・・・と神経質に考え過ぎてしまうと、それがストレスとなり夫婦生活に影響を及ぼすことがあり、それが抜け毛の原因となってしまうことが少なからずあります。

また、奥さんが不妊治療を行っている場合には、奥さんご自身がまだ妊娠しない・・・というプレッシャーに押しつぶされてしまっては、育毛どころではなくなってしまうことでしょう。

子作りを第一に考えるのであれば、服用タイプの育毛剤の使用は避け、ロゲインでゆっくり育毛を行うことをお勧めします。子作りが成功すれば、どのような方法での育毛も可能になるのですから。

育毛は焦らないことが肝心です

子作りを優先するのであれば、女性や胎児に影響を及ぼすことのないロゲインでの育毛がお勧めです。一般的に、服用タイプの育毛剤のほうが高い効果を発揮するといわれていますが、それには個人差があります。

子作りを希望する期間に、女性や胎児に影響を及ぼす可能性のある成分配合の育毛剤は、なんとしてでも避けたいところです。育毛も子作りも根気が必要です。とにかく焦らないこと。これが肝心です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る