ロゲインは他の薬との併用をしても大丈夫?

薄毛は他人事ではない

日本人にとって、特に男性は薄毛が他人事ではないという認識を持つべきといえます。

というのも、ヘアケアの大手企業が世界21か国の国と地域で調査を行ったところ、日本の薄毛率は26%になりました。この数字は、アジアの中ではトップだったといいます。

またこの数値をもとにして、日本の薄毛人口を見てみると、1293万にも上るというデータも出ています。

最近では女性でも薄毛に悩む人が出てきています。

このため、男性に限定してみると成人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいるのではないかとみられています。そこで最近ではいろいろなヘアケアグッズが販売されています。

世界中で愛用されているロゲイン

いろいろなヘアケア商品が出てきていますがその中でも注目されているのは、ロゲインという商品です。

ロゲインはアメリカの製薬会社で、世界中で売り上げがトップを記録しているファイザー社という所から発売されている塗布タイプの育毛剤です。大手製薬会社が製造元なので、安心して使用できるはずです。

ロゲインには、ミノキシジルという成分が含まれています。このミノキシジルは、もともと血圧を降下させるための薬として開発されたのですが、副作用として髪の毛の生える事例が数多く報告されたので、育毛剤として使用されるようになったのです。

このロゲインを使用して、薄毛や抜け毛対策を初めてみるのはいかがですか?

男性型脱毛症に効果

ロゲインの効果に関しては、いろいろと実験が行われていて、その効果が実証されています。

特に頭頂部や額の生え際といった特定部分の髪の毛が集中して縫える、AGAと呼ばれる男性型脱毛症にかかっている人に対しては効果が期待できます。

30%くらいの人には何らかの効果が見られ、10%弱の人は完全に薄毛の症状から回復できるというデータもあるくらいです。

持病があると利用できない?

動悸・不整脈のある人

7376a59213070723be271e9052b37caf_sロゲインは薄毛に対して高い効果が期待できる半面、使用しない方がいい人もいますので注意しないといけません。

まず動悸や不整脈を抱えている人は、使用は慎重であるべきです。

先ほども紹介したように、もともと血圧を降下させる薬として開発されてきたものなので、心臓や循環器に持病を持っている人が他の薬との併用で使用するのは危険です。

心臓などに大きな負担がかかって、循環器疾患を起こす可能性があります。

まだ現在のところ、はっきりとしたロゲインとの因果関係が確認されているわけではありませんが、死亡した事例も報告されているほどです。また動悸や不整脈のある人は、心臓の薬を使用している人も多いはずです。この場合、薬の相乗効果で薬が効きすぎてしまうとか、逆にお互いの薬が効果を相殺し合ってしまって思うような効果が現れなくなることもあるので注意が必要です。

低血圧症の人

もともとロゲインは血圧を降下させるための薬としてアメリカで処方されていました。このため、もしもともと低血圧の人がロゲインを使用してしまうと、血管拡張作用によって、さらに低血圧の状況に陥る可能性があります。

その結果、頭痛や肩こり、不眠症、倦怠感を起こすこともあります。場合によってはさらに重い症状に発展することもあり、自律神経失調症や軽度のうつ病に近い症状を呈することもあります。

高血圧症と診断されていて、血圧を低くする薬を普段使用している人も注意する必要があります。

この場合、ロゲインのミノキシジルとの相互作用によって、必要以上に血液を降下させてしまうことも考えられます。

その結果、上で紹介した重たい低血圧の症状を引き起こす可能性がありますので、その点は頭の中に入れておくべきです。

化学療法を受けている人

515250acb708988763e788eef5805c09_sがんの治療の一環として、抗がん剤投与を受けている人はいませんか?もしこのような化学療法を行っているのであれば、ロゲインを使用するのは化学療法が完了した後にしてください。

抗がん剤は、がん細胞に攻撃を仕掛けるほかにも、私たちの健康な細胞にも攻撃を仕掛けダメージを与えるので、深刻な副作用が出ます。その中の一つに、脱毛症があります。

脱毛症が起きているときにロゲインを使用しても、思っているような効果は期待できません。

そこで抗がん剤治療の完了したところで、もし髪の毛が思っている世に生えてこないようであれば、ロゲインを使用することです。

おそらくたいていの人は、抗がん剤治療を終えてしばらくすると髪の毛が生えてくるはずです。

心配ならば医者に相談すること

ロゲインはドラッグストアなどで販売されているヘアケアグッズの多くとは違って、医薬品であるということを理解しておいてください。

このため健康な人が使用しても、時には副作用の症状を呈することもあります。

そのような危険性を考えて、もし現在病気の治療で薬を服用している人であれば主治医に相談することです。

そしてロゲインを使用しても問題ないというお墨付きをもらってから、実際に使用してください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る