大人気のロゲインの有効成分と副作用について

ロゲインに配合されている育毛の有効成分とは

それは、あの有名なミノキシジルです。また、ロゲインはローションタイプの育毛剤であるリアップと同様の成分を配合していますが、リアップよりも安価で入手できることから、その人気はますます高まっているようです。

ですが、ひとつだけ注意を払うべき点があります。

それは副作用の問題です。服用タイプのミノキシジルでは、「低血圧」、「多毛症」、「ED(勃起不全)」、「精力減退」、「肌荒れ」などの副作用の報告が挙がっています。

では、ローションタイプのロゲインではどうなのでしょうか。

服用タイプとローションタイプの違いとは

dl678q39育毛に大変効果的であるといわれているロゲインには、男性用の場合でミノキシジルが5%配合されています。

また、ミノキシジルのタブレットは服用タイプであるため、全身の育毛を促進することがあり、これが多毛症という症状を招くことがあります。

ですがロゲインの場合では、全身に薬効成分が回るわけではないので、ミノキシジルタブレットにありがちな副作用はあまり考えなくてもよいでしょう。

とはいえ、ミノキシジルは医薬品ですので、使用前に不安を感じているのであれば、皮膚科や発毛外来などで相談を行ってみると良いでしょう。

有効成分と副作用

育毛を成功させるためであれば、多少の副作用はしかたがない。このような考え方もあります。ですが、それも程度問題なのではないでしょうか。

たとえば、ロゲインの場合では、「頭皮のかゆみや炎症」、「顔の火照り」などの症状が現れることがあります。

ただし、それはロゲインを使用したすべての方に現れるということではなく、使用した方の数%程度に留まっています。

また、ロゲインの効果をさらに高めるためにミノキシジルのタブレットを同時服用している場合には、ミノキシジル特有の副作用が現れることがありますので注意が必要です。

ロゲインの有効成分はミノキシジル

ミノキシジルのタブレットは、育毛に大変効果が高いことで知られています。ミノキシジルを服用した方の90%以上は3年以内に育毛効果を感じているという統計からもわかるように、ミノキシジルは強い成分です。

つまり、副作用の心配が付いて回るということですね。

服用タイプとローションタイプの決定的な違いとは
  • 服用タイプの育毛剤では、全身に有効成分を供給するため、さまざまな副作用が起こることがある
  • ローションタイプの育毛剤は、頭皮や顔の皮膚に対して影響を与えることがあるが、全身に副作用を起こさせることはない

このような違いがあります。特に服用タイプのミノキシジルには血圧を下げる作用がありますので、もともと低血圧の方は、医師と相談の上で慎重に服用を行う必要があります。

また、皮膚の弱い方であれば、いきなりローションタイプのロゲインを使用するのではなく、ロゲインに含まれている有効成分について専門家に相談し、使用の可否を決定することが望ましいといえるでしょう。

ミノキシジル、ロゲインの副作用とは
服用タイプのミノキシジル
・低血圧
・ED(勃起不全症)
・精力減退
・肌荒れ

このような副作用の症例があります。特に男性の場合には、EDや精力減退という問題は切実でしょうから、このような症状が現れることを想定して服用する必要があります。

ローションタイプのロゲイン

6464ea357fe03a276813595d4bd2b5d3_s・頭皮のかゆみや炎症
・顔の火照り

ローションタイプの場合では、有効成分が全身に影響を及ぼすことはまずありません。

また、このような症状は現れる方とそうでない方がいます。つまり、必ずこのような症状が現れるということではないということです。

ただし、症状が現れ、それがいつまでも改善されなかったり、ひどくなったりしたのであればいったんロゲインの使用を中止し、発毛外来などで診察を受けることをお勧めします。

発毛外来ではさまざまな薬を取り扱っており、個々の状態に見合った薬を処方してくれますよ。

ロゲイン・使用上の注意
  1. 男性用ロゲインを女性が使用しないこと
  2. AGA(男性型脱毛症)以外の脱毛(円形脱毛症など)の方は使用しない。このような脱毛に対しては効果がない
  3. 成人している方のみ使用可
  4. 頭皮に異常のある方は使用しない
  5. 心臓疾患または血圧異常の症状のある方は使用しない
  6. ロゲイン使用中にパーマ液やヘアカラーなどは使用しない(パーマやヘアカラーを行うときには、必ずロゲインを洗い流す)

ミノキシジルはもとより、ミノキシジルを配合しているロゲインも、使用に際しては十分な注意が必要です。

たかが育毛剤、されど育毛剤

育毛剤に対して、薬手あるという意識が低い方は案外多いのではないかと思います。

ですが、身体になんらかの影響を与える薬には、必ず多かれ少なかれリスクが潜んでいます。

たかが、育毛剤と軽い気持ちで考えるのではなく、あなたの健康を第一に考え、慎重に育毛を行うようにしてください。

この記事を読んだ方におすすめ

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る