ロゲインを安全に個人輸入するための基礎知識

ロゲインを個人輸入?

リアップを薬局でかごに入れレジに行く時、店員さんが女性で気後れしたことはありませんか。

悪い事をしているわけではないけど、薄毛治療をしていることを他人に知られてしまうのは、気恥ずかしい気持ちになります。

「ネットショッピング感覚で自宅にいながら薬を購入できたらいいのに」そんなことを感じている男性も多いでしょう。

個人輸入なら自宅に届くから安心

84e935fac2cbe7fdf270b4ebd7c57797_sそんなあなたに紹介するのは、育毛剤の個人輸入代行サイト。

一回あたりに購入できる数量は限られますが、オンラインで申し込み手続き完了、自宅で届くのを待つだけなので、人目を気にする必要がありません。

また、個人輸入代行サイトでは、日本で店頭発売されていない海外の薬の購入ができます。リアップと同じ効果で、低コストの外用薬と言えばロゲイン。

ロゲインの個人輸入は、コストをおさえつつ買い物のストレスも不要に。薄毛対策の面倒ごとを解消してくれる心強い手段と言えます。

自分のための購入なら個人輸入は合法

「医薬品の個人輸入って違法じゃないの?」そんなことを感じている方、ご安心ください。「個人の利用かつ一定のルールを守って行う限りは合法」と、厚生労働省がホームページで明言しています。

以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。
当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。
ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

  • 外用剤(毒薬、劇薬及び処方箋薬を除く。):標準サイズで1品目24個以内
  • 毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内
  • 上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヶ月分以内

引用元:厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入について

注意点とルールを正しく理解した上で、輸入代行サイトでロゲインを購入する分には法的な問題はありません。

怖いのは、無知なままに個人輸入を行って知らず知らずに法を犯してしまうこと。「ここまでならOK」という規制の知識を個人輸入に挑戦する前に必ず理解しておきましょう。

トラブルを未然に防ぐ!ロゲインを個人輸入するときの注意点とポイント

では、ロゲインを個人輸入するにあたり、どんな点に注意すればいいのか。具体的な注意点とポイントを見ていきます。

正しい知識を得て、賢い消費者として便利なシステムを活用していきましょう。

ポイント1 ロゲイン偽造品を回避!輸入代行サイト選びは慎重に

個人輸入代行との名目で、偽造品・劣化品を発売する業社がまだまだあります。

偽造品を避けるためには、成分鑑定書がきちんと掲載されているサイトで購入すること。

「専門機関チェック済み」「提携薬剤師鑑定済」等、注意書きを添えているだけ、証拠の明示がないサイトは疑ってかかるようにしてください。

万が一トラブルが起きても、誰も守ってくれないのが個人輸入。慎重な判断で自分の身を守りましょう。

ポイント2 合法的に購入できるロゲインの容量を守ること

まとめ買いが可能な販売サイトもありますが、ロゲインを合法的に購入できる容量は1ヶ月に1本とされています。

これを超えて購入した場合、通関を通過することができなくて、商品が返送されてしまうリスクも考えられます。

通関でストップされるかどうかは、全くもって運任せ。「前回大丈夫だったから今回も」そんな保証はありません。

なるべく早くロゲインを入手したいなら、法律で許された分量だけを、その都度注文することをおすすめします。

ポイント3 トラブル防止のために極力自宅で受け取りを

一般的な通販では、勤務先や個人事務所を受け取り先に指定している方もいることでしょう。ロゲインの個人輸入となると事情が少し変わってきて、民家でないと販売用と誤解されスムーズに税関通過できないケースがあります。

トラブル防止のためには、必ず自宅を送り先にすること。家族に気付かれたくない方は、郵便局留めが可能なサイトを使うと便利です。

郵便局留め可否・申請方法は、サイトによって異なります。発注後だと変更できないケースもあるので、事前にきちんと確認しておくようにしてください。

ポイント4 アレルギー体質なら医師の診察を受けてから

dl3388874ロゲインは、体質によりアレルギー症状を引き起こすプロピレングリコールが使用されています。

副作用の発症率は5%以下と高い数字ではないものの、処方箋で薬疹・かぶれを起こしたことがある方は、はじめて購入する前に医師に相談すると安心です。

ミノキシジル配合の塗り薬に精通したクリニックが理想的ではありますが、抵抗を感じる方は最寄りの皮膚科でも大丈夫。

どんな形でも相談相手を確保しておけば、いざ使用して炎症が起きたときも落ち着いて対処できます。

ロゲインの個人輸入で無理なく対策継続を

市販のリアップとロゲイン個人輸入の一ヶ月あたりのコストは、二倍近く違います。「なるべく安く育毛を」と考えるなら、個人輸入は有効な選択肢と言えるでしょう。

リアップでもロゲインでも、最初の効果検証には、半年近く使用継続が望ましいと言われます。一ヶ月では小さな違いでも、総コストにすると大きな差になることが考えられます。

背伸びして薄毛対策をしても続きません。お財布に優しいお薬で賢く治療を。あなたが理想の髪を取り戻し、より充実した毎日を送ることができるよう、心からお祈りしています。

この記事を読んだ方におすすめ

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る