ロゲインの副作用「痒み」対策

ロゲインを使いはじめて頭皮がムズムズ

6464ea357fe03a276813595d4bd2b5d3_sロゲインは、ミノキシジル配合の外用タイプの育毛剤です。血行促進作用があり、髪の毛一本一本に栄養を届けることで、薄毛対策を行います。

ミノキシジル配合の塗り薬は、育毛クリニックでもよく検討される一般的な手法ですが、頭のかゆみやフケの副作用があるのが実情です。

「ロゲインを使い始めてから、頭がムズムズしてたまらない」そんなストレスを訴える男性が少なからず見られます。

ロゲインの副作用は使い方次第で軽減可能

せっかく変化の兆候がでていても、頭のかゆみ・フケに絶えきれず、使用を断念せざるを得ないとしたら残念です。

そこで、今回は、副作用ストレスをなるべく減らすロゲインの使い方を紹介します。ロゲインは継続することで効果を得られる薬です。

正しく使い、コンプレックスの解消を。30代の頃の髪を目指すなら必ずチェックしておきましょう。

ミノキシジル外用薬は日本皮膚科学会推奨

「本当にロゲインでコンプレックス解消できるのか」何度も育毛に失敗している男性は、疑いたくもなるはずです。

当然、効果の出方には個人差がありますが、ミノキシジル外用薬の有効性は日本皮膚科学会が認めています。

学会発表の診療指針では、最高ランクの格付けを得ている信頼度の高い治療法。

頭頂部の薄毛にとくに有効とされていて、O字型薄毛に悩む男性には、有望な選択肢と言えるでしょう。

ロゲインの副作用対策!フケ・痒みを予防する使い方3つのポイント

それでは、早速本題、フケやかゆみを軽減する使い方3つのポイントを見ていきます。今現在、ロゲインを使用していてかゆみに堪えかねている方、これから使用を検討している方は、目を通しておきましょう。

ポイント1 推奨頻度1日2回を守ること

ロゲインは、朝と夜、1日2回利用するのが適切とされています。この頻度が推奨されている以上、2回を超えて利用しても髪が伸びるスピードは変わりません。

1回あたりの目安量は1ml。液ダレに注意しながらムラなく頭皮に塗りこんでください。

日々の使用量を増やしても、効果がないばかりか頭皮の炎症・かぶれをまねき、かゆみを悪化させるリスクがあります。正しい頻度と量を守って使用することにより、頭皮環境を正常に保ちましょう。

ポイント2 ロゲイン使用中は頭皮を清潔に保つこと

ロゲインでケアを行っても、頭皮環境が悪いままでは、思うような効果を得られません。1日外気に触れた髪には、目に見えない汚れがたくさん付着しています。

どんなに疲れていても、帰宅後には必ず髪を洗ってから就寝。清潔さを維持する努力が不可欠です。

頭皮環境をいたわるなら、ロゲインを塗った後には、自然乾燥できちんと髪を乾かしてから寝ることも重要。とろみがある薬剤なので、乾燥しきるまで一時間程度がかかりますが、この時間はじっと我慢。

ドライヤー利用は効果を低下させるため避けるのが無難。頭皮を触って、手につく感じがなくなれば、中まで乾ききったサインです。

湿気が残っていると雑菌繁殖、フケの原因に。薄毛対策のつもりが逆効果にならないよう、時間のゆとりを持った使用を意識するようにしてください。

ポイント3 血行促進トニック・シャンプーはお休み

68d579581271829cfea70d7832ff248e_s冒頭でお話した通り、ロゲインの有効成分ミノキシジルには血行促進効果があります。

血行がよくなりすぎると、かゆみや赤みが悪化します。

ロゲイン使用中は、副作用回避のために市販の血行促進トニック・シャンプーはお休みして様子を見ましょう。

頭皮が敏感になるため、メンソール系・洗浄成分が強いシャンプーも避けるのが鉄則。アミノ酸配合、低刺激で髪をいたわる効果がある商品に切り替えるといいでしょう。

フケ予防には生活習慣の改善も有効

ロゲイン使用時に限ったことではありませんが、頭のフケは過剰なストレスや食生活の乱れが原因で悪化します。

髪の健康を維持すべく、ビタミン・ミネラルを含んだ食材を積極的に接種、脂質の多い食べ物は避けるようにしてください。

早寝・早起きを意識して、ストレスをためない生活に変えていくことも重要です。

また、乾燥がひどい時期には、シャンプー前に頭皮用のオイルを使って保湿すると効果的。

ロゲインだけに頼るのではなく、抜け毛を防ぎ、髪をいたわる生活へと根本的な解決を目指しましょう。

明らかにひどい炎症は病院に相談を

ここまで紹介した3つのポイントを守ってケアを行えば、フケ・かゆみストレスは一定レベル軽減できます。ごくまれに体質が原因で、正しいケアをしているにも関わらず重症アレルギーを起こす男性がいます。

明らかに異常と感じるほど炎症が重度なら、一旦ロゲインの使用を中止して、皮膚科に相談をしてください。

ロゲインを持参して、アレルギー有無を確認してもらいましょう。

自分で回避できるトラブルは回避して、それでも問題が生じてしまったら、専門家に相談を。放置すると、どんどん炎症が悪化して、髪の復活が難しくなってしまうかもしれません。

一時の判断ミスで、取り返しのつかない事態になったら泣ききれません。過剰な心配は不要ですが、使い始めは注意深く頭皮を観察しておくこと。

薄毛対策で、「必ず毛が生える」という必勝法はありません。変化に敏感になり、戦略的に理想の髪を目指しましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る