まつ毛ケアをケアプロストで行う際には用量をしっかりと守ること

スキンケアとともにまつ毛ケアも重要

HT108_L女性の中には、毎日スキンケアを行っている人も多いはずです。

外出するとメイクすることが多いでしょうから、メイクを落とし洗顔をし、保湿のために化粧水や美容液を使ってケアをしているはずです。

肌のコンディションを保ち、肌トラブルを起こしにくくするためには必要なことではあります。

しかしこのスキンケアを行っていると、まつ毛には大きな負担をかけることもあり得るのです。

ケアをしているときにまつ毛が抜けてしまうとか、切れてしまうということはありませんか?まつ毛は目元の印象を決める重要な役割を担っています。

ぱっちりとした目力のある外見にしたいのであれば、まつ毛ケアもスキンケアと同様にしっかりと行う必要があるわけです。

まつ毛美容液を使用する

まつ毛が切れてしまうとか抜けてしまうので、アイメイクがなかなか決まらないと困っているのであれば、まつ毛美容液を使ってみるのはいかがでしょうか?

まつ毛美容液は、まつ毛を育毛するとか、毛質を変えることでまつ毛を強化する効果が期待できます。

スキンケアを毎日行っても、まつ毛が切れたり抜けたりする心配もなくなりますし、長いボリュームのあるまつ毛に変身できます。

目元の印象もアップしますので、より魅力的な女性に演出できるのではありませんか?

お得に購入できるケアプロスト

まつ毛美容液はいろいろと販売されていますが、その中でも高い人気のある商品にケアプロストがあります。

ケアプロストにはビマトプロストという成分が含まれています。もともと緑内障の治療薬なのですが、副作用としてまつ毛の育毛効果が確認できたので、まつ毛美容液として使用されるようになりました。

ケアプロストはほかのまつ毛美容液と比較して、安い価格で販売されていることが多いので、手軽に購入できるところが魅力です。

ただし正しい用法を守った上で使用するように心がけることです。

ケアプロストの用量を守るべし

たくさん使用すればいいという誤り

ケアプロストを利用するにあたって、勘違いをしてしまう人が多いです。それはたくさん使用した方が、より早くまつ毛も成長して効果が実感できるのではないかというものです。

しかし結論から言ってしまうと、用量を守らずに使ったところでまつ毛の成長は早まりません。

何事も適量があるので、ラベルや説明書に書かれている用量や用法をきちんと守って使用するように心がけてください。

ケアプロストはまず基本的に1日に1回だけの仕様にとどめるべきです。1日に何度も使用すべきではありません。

夜眠る前にケアプロストをアイラインに沿うような形で、1回塗布するだけで十分です。何度も塗り直すいつ要は一切ありません。

夜眠っているとき、特に夜の10時から深夜の2時ごろにかけては私たちの体は成長のピークを迎えます。

そこで眠る前にケアプロストを塗ることで、より高いまつ毛の成長効果が期待できるというわけです。

つけすぎてしまったら

通常ケアプロストを塗るときには、アプリケーターというアイテムを使用します。アプリケーターには、ケアプロストを1滴たらすだけで十分です。

しかし最初の内は塗り方になれていないので、アイラインの箇所によって塗りムラの発生してしまうこともあるはずです。

もしつけすぎた箇所が発生してしまった場合には、ティッシュなどで余分な薬液は取り除くようにしましょう。この時ふき取るというよりも、ティッシュを押さえつけるような形にティッシュに薬液を吸わせるようにしてください。

ふき取ると目に入ってしまう恐れがあり、目のかゆみやかぶれ、充血などの副作用を起こしてしまうリスクも高まります。

ケアプロスト1本の使用目安

dl4768410ケアプロストは1本3ml程度が入っています。だいたい大きさとしては、目薬とかマスカラと同じくらいの容器だと思ってください。

実際商品を手に取ってみると、かなりコンパクトサイズになります。

このため、すぐに使い終わってしまうのではないかと不安に感じる人もいるかもしれません。

しかし先ほども紹介したように、1日1回、しかも使用するのは1滴だけです。

このため、3mlでもそう簡単には減らないはずです。上で紹介した用量と用法を守っていれば、1か月以上は1本だけでも軽くもつはずです。

もし1か月以内で使い切ってしまったというのであれば、明らかに使い過ぎといえます。

ケアプロストはまつ毛美容液の中では低価格で販売されている商品ですが、それでも何千円もします。経済的に使用するために、使い方を工夫してみるべきです。

大量に使えば効果も大きいは間違い!

ケアプロストに限ったことではありませんが、たくさん使用すれば、より大きな効果が上がると思い込んでしまっている人は多いようです。

しかしケアプロストに限らず、決められた用量を守らずに過剰摂取しても思っているように大きな効果をもたらさないケースが多いです。

むしろ思わぬ副作用を引き起こす可能性もあります。ケアプロストの場合、目のかゆみや充血、目元の黒ずみなどの色素沈着を起こすリスクが高くなるので、注意する必要があります。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る