有効成分ビマトプロストがケアプロストの発毛力の秘密

ケアプロストがまつげを”長く濃く太く”する理由

ケアプロストはまつげが短い、少ない、細いなどのまつげに関する悩みを解消するために使用されるまつげ専門の育毛剤です。

ケアプロストに配合されているビマトプロスという有効成分は本来、緑内障の治療のために開発された成分でした。

そこで疑問に感じるのは、緑内障治療に使用されていた成分がどうしてまつげの育毛に効果的なのか?治療薬として使用されていたものを正常な人が使用しても大丈夫なのか?などではないでしょうか。

初めてFDAに認定されたまつげ育毛成分

ケアプロストは本来は緑内障の治療に使用されていたビマトプロストの発毛力に着目して製品化されたまつげの育毛・増毛剤です。

世界で唯一まつげの育毛剤としてFDA(米国医薬品局)に認可されたラティースのジェネリックで成分や効果・効能ともにほとんど同じ。

ラティースが高い発毛力と安全性を誇っているようにケアプロストにも同等の高い効果と安全性が認められています。

臨床実験の結果”安全”と”効果”が認められています

40cb18dac6a752bc7e0e7c4575f1b42b_sFDAに認可されるためにはさまざまな臨床実験や研究において安全性の確立や効果において結果を出す必要があります。

ケアプロストの先進薬ラティースはそんな厳しい審査に合格し世界で唯一、高い効果と安全性が確立されているまつげ美容液として認可されました。

また、もともと緑内障治療で使用されていたため目に入っても問題のない成分で作られているため毎日安心して使用することができます。

まつげを育毛!ケアプロストの有効成分ビマトプロスト

まつげが少ない、短い、細い、まばら・・・そんなまつ毛貧毛症の治療に使用されるまつげ育毛剤“ケアプロスト”。

ケアプロストは、医療用まつげ育毛剤ラティースのジェネリックとして発売されているまつげ専門の育毛剤です。

ラティースはたくさんのまつげ育毛剤を名乗る製品の中で唯一、米国医薬品局(FDA)に確かな発毛・増毛効果と高い安全性が認められている認可育毛剤でありケアプロストにも同様の効果や安全性が確立されています。

使い続けることでまつげを確実に“太く・濃く・長く”成長させるケアプロストの秘密は有効成分のビマトプロストにありました。

有効成分ビマㇳプロストの基礎知識

まず、ビマトプロストの持つ発毛作用は緑内障の治療に使用されていく中で偶然発見された副作用でした。

ビマトプロストがアラガン社によって開発された当時の目的は緑内障の治療において、緑内障の典型的な原因である眼圧を下げることでした。

ビマトプロスは、眼圧の高低に関わっているプロスタマイド受容体に働きかけ眼圧を一定に保つ作用があるため緑内障の優れた治療薬ルミガン点眼薬として使用されていました。

しかし、治療に使用していく中で副作用としてまつげの成長や増加という多毛症の症状がみられる事がわかりその特質が育毛剤として新たにまつげ専用の育毛薬ラティースとして製品化されたのです。

そしてその後ジェネリックとして同成分・同効果で格安なケアプロストが発売されました。

ビマトプロストの発毛メカニズム

phm11_0096-sまず、頭髪にヘアサイクルがあるようにまつげにもヘアサイクルがあります。ヘアサイクルとは、発毛と脱毛を繰り返す毛周期のことです。

もう少し詳しく説明すると、ヘアサイクルは【早期成長期】→【中後期成長期】→【退行期】→【休止期】→【脱毛期】というサイクルで一周しています。

まつげが“抜ける・細くなる・少なくなる”こんな状況の時はまつげのヘアサイクルの中で成長期が短くなってしまっていることが原因として考えられます。

そして、ビマプロストにはそんなヘアサイクルに働きかけ成長期を長くする作用があるのです。

つまり成長期が伸びるということはその間に多くのまつげが発毛し、一本一本がしっかりと長くたくましく成長するということですよね。これが、ビマトプロストの持つ発毛メカニズムです。

ケアプロストを使用するうえでの注意

ケアプロストやラティースは、使用を続ける限り発毛や育毛に効果的に働きますが注意しておきたい点もあります。

  • ビマトプロストの副作用に色素沈着があります。薬液が皮膚についてしまった部分が色素沈着を起こす可能性があるので塗布時はなるべく慎重に適量の塗布を心がけましょう。
  • ビマトプロストは使用している間のみ効果が持続します。つまり、使用をやめてしまうと元に戻ってしまう可能性があるので維持するためには”毎日”の継続使用が必須。
  • 即効性は少なく効果を実感するまで数か月程度かかる

このような、副作用やデメリットの可能性も考えながら上手にケアプロストで美しいまつげを手に入れましょう。

発毛作用の正体は有効成分ビマトプロスト

ケアプロストやラティースの有効成分ビマプロストは、本来緑内障治療のために開発された成分でした。

しかし、副作用で多毛症の症状が確認されたため、その発毛作用に着目しまつげの育毛剤として正式に販売された製品がラティースでそのジェネリックがケアプロストです。

ビマトプロストの高い発毛力と安全性はFDAに認可されていることで証明されています。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る