ケアプロストの使用で薬疹っておこるの?

目の周りの湿疹、かゆみ・・・ケアプロストが原因?

ケアプロストは医療機関用まつげ育毛剤ラティースのジェネリック医薬品でまつげの根元に塗布する育毛薬です。

ラティースは初めてアメリカのFDA(米国医薬品局)において臨床結果や研究の結果安全で効果的と認められた唯一のまつげ育毛剤。

そんな安全性の高いラティースと同成分で生成されているケアプロストも、安全性に変わりはありませんが目の周りや粘膜に湿疹やかゆみを伴う症状を訴える人もいるようです。

その原因は何なのでしょうか?

湿疹を伴うかゆみは成分に対するアレルギー反応”薬疹”

d717fda9da88cf2d0deedeec963ab1f9_s基本的にケアプロストは副作用も少なく、目の中に入っても問題のない成分で作られているため安全性は高いです。

しかし、薬に使用されている成分に対してアレルギー反応を起こしてし合った場合などに湿疹や紅斑、かゆみ、かぶれなどが起こることがあります。

これが”薬疹”といい、薬疹は今まで薬に対してアレルギー反応を起こさなかった人に対しても突然発症することがあります。

薬疹が出た場合、原因となっている成分の使用をやめない限り症状の改善はあまり見込めないので早めに気づいて使用を中止することが大切です。

 

臨床検査でも目のかゆみや違和感が報告されています

ケアプロストの先進薬ラティースの臨床実験の結果に副作用として、まぶたのかゆみやかぶれが現れたという検証結果があります。

また、実際使用した人の体験談でもケアプロストを使い始めてから絵の周りに湿疹が現れた、真っ赤に腫れた、かぶれたなどアレルギー反応と思われる症状の報告を目にすることがあります。

薬疹をはじめアレルギー反応と思われる症状が出た場合、一度使用を中止して眼科など専門医院での診察を受けましょう。

まつげ育毛剤ケアプロスト(CAREPRST)と副作用“薬疹”の関係

a9ff82025d304444157c5a11f2739dc3_sマスカラもつけまつげも、まつげエクステも不要!毎日のひと塗りで確実に“太く”“長く”“濃く”まつげを成長させることができる、まつげ育毛・増毛剤ラティースのジェネリック薬品ケアプロスト。

世界で初めて本当に効果のあるまつげ用育毛剤として、安全性&実力ともにFDA(米国医薬品局)認められたラティース(Latisse)のジェネリックであるケアプロストにも高い育毛・増毛効果が認められています。

また、ラティースはもともと緑内障の治療薬として使用されていたため、目に入っても無害な成分で作られていて基本的には副作用も少なく安心して使用できるまつげ育毛剤です。

しかし、まれに副作用としてまぶたのかゆみや腫れ、かぶれ、湿疹や紅斑などが現れることがあります。

中でも薬疹といわれるアレルギー反応による湿疹は、重症化すると治療が困難になってしまってしまい、最悪死に至ることもあるため使用中は薬疹について十分注意しながら使用を継続する必要があります。

薬疹は誰にでも現れる可能性があります

薬疹とは、いわゆる薬の成分に対するアレルギー反応です。

薬に配合されている医薬品成分や添加物を身体が受け付けなかったときの拒否反応として湿疹や紅斑、かゆみといった皮膚症状として発症します。

症状の現れ方は人によってそれぞれ・・・初めて薬液を塗布した瞬間に異常が出る場合もあれば、使用を初めて数か月後にいきなり現れる場合も。

基本的には、原因となっている成分の塗布を辞めれば症状は落ち着くのですが、薬疹を甘く見て異常を感じているのに薬の使用を続けていると、湿疹部分がただれ真っ赤に腫れあがってしまったり、最悪の場合は薬剤性過敏症症候群や中毒性表皮壊死症、スティーブンス・ジョンソン症候群などの重大な症状につながることもあるので異常を感じたら使用を中止する必要があります。

アレルギー反応によっておこる症状

薬剤によるアレルギー反応が原因で発生する症状は薬疹だけではありません。

湿疹や発疹が現れなくてもケアプロストの使用直後や使用注意に以下のような症状が発生した場合はアレルギー反応を起こしている可能性があるので要注意!

  • 毎回塗布後に目が充血する
  • 使用後に目のかゆみが強くなる
  • 使用後にまぶたや目の周りのかゆみが強くなる
  • 目に痛みなどの刺激を感じるやすくなる

もし、上記のような症状が現れる場合はアレルギー反応を起こしている可能性があります。

我慢して使用を続けると症状が悪化しかねませんので、“おかしい”と感じたらとりあえず一旦使用は中止して、症状がひどくなった場合やその後の継続については眼科などの専門クリニックで相談しましょう。

異常を感じたらすぐに使用は中止しましょう

薬疹は塗布する薬によって誰にでも起こる可能性のあるアレルギー反応が原因で起こる副作用です。

しかも、発症するタイミングも人それぞれであるため見逃してしまいがち。

しかし、薬疹は悪化すると中毒性表皮壊死症など重症化しとても危険です。

薬剤の使用を開始後に湿疹や紅斑、かゆみなどを感じた場合は使用を中止し悪化する場合は専門医の診察を必ずうけましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る