育毛効果が期待できるミノキシジルの2種類の容量

薄毛の人口は増えている

日本の成人男性にとって、薄毛はもはや他人事の問題ではなくなっています。育毛シャンプーや各種育毛剤がドラッグストアや通販サイトで多数発売されています。

また、男性の脱毛症のことをAGAと呼び、AGA専門の外来が日本全国に登場しているくらい、深刻な問題になっています。

かつらなどを製造しているメーカーが2007年に調査したところによると、成人男性の薄毛率は26%に達しているといいます。

つまり、成人男性の4人に1人以上の人が薄毛に悩んでいることになるわけです。

met024-s日本人の薄毛は近年増加傾向にあります。その原因はいろいろなことが指摘されていて、生活習慣の変化が関係しているのではないかといわれています。

睡眠時間が短くなった、食事が欧米化してきたなどが指摘されています。

その他にもパソコンやゲームが普及してきたことで、長時間目を酷使する環境でストレスを受けているからということも言われています。

このままいくと成人男性の薄毛率は50%を超えるかもしれないという声もちらほらと聞かれます。

ミノキシジルは薄毛に効果

ですから薄毛は決して対岸の火事とは思わないことです。自分でできる薄毛対策は早めに行うことです。

先ほども紹介したように、AGA外来など専門家による本格的な治療もあります。適切な治療を受ければ、薄毛を防ぐことも十分に可能なのです。

AGAの治療のアプローチとして、医薬品を使った治療が行われます。その中でも注目されているのが、ミノキシジルです。

アメリカの臨床で発見

そもそも1970年代後半にアメリカで、血圧を下げるための薬として開発されました。

ところが、副作用として、髪の毛が増えるという事例が頻繁に報告されたことから育毛に効果があるのではないかとして注目されるようになりました。

もし薄毛の治療をしたいというのであれば、ミノキシジルによる治療を選択肢の中の一つに入れるべきです。

ミノキシジルを服用する場合、内服用は5㎎と10㎎の容量のものがあります。まずは、5㎎の方から摂取した方が良いでしょう。

まずは5㎎から始めるべし

5㎎の方がお勧めな理由

薄毛の治療に効果の期待できるミノキシジルの錠剤は現在

  • 5㎎
  • 10㎎

以上のものが提供されています。どちらを利用すべきかですが、できればまずは5㎎から摂取するように心がけた方が良いです。

なぜかと言うと、人によって薬が合うかどうかというのは変わってくるからです。

5㎎と10㎎を比較した場合、10㎎の方がより強い効果が現れます。一方ミノキシジルは医薬品でもあるので、副作用が起きるリスクも全くないわけではありません。

5㎎と10㎎を比較した場合、効果がより強く出る10㎎の方が副作用の起きるリスクも高いわけです。

まずは、5㎎のものを服用して、しばらく様子を見てみることです。

副作用など、体が不快に感じるような症状がない、そして効果に満足できないというのであれば、10㎎の容量のものに切り替えればいいです。

10㎎のものを処方された場合

AGA外来で治療を受けてミノキシジルを処方されたときに、10㎎のものが処方される可能性があります。

もし10㎎だと副作用などが心配というのであれば、5㎎に割って服用する方法があります。

ピルカッターといって、錠剤を半分にカットできるアイテムがありますので、こちらで半分にカットして服用してみてください。

しかし、もしこのような方法で10㎎のミノキシジルを服用する場合には、うっかり2つに割るのを忘れてしまって、そのまま10㎎服用することのないように注意したいところです。

摂取量に注意を

hlt016-sミノキシジルは薄毛に対して高い効果が期待できる医薬品です。

しかし、この医薬品であるということは、絶対に忘れないようにしましょう。

ミノキシジルを服用すると効果が現れる反面、体に負担が多少なりともかかる可能性があります。

その結果、副作用が出る可能性も否定できません。

もしミノキシジルを服用してしまって、何か不快な症状が出たのであれば、摂取は即刻やめるようにしてください。

また、よく多く摂取すれば、より高い効果が期待できると勘違いしている人もいるようです。

しかし、多く摂取すれば、より強い効果が出るというのは間違っています。1日10㎎以上の摂取は絶対に避けるようにしてください。

先ほども紹介したように、もともとミノキシジルは血圧を下げるための薬でした。

このため、もともと低血圧気味の人が摂取すると必要以上に血圧を下げてしまうこともあり得ます。

低血圧症の方も、十分に注意して摂取するように心がけてください。

医薬品であることに注意

現在経口摂取できるミノキシジルは、5㎎と10㎎のものがあります。効果の現れ方は個人差があります。

副作用のリスクもあるので、最初のうちは5㎎のものから試すようにしてください。

そしてもし摂取しても特に副作用なども現れなかったのであれば、10㎎のものに変えていくようにしましょう。

ミノキシジルは医薬品なので、取り扱いには慎重を期すように心がけてください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る