ミノキシジルの副作用「薬疹」について

ミノキシジルの副作用”薬疹”って何?

ミノキシジルタブレットは「最強の発毛剤」といわれているほど、発毛や育毛に高い効果を発揮するAGA・薄毛治療薬です。

しかし、高い発毛効果が期待できる反面さまざまな副作用に注意して服用する必要があります。そんなミノキシジルの副作用の中で見逃しがちな症状「薬疹」

悪化すると命に係わる可能性もある重大な副作用です。安全に薄毛治療を成功させるためにミノキシジルの「薬疹」について知りましょう。

薬疹は薬剤に対するアレルギー反応

ミノキシジルにかぎらず、プロペシアなどほかの薄毛治療薬全般にいえることですが、いくら副作用の少ないとされている薬でも個人の体質によっては薬に配合されている成分にアレルギー反応を示すことがります。

そのアレルギー反応が表面化した場合”薬疹”となって表れるのです。薬疹は、基本的には薬の服用をやめるとおさまりますが重症化すると命に係わる危険性もあります。

薬疹かな?と思ったら”中止”が基本

ミノキシジルの服用を開始してから、発疹が出た場合その後の服用には慎重になる必要があります。

発疹の原因がミノキシジルだと気付かないまま服用を続けると重症化してしまう可能性が高くなりなります。

基本的にミノキシジルによる治療中に発疹やかゆみなどの症状が出た場合、服用は中止が基本。再開に当たってはミノキシジルの取り扱いがあるクリニックで相談しましょう。

ミノキシジルの副作用“薬疹”って何?

dl3388874ミノキシジルタブレット(ミノタブ)はプロペシアを超えるといわれている最強の薄毛治療薬・育毛剤として注目されています。

現在、日本で唯一認可されているAGA(男性型脱毛症)内服治療薬といえばプロペシアですが、プロペシアには抜け毛や脱毛は効果的に抑制する効果を持っていますが発毛力はほとんどないとされています。

しかし、ミノタブは自ら発毛する力”発毛力”に優れた育毛薬です。プロペシアの主成分フィナステリドが抜け毛の抑制に特化しているのに対してミノキシジルが発毛自体を促す効果があります。

そんな、強力な発毛成分《ミノキシジル》ですが効果が高い反面、副作用にも十分注意する必要があります。

見逃してしまいがちな副作用“薬疹”。気づきにくいけれど、重症化すると怖い薬疹とはいったいどのような症状なのでしょうか?

薬疹とはどんな副作用?

まず、薬疹とは特定の医薬品の使用が原因で全身または体の一部にじんましんのような失神やかゆみを伴う発疹が現れることです。

つまり、薬疹は外用薬や内服薬に関わらず医薬成分が配合されている薬ならどんな薬にも起こる可能性のある副作用の1つなのです。

薬疹が発生する原因として1番多いのは、薬剤に配合されている医薬成分や添加物に対するアレルギー反応。

身体が原因となっている成分を受け入れることができない状態であるため、拒否反応をおこしそれが薬疹となって表れます。

発症の時期は人によって異なり、服用後すぐに突発的に現れることもあれば、服用開始から数か月~数年たった時に突然現れる場合もあるため専門家でも特定が難しい症状でもあります。

薬疹は重症化すると大変!

薬疹の治療方法は基本的に原因と思われる薬剤の使用をすぐに中止することです。原因となっていた薬剤の摂取をやめると症状も落ち着いてきます。

そして、原因と思われる薬剤の今後の摂取方法については専門医に相談しながら慎重に進めていく必要があります。

独断で薬の使用を続けたり薬疹に気づかず原因となっている薬剤を辞めずにいると、最も重症な薬疹「スチーブンス・ジョンソン症候群」などを発症し死に至る可能性あります。

ミノキシジルの服用直後や治療期間中に、発疹やただれ、かゆみなどの異変を感じた場合はすぐに使用を中止し、症状が収まらない場合は必ず医療機関を受診しましょう。

ミノキシジルの使用による薬疹

066c004a87054101e78ba885e2959274_sミノキシジルは効果が発毛率が100%といわれるほど強力な発毛効果をもっていますが、副作用の心配がほとんど無いプロペシアなどのフィナステリド製剤にくらべると副作用の危険性や発症の確率が高くなるというリスクがあります。

ミノキシジルは本来、高血圧患者のために開発され血管を拡張して血液の循環を促す作用によって不整脈や低血圧、動悸などが副作用としてよく知られています。

しかし“薬疹”についてもしっかりと理解して、十分注意をしながら使用を続けることが大切だと言えるでしょう。

薬疹は誰にでも起こる副作用です

今まで、薬剤によるアレルギー反応が出たことがない人でもミノキシジルタブレットによって薬疹が出る可能性は誰にでもあります。

また、発症時期も人によってそれぞれなのですが、ミノキシジルでの薄毛治療を行っている期間に薬疹が疑われる症状が発生した場合は薬の使用を中止して、ひどくなる場合は必ず医師による診察を受けるようにしましょう。

これを読んだあなたへおすすめの記事


インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

 

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る