ミノキシジルを個人輸入する際の注意点

海外医薬品は本当に安全なのか

日本国内で医師による処方を受けて購入するミノキシジルであれば、偽物であるという心配もなく、安全であると判断することができます。

というのは、国内で取り扱われている医薬品の場合、動物実験や臨床試験により、効果と安全性を確認し、安全であると判断された医薬品以外は販売できないように定められているからです。

一方、海外で製造販売されている育毛剤の場合では、個人輸入で簡単に入手することができるというメリットはあります。

しかし、輸入代行業者を介さなければ購入することができず、その品質も定かではありません。

ミノキシジルを個人輸入するかはあなた次第です

ミノキシジルは本来、医師の診察を受け、医師の判断により処方される育毛剤です。つまり、自己判断で服用してしまっては大変危険な薬であるということですね。

また、インターネット通販で販売されているミノキシジルの中には、粗悪な成分が配合された偽物も出回っているようです。

このような偽物は、輸入代行業者でも見分けることは困難です。つまり、運が悪ければ粗悪品をつかまされる可能性もあるということです。

発毛外来などで診察を受けるのは面倒ですし、それなりに費用もかかります。

ですが、安全です。

どうしても個人輸入したい場合には

db4d7fa8dba10034f90566a3dba6e584_sひとまず病院で診察を受けましょう。すべての薬は、副作用が現れる危険性を持っています。そして、ミノキシジルも例外ではありません。

ミノキシジルの服用経験がなく、自己判断で個人輸入し、服用して副作用が起こったとしても、それはすべて自己責任となります。

たとえば、医師から処方された薬により副作用が起こり、入院や死亡してしまった場合には「医薬品副作用被害救済制度」により、医療費などの給付を受けることができます。

ところが、個人輸入で同様の医療事故が起こった場合には、この制度は対象外となり、あなたは泣き寝入りすることになります。

個人輸入は便利でお手軽。でも、リスクを伴います

ミノキシジルを服用しようと考えた場合、まず気になるのが必要となる費用の問題なのではないでしょうか。

日本国内では、ミノキシジルは医師の判断により処方されますが、海外から個人輸入する場合には、処方箋が必要ありません。

その部分に、個人輸入の落とし穴が潜んでいます。一刻も早く育毛を行いたい気持ちはわかりますが、まずは個人輸入についての知識を頭に入れておく必要があります。

ミノキシジルを国内で購入するには

医師の判断より処方箋が出された場合に限り購入することができますが、アレルギーや副作用が起こる可能性があると医師が判断した場合には、購入することができないこともあります。

ですが、殆ど購入できると考えてよいでしょう。また、日本国内で処方、販売されている薬は一定の基準を満たしているものであり、安全であると考えることができます。

その根拠は6つ

  1. 研究・開発を行う段階で動物実験を行い、効果・安全性の確認を行っている
  2. 臨床試験を行い、人体への効果・安全性の確認を行っている
  3. 製造工場内での品質管理の徹底
  4. 厚生労働省による認可を取得している
  5. 薬事法に基づく品質、効果、安全性の確認が行われている
  6. アレルギーや副作用の情報収集・分析を行い、説明書などに服用者に向けて用量・用法、服用時の注意などを明記している

含有成分の明確な表示を行っている

海外の医薬品を個人輸入で購入する場合

海外の医薬品の個人輸入はお手軽でお得感満載ですが、以下のような7つのリスクをはらんでいるということを頭に入れておいて下さい。

  1. 日本の薬事法による基準が満たされていない可能性がある
  2. 日本の厚生労働省が認可することのできない成分が配合されている可能性がある
  3. 誇大広告の可能性がある
  4. 虚偽の成分表示である可能性がある
  5. 衛生管理が不十分である可能性がある
  6. 正規品を謳った粗悪品である可能性がある
  7. 副作用や死亡などの事故が起こった際の保証がない
ミノキシジルを安全に個人輸入するには

phm21_0109-s

  • 自社ホームページを持っており、連絡が確実に取れる
  • 口コミ件数が多く、評判が良い
  • 流通ルートが明らかである

上記は基本的な輸入代行業者を見分けるための基準です。ミノキシジルをはじめとする飲む育毛剤は全般的に高価であり、個人輸入に頼りたくなることもあるでしょう。
ですが、早まってはいけません。

個人輸入のリスクを知り、優良な輸入代行業者だという見極めがついてからでも、ミノキシジルで育毛を行うに当たっては遅すぎるということはありませんよ。

個人輸入のメリット・デメリットを把握し、慌てないこと

育毛の開始を考えると、とかく気持ちが先走ってしまいがちです。ですが、悪徳な個人輸入代行業者に引っ掛かってしまっては元も子もありません。

まずは、病院でアレルギーや副作用の有無を確認してもらい、個人輸入をしたいのであれば、なにはともあれ優良な業者を見つけ出すことが先決です。

この記事を読んだあなたにおすすめ

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る