女性の脱毛症(FAGA)はジェネリック育毛剤で治療できる?

FAGAとはなにか

gf1420278005lFAGAとは「女性男性型脱毛症」のことで、女性のAGAと理解するとわかりやすいと思います。

そもそも、AGAとは「男性型脱毛症」を意味します。

AGAの原因は、男性ホルモンの過剰な分泌と、不必要な働きが原因でジヒドロテストステロンを発生させてしまう症状です。

女性の髪の毛が抜ける原因

一般的に、1日に抜ける髪の量は50本から100本程度と言われており、この範囲内の抜け毛ならば通常のサイクルで健康的に毛が抜けているので問題はありません。

これよりも抜け毛が多い状態が続くようであれば、以下の原因が考えられます。

食事と睡眠時間

af9940078847l生活習慣の中でも特に偏ってしまうのが、食事と睡眠時間です。好きな物だけを好きなだけ食べるのはNGです。

日頃の食生活において不足しがちな野菜もしっかりと食べて、栄養を補給しましょう。

睡眠時間については、日中に受けたダメージを回復させるために必要不可欠ですが、

治癒に必要となる成長ホルモンが分泌されるのは、夜10時から深夜2時までの間、それもリラックス状態で快眠をしている時に限ります。

ファッション

af9980021266l男性に比べて女性の場合は、スタイリングに気を配ることも多いですが、これにも注意が必要です。

パーマやヘアカラーは髪に負担をかけるだけでなく、頭皮にも影響を及ぼします毛根を傷つけてしまうと抜け毛にもつながってしまいます。

また、スタイリング剤を使用した後にも注意が必要です。使用後は、髪を洗う際にしっかりとスタイリング剤を洗い流すように心がけましょう。

最近では「牽引性脱毛症」という症例も報告されています。

これは、髪を縛ったり結ったりするヘアスタイルを続け、引っ張り続けてしまうことで、その部分から髪が生えてこなくなってしまうという症例です。

日頃、髪を縛るスタイリングをしている方は、こちらにも注意したいところです。

無理なダイエット

af9920073927l急激なダイエットをするために、過度の食事制限をする女性もいらっしゃいますが、これを続けていると綺麗な髪を維持するために必要な栄養素も補給されることも無いため、抜け毛につながってしまいます。

ダイエットをする際でも食事は抜いたりせず、運動をして健康的に痩せられるように心がけましょう。

深刻度の低い抜け毛

    • 牽引型脱毛症
      髪を束ねて1か所できつく結ぶポニーテールなどのヘアスタイルを毎日作っていると、日々引っ張られている部分の毛根が弱り、やがては脱毛してしまうことがあります。

無理なブラッシングによる抜け毛

    • 特にロングヘアの型の場合、毛先に枝毛が多くなるとブラシが髪に絡まりやすくなります。
      これを無理に引っ張ってしまうと、思いのほか多くの髪が抜けてしまうことがあります。

深刻度の高い抜け毛

    • 妊娠・出産に伴う抜け毛
      妊娠・出産という偉業を成し遂げた女性の身体は、多かれ少なかれダメージを受けています。特にホルモンバランスの崩れは抜け毛を誘発しますが、出産後半年~2年前後で自然に元の状態に戻ります。
      ですが、あなたが高齢出産をご経験されたのであれば、女性ホルモンは現象の一路をたどり、女性男性型脱毛症(FAGA)を引き起こす可能性もあります。

このようなときには専門医による診断を受け、然るべき処置をとりましょう。これは、出産後の年数が経過しても元の状態に戻らない場合も同様です。

加齢による抜け毛

これは女性ホルモンの低下が原因で起こる抜け毛です。この場合には専門医による治療を受けることがいちばんでしょう。

    • ストレスに要注意

これがいちばん恐ろしい抜け毛の原因となります。目に見えないものだけに解決が難しい場合もあるのではないかと思いますが、一人で抱え込まないことがなによりも大切です。

ストレスは抜け毛ばかりではなく、内臓にも影響を及ぼすことがあり、放置は危険です。

女性の脱毛症「FAGA」に効果のある育毛剤

男性型脱毛症「AGA」に効果のあるジェネリック育毛剤といえばフィナステナリド配合ジェネリック医薬品「フィナロ」等がありますが、女性の場合は違います。

女性の場合はフィナステリドの効果がないため、ミノキシジルのみが使用されます。

ミノキシジル配合育毛剤

ミノキシジル配合育毛剤は、液体タイプ(外用薬)と服用タイプ(錠剤)があります。

しかし、女性が服用タイプを使用することはできません。配合量が多すぎるため、体への影響が大きすぎてしまいます。

液体タイプの使用は可能ですが、ミノキシジル自体に次のような副作用があります。

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。ミノキシジルの外用薬に含まれる基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られる。

多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性がある。

商品によっては成分が母乳中に移行するため、授乳する乳児がいる場合での使用は禁忌である。

その他には

    • 薬液の使用箇所におけるニキビの発生
    • 頭痛、意識朦朧
    • 多毛症
    • 不整脈、動悸
    • 皮膚の紅潮
    • 手足、顔のしびれや痛み
    • 胸の痛み
    • 急速な体重増加

などがあります。

女性の育毛にジェネリック育毛剤の使用は厳しい

女性は、妊娠をした際に、胎児への影響を考えると、副作用等が懸念される服用タイプの育毛剤を無理に使用する事は危険です。

そもそも、女性が使用できるミノキシジル配合量の服用タイプ育毛剤がありません。

しかし、液体タイプであっても、副作用が現れる可能性はあります。外用薬を使用する際は、十分に注意しましょう。

どう対策すれば良いのか

  • 食事をバランスよく取り適度に運動をする。
  • 夜10時から深夜2時までの間リラックスした状態で睡眠をして過ごし、快眠を目指す
  • ファッション後のアフターケア
  • 無理なダイエットを行わない

ご自身での対策が難しい場合は専門医に相談しましょう。

ご自身の抜け毛の原因を知ることが先決です

むやみに育毛を行っても効果が現れないこともあります。

それは、ご自身の心と身体の状態に合わせたケアを行っていないからと考えられます。

女性の抜け毛は目立ちやすいものですが、焦らずに問題に取り組めば、必ず改善策は見つかるはずです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る