プロペシアの用量

AGA治療の内服薬プロペシア、その用量は?

AGAの治療薬として利用されているプロペシアの主成分はフィナステリドです。フィナステリドは、脱毛症を抑える効果があると認められましたが、元来は前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

前立腺肥大症の治療の場合は、用量は1日5mgを必要としますが、AGA治療にはどのくらいの量が必要になるのでしょうか?1日の用量を解説いたします。

1錠に1mgのフィナステリド

dl058762フィナステリドをAGA治療に役立てる場合は、1日1mgの服用が推奨されています。プロペシアはフィナステリドを主成分としており、1錠につき1mg含有しているため、用量は1日1錠となります。

プロペシアの中には1錠に1mg以上のフィナステリドを含有しているものもありますが、1日1mg以上の増量により効果が増強されるか否かは、確認されていません。

また、プロペシアの効果を得るには継続的な服用が必要です。通常では効果が発揮できるまでに6ヶ月は有するといわれているため、服用期間についても用量とともに理解しておきましょう。

臨床実験に基づき推奨される用量

プロペシアの主成分であるフィナステリドの脱毛症治療効果について、臨床実験が行われています。

フィナステリドを1mg含有するプロペシアを1日1錠服用することで、約6割の被験者が増毛を実感しています。

さらに、服用を3年間継続したところ、被験者の増毛効果は約8割に上ります。

また、副作用については性欲減退や臓器の違和感などが確認されていますが、発症の確立は極めて少なく、重症に至ることもありませんでした。

用量に関しても1日に服用するフィナステリドの量が1mg以上の場合でも、効果に差はないことが臨床実験により証明されています。

ただし、プロペシアを継続的に服用することで増毛されることは統計学的に証明されていますが、AGAの進行が深刻で毛根がすでに死滅してしまっている場合は、プロペシアの効果が限られてしまいます。

用量は1日1錠ですが、早期からの服用が推奨されています。

プロペシアの効果を確実に得るには用法用量を守ること

プロペシアに限らず、用法・用量を守ることは薬を正しく扱う上で重要なことです。用法・用量を守ることで、その薬の効果は最大限に発揮されます。

これらは臨床実験の結果からいえる

  • プロペシアの主成分のフィナステリドは、1日1mg以上服用しても効果に差はない。
  • 1日1mgフィナステリドを服用した際に確認された副作用は性欲の減少や臓器の違和感などだが、発症率は低く、症状も軽症。

などからも解ります。

プロペシアは1日1mgフィナステリドを継続的に服用することで効果を得られる治療薬です。

個人差はありますが、効果を実感するまでに3ヶ月から6ヶ月は有します。用量以上のプロペシアを服用しても効果の実感が早まったり、効果が増強されることはありません。

それどころか副作用の発症の可能性をあげてしまう恐れがあるので注意しましょう。

プロペシアの服用は成人男性に限る

プロペシアは主成分であるフィナステリドの作用によって男性ホルモンに働きかけ、AGAの進行を抑制する薬です。

そのため、成人男性専用とされており、女性や未成年者の服用は厳禁としています。

また、男性ホルモンを原因とするAGAの治療薬のため、円形脱毛症や抜毛症などには効果を期待できません。

女性は特に注意が必要

男性ホルモンに影響を与えるプロペシアは、AGA治療薬であるため、まず女性には必要のないものです。女性でも薄毛に悩む方はいらっしゃいますが、プロペシアを服用することはないようにしてください。

特に妊婦や授乳中の女性がプロペシアの主成分であるフィナステリドを服用してしまうと、胎児や乳幼児が生殖器障害を起こしてしまう可能性があります。

フィナステリドは皮膚吸収されてしまうため、女性はプロペシアに触れないよう注意しましょう。

基本的にはコーティングされているプロペシアですが、分割したり粉砕する場合はコーティングが剥がれてしまうため、極力控えましょう。

ミノキシジルを配合した育毛剤を併用する

プロペシアは毛周期を通常に正すことで脱毛を抑制する治療薬ですが、毛周期が整っても、頭皮に充分な栄養が届いていないと毛髪は育ちにくいとされています。

そのため、血行促進の効果を期待できるミノキシジルを配合した育毛剤をプロペシアと併用することを推奨しています。

毛周期と頭皮環境の両方が整い、AGAのほとんどの悩みが解消されるので、有効的に活用すると良いでしょう。

用量を守ることで、健康的にAGAを治療する

dl276528プロペシアの効果を充分に得るために必要なことは、用法・用量を正しく守ることです。

AGAで悩んでいる方は、早急に症状を改善したいと思うかもしれませんが、過度に服用しても効果に差はないばかりか、自ら副作用のリスクを上げてしまいかねません。

プロペシアは服用してから効果が見られるまでに時間がかります。

まずは焦らずに継続するようにしましょう。

そのうえで毛髪の成長を促進したい場合は、ミノキシジルを含有した育毛剤との併用を推奨します。

また、プロペシアの取扱いには充分注意が必要です。女性や未成年者の服用は厳禁です。

女性の中でも妊婦や授乳中の方は皮膚吸収を避けるために、プロペシアに触れないようにしましょう。

AGAの改善に高い効果を発揮するプロペシアですが、効果には個人差があることや、副作用があることを理解し、用量を守って服用するようにしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事


インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る