プロペシアの容量について

プロペシアの購入

いざ、プロペシアを利用するとなった場合、どのように購入すればいいのか分からないと思います。

初めて購入(個人輸入)する際には分からないことだらけですよね。

購入者のなかで多い疑問として挙げられるのが、どの程度買えばいいのかということです。

プロペシアを購入する際の適切な容量とはどれくらいなのでしょうか?

1箱30錠、有効期限は約2年半

2254022f0dab1e0285ff8528aaedb598_s個人輸入の代行をしている業者のホームページを見るとわかりますが、プロペシア1箱の容量は30錠前後です。

適切とされている1日の摂取量は1錠ですから、1箱で約1ヶ月分の計算になります。

業者によっては2箱以上まとめ買いをすることで安くなることもありますので、続けての利用を検討している場合には、まとめて購入するのも良いでしょう。

プロペシアの保管期限は約2年半のため、消費期限についてもそこまで心配することはありません。

ただし、期限が過ぎたものを使用しても期待していた効果が得られない可能性が高いので注意しましょう。

どれくらいの容量が必要なのかを考慮して購入することで、無駄も少なくなります。

プロペシアに含まれるフィナステリド

プロペシアには、フィナステリドと呼ばれる成分が含まれています。このフィナステリドとはノコギリヤシという植物から採取できる天然の成分で、薄毛に作用する成分として注目を集めています。

フィナステリドは1日の中で上限摂取量が1ミリグラムと定められており、それ以上は摂取してはいけません。

プロペシアには、このフィナステリドが0.2ミリグラム~1ミリグラム含まれていますが、この含有量は製品の種類によって異なりますから、購入する際に気を付けてチェックしておきましょう。

それぞれ、プロペシア錠0.2mg、プロペシア錠1mg、と記載されています。

フィナステリドが1日の中で1ミリグラム以上摂取してはいけないと言われているのには理由があります。過去に臨床実験を行ったところ、過剰に服用することで副作用の発症を高めてしまう恐れがあるといことがわかったのです。

摂取量を増やしたからといって、その分育毛効果が現れるということはありません。

それどころか、副作用を起こしてしまう危険性も秘めているのです。必ず1日1ミリグラムという用量を守って摂取するよう心がけましょう。

焦らずにゆっくり治療に専念することも大切です。

プロペシアの利用は用法・用量を守って!

薬の箱に書かれている用法・用量というのは、臨床実験などの結果に基づいて提示されたものですから、必ず記載されている事項を守って摂取しなければなりません。

それが、薬の効果を最大限に引き出すための近道でもあります。

覚えておきたいのは、効果を早く得たいからといって1日に1ミリグラム以上服用しても意味がないということ。

かえって副作用危険性が増すだけですから、絶対に止めましょう。

国内での臨床成績とは?

実際に、過去に男性型脱毛症患者の方に向けて行われた臨床成績があります。

この試験では、0.2ミリグラムのタイプを48週使い続けたことで約54%の方に改善が見られ、1ミリグラムのタイプを同じく48週使い続けた場合には約58%の方に改善が見られたという結果が出ています。

また、0.2ミリグラムの場合には副作用の発現率が約1.5%であったのに対し、1ミリグラムの場合は約6.5%と、少し高めの数値が出ました。

長期間投与による試験の結果では、さらに48週間の投与が行われましたが、こちらの試験により、長期投与を行うことで有効性が維持されるということが証明されました。

過剰摂取の危険性

フィナステリドを摂取することにより挙げられる副作用としては、蕁麻疹や男性不妊症、抑うつ症状など。

その他、肝機能障害なども副作用として挙げられています。

ちなみに、フィナステリドを長期間投与することで男性乳癌の発現を促すとされていますが、こちらに関する因果関係は不明です。

これらはいずれも発症する可能性は低いとされていますが、薬を投与する上では、副作用があるということも踏まえ、正しい用量で摂取するようにしましょう。

その他注意事項

fc8533361b83d79326a7a83f06b1018b_sプロペシアは、あくまでも男性型脱毛症のための治療薬です。そのため、女性に対する適応はありません。

とくに妊娠中の女性が摂取すると、胎児に影響が出てしまう危険もありますから、妊娠の可能性がある女性も含め、摂取はしないよう注意が必要です。

また、20歳以下の女性が服用した場合の安全性は証明されていませんので、摂取するのは20歳を超えてからにしましょう。

プロペシアは育毛に対して大きな効果が期待できる薬として注目されていますが、用法・用量を守って正しく服用することが大切です。

ここに挙げた注意事項なども踏まえ、正しく利用しましょう。

焦らずに治療に取り組みましょう

薬を服用する上で用法・用量を守るのは重要なことです。過度に摂取しても効果は得られず、副作用の危険性を高めてしまうだけですので、必ず規定の量を服用してください。

少しでも早く改善したいという気持ちがあるかもしれませんが、体を壊してしまっては元も子もありません。

さらに、効果が表れるまでには時間がかかりますので、焦らずにゆっくりと継続することを心がけましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事


インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る