プロぺシアと他の薬の飲み合わせについて

プロぺシアと他の薬は飲み合わせできるのか?

プロペシアは育毛治療によく用いられる錠剤。服用するものなので、身体には十分配慮しなければなりません。

そこで、考えなければならないのは、「薬の飲み合わせ」、になるでしょう。知らず知らずのうちに間違った飲み合わせをしていれば、健康に関わる重大な問題に発展してしまいます。

ここでは、そのプロペシアと薬の飲み合わせについて紹介していくので、参考にしてみてください。

他の薬と飲み合わせできます

phm06_0429-s先に結果から言ってしまうと、他の薬との飲み合わせは可能です。現状、相互作用による副作用などは確認されていないので、安心して薬の併用をして構いません。

ここで、一例として花粉症薬について取り上げてみます。

日本は世界有数の自然豊富な地域で、スギやヒノキなどの木々が全国に立ち並んでいます。

その影響で花粉症患者の数は大変に多く、シーズン中になると、抗アレルギー薬を服用する方が増えてきます。

そこで、プロペシアと併用する方が出てくると思いますが、トラブルに発展したケースはなく、全く問題ありません。

このように一般的な症状に対する薬との関連もないことが分かっており、特別な配慮は必要ないといえるでしょう。

 

併用禁止薬品は指定されていない

プロペシア利用者を見てみても、さまざまな薬と飲み合わせている場合が多いようです。

しかし、どれも併用作用によるトラブルに発展した報告は見受けられません。

併用が禁止されている薬もなく、基本的にはどんな薬と組み合わせても問題ないといえるでしょう。

それでも心配な場合は、専門医に相談してみるといいかもしれません。

また、同じく育毛治療に良く用いられる、「ミノキシジル」、との併用も可能となっています。こちらに関しては、医者も推奨しているほどなので、より効果を求める方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

飲み合わせについての要点

ここで一度まとめておくと、プロペシアは他の薬と組み合わせることが可能で、併用を禁止されている薬もないということ。

  • プロぺシアの服用に関して、飲み合わせなどの注意書きはされていない
  • 国内利用者も、花粉症薬などの飲み合わせを行っている
  • 飲み薬ではないが、プロペシアとミノキシジルの併用は医者が奨めている

以上のことから、プロぺシアの、他の薬との飲み合わせについては、特筆して注意すべきところはありません。

薬の効能・副作用は個人によって違うため、飲み合わせることによって何らかの症状がでないとも言えません。

そこで、プロぺシアを利用する前に、確認しておきたいこと、注意すべきことを挙げていきます。

 

ミノキシジルとの併用

こちらに関してはすでに触れましたが、もう少し詳しく説明していきます。

育毛治療に効果的なミノキシジル。より効率的に治療を進めていくために、医者からプロペシアとの併用をおすすめされることがあります。お互いの足りない要素を補う作用があるようで、利用者のなかでも注目されているそう。

アメリカなどでも話題になっている利用法なので、二つを上手に使っていけば、一つを使い続けるよりも有効かもしれません。

 

服用している薬を漢方薬に

プロペシアと他の薬との飲み合わせは全くリスクがないと紹介しましたが、それでも心配な方はいるはず。

前述した医者への相談などが対処法の一つとして挙げられますが、飲み合わせの薬を漢方薬に変えてみるのも一つの手段。

漢方薬は副作用が少ない薬として評判があり、飲み合わせに関してもほとんど心配要りません。

漢方薬は他の薬と比べ、効果が表れるのが遅いという欠点はありますが、体質改善などの付随効果も期待できるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

もちろん個人差はある

やはり、リスクの少ない薬といえども、個人差は存在します。安全だといっても、体質に合っていなければトラブルに発展してしまうかもしれません。

プロペシアに関していえば、その危険性はほぼありませんが、全く問題ないと言い切れないのも事実。どうしても気になる方は、医師や専門医に聞いてみましょう。

不安を抱えたままでの服用はストレスに繋がり、効果が軽減されてしまいます。なるべく早い段階で不安を解消するようにしてください。

 

医師や薬剤師に相談しよう

a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_sプロペシアと他の薬との飲み合わせについて説明してきましたが、参考になったでしょうか?

基本的には飲み合わせに関するリスクはありませんので、安心して使用してください。何種類も服用している方でも、問題ないといえるでしょう。

最後の注意点として、薬は個人の自己責任だということをお伝えしておきます。知識がなかったゆえに、身体に問題を起こしてしまったとなると、大変にもったいないです。

薬に関するトラブルは事前に防げることばかりなので、できるだけ多くの情報を仕入れておくようにしましょう。

自分の身体のためにも十分に気を付けることが大事です。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る