プロペシアを個人輸入するには

プロペシアを購入する方法

imasia_13766230_M

育毛に対して大きな効果を実感できるとして、日本でも多くの方から注目を集めているプロペシア。

病院にて処方してもらったりネット通販を利用して購入したりと、様々な入手方法がありますが、その内の一つとして個人輸入による方法が挙げられます。

この個人輸入とはどのような方法で行われるものなのでしょうか?

個人輸入による購入

ネット通販とも似ている個人輸入ですが、直接海外のお店から購入するという点で大きな違いがあります。

個人輸入には、海外にある通販会社から直接自分で輸入するという方法と、国内にある輸入代行業者を利用する方法の2つがあります。

自身で直接購入する方法であれば、安く早く手に入れることができます。

しかし、英語が全く分からない、あるいは輸入に関する知識が全くないということであれば、輸入代行業者を利用して取り寄せた方が安心です。

直接輸入・代行業者を利用して輸入

直接輸入する方法の大きなメリットは、やはり安く購入できるという点でしょう。輸入に関する知識を持っており、過去に他の製品を購入した経験を持っている方であれば、この直接輸入による方法がお勧めです。

手元にも早く届きますから、安く早く手に入れたいならこちらを利用するといいでしょう。

代行業者や輸入支援サイトなどを利用する場合には、英語を話せなくても問題ありませんし、検品をしてくれるところもあるため、信頼性が高く、安心して購入できるというメリットがあります。

それぞれの特徴を理解した上で、自分がどちらを利用したら良いのか検討してみると良いでしょう。

医薬品の個人輸入はルールを守れば違法ではない

ジェネリック育毛剤は通販感覚で注文・購入ができますが、厳密には通販(通信販売)ではなく、以下の個人輸入を代行してもらっていることになります。

1ヶ月に入手できる数の制限等がありますので、覚えておきましょう

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。
当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

  • 外用剤(毒薬、劇薬及び処方箋薬を除く。):標準サイズで1品目24個以内
  • 毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内
  • 上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヶ月分以内

引用元:厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入について

プロペシアを個人輸入で購入する

それでは、実際にプロペシアを購入することになった場合、どのような工程を踏めばいいのでしょうか?

また、購入する際にはどのようなことに注意しなければならないのでしょうか?

個人輸入で製品を取り寄せる

プロペシアを個人輸入する場合には、多くの方が代行業者を利用することになるでしょう。

業者を利用すれば、海外の製薬会社へプロペシア注文の手続きを行ってくれ、それを自宅へ発送するところまで代行してくれます。一人だと手間が掛かってしまい大変ですが、代行業者を利用することでスムーズに購入まで辿りつけるのです。

インターネットショッピングをするのと同じようなやり方でできるのが、代行業者の大きなメリットでしょう。

自分で直接取り寄せるよりも料金は多少高くなりますが、安全に購入したい方はこちらの利用をお勧めします。

料金について

病院で処方してもらう場合と個人輸入により購入した場合、料金の面でかなり大きく差が開きます。

通常であれば、1ヶ月分のプロペシアを処方してもらうと10,000円近く掛かるのに対し、直接個人輸入の場合には、1ヶ月分を5,000円以内で購入できるケースもあるのです。長く付き合うことになる薬ですから、利用者としてはできるだけ安い料金で抑えたいところでしょう。

また、個人輸入であれば、毎月病院へ行って処方してもらうという手間も省くことができます。

輸入と言うと少し抵抗を感じる方もいるかもしれません。

しかし、できるだけ費用を低く抑えたいと考えている方や、定期的に病院へ通うのを手間に感じている方は、こちらの購入方法も検討してみてはいかがでしょうか?

個人輸入で気を付けたいこと

06fdc068c46d987f04f4ee7670a52b6e_sプロペシアを個人輸入により入手するメリットについて挙げていきましたが、トラブルが発生する可能性があることも念頭に置いておかなければなりません。

まず知っておきたいのは、病院で処方されている薬ですから、当然ながら副作用があるということ。

例えば、性欲減退や発疹、肝機能の低下などです。

また、海外から取り寄せることになるため、日本製のものとは異なるということも知っておかなければなりません。

これらについては自己責任となり、何かが起こった場合にも自身で対処することになります。

副作用については、その薬の知識を持っていないまま購入してしまうと対処ができなくなり、それがトラブルにつながりかねません。病院でもらった場合も自身で取り寄せた場合も副作用の可能性があることに変わりはありませんが、知っているかいないかでは大きく異なります。

知識の無いまま購入することは危険ですので、まずはプロペシアに関する情報をしっかりと調べ、その後に取り寄せることが大切です。

その他、個人輸入の際に気を付けたいことを以下にまとめました。

  1. 1万円を超えてしまった場合、関税が発生する
  2. 事業所などに届けてもらえないケースもある

忘れてはいけないのは、あくまでも個人輸入の場合には、全て自己責任になるということ。それを忘れずに、トラブルなく利用しましょう。

知識を持って購入を

インターネットの普及により、手軽に購入できるようになったプロペシアですが、忘れてはならないのは、あくまでも「薬」であるということ。

個人輸入により購入を検討している方は、まずどのような副作用があるのか、どういった方は服用できないのかなどをしっかりと把握した上で取り寄せるようにしましょう。

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る