プロペシアの副作用

どんな副作用があるのか?

プロペシアは、育毛治療に効果的な薬としてとても評判。認知度も高く、利用者も多いと言われています。

しかし、様々な副作用があり、安易な使用はリスクが伴います。そのリスクについて、皆さんはご存知でしょうか?

フィナステリドの副作用

プロペシア錠の主な成分である、「フィナステリド」。

以前、リスク解明のために臨床実験が実施されました。そのデータを見てみると、内臓の違和感や性欲減退などの副作用が確認できます。

しかし、どれも軽度の症状で、発症率も低いことが分かっています。確かにリスクが伴う薬ではありますが、あまりに敏感になる必要はないかもしれません。

プロペシアの副作用について

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_sフィナステリドは、さきほど紹介した通り、育毛治療に大きな効果を発揮する治療薬です。

しかし、この使用方法が発見されたのは最近の話。元々は、「前立腺肥大症」、の有効薬として、20年以上も使われてきた薬です。

前立腺肥大症に使用する場合は、服用量が多くなるので、それと比例するように副作用に悩まされる人々はたくさんいます。

このイメージを持っている方が結構な数いることから、育毛治療の際も同様のリスクが伴うのでは?思われがち。

実際は、育毛に利用する際の使用量はかなり少なく、副作用に悩まされる確率は非常に低いです。

発症したケースもありますが、患者数全体の約6%のみ。しかも、症状は軽度というので、危険性はあまりないといえるのではないでしょうか。

プロペシアの副作用はプラシーボ効果によるもの?

風邪薬、整腸剤、頭痛薬など。どの薬であっても、副作用は必ず存在します。

そのなか、多くの薬はリスクを度外視して摂取されていますが、なぜ「プロペシア」は副作用が強いと懸念されているのでしょうか?

まずは、発症の割合が低く、症状も軽いことを知られていない点が一つあるでしょう。

薬の認知度が高い割に、効果に関する認知度はとても低いです。

そして、もう一つに「プラシーボ効果」による影響が考えられます。

プロペシアが引き起こす副作用の中でも、注目されるのは性欲の減退、勃起不全の二つ。男性にとっては一大事な問題でしょう。

その効果だけが一人歩きし、思いこみによる障害が発生しているとのデータがあります。

実際は薬によるものではない場合が多いので、自身の認識を変えてみてはいかがでしょうか?

摂取量には注意

このように認識を変えるだけで、副作用に悩まされることがなくなるかもしれません。

基本的にプロペシアはリスクの少ない薬です。

ただ、摂取量には注意しなければならないでしょう。薬の過剰摂取は身体にトラブルを起こしやすい危険な行為。

こちらも他の薬と同じように、あまりに多くの量を摂取してしまえば、副作用の確立は随分と上がりますので、十分に気を付けるようにしてください。

量を増やしたからといって、効能が上がることはありません。

規定の摂取量を守り、それに沿った使用法を続けるようにしましょう。

 

その他の副作用

f002ae1a08cef216dee5c880bce4c49b_sプロペシアを服用した人の声を探すために、インターネットの口コミを利用する人は多いことでしょう。

しかし、育毛効果は人それぞれであり、それに対して、感じることも異なります。

また、専門的な知識を持たない人が、あることないことを言っている場合もあるため、そういった口コミを利用する際には、細心の注意が必要です。

プロペシアについて調べている時に、「血圧症患者がプロペシアを服用してはならない」という噂を耳にしたことは無いでしょうか?

そういった噂では、「プロペシアには血圧を下げる効果があるため、血圧に不安のあるお年寄りは使用を控えなさい」という文言も並んで見受けられます。

しかし、プロペシアには血圧を降下させる成分は全く含有されておらず、根も葉もない噂話でしかありません。このような噂話の実態には、おそらく、塗布薬であるミノキシジルとの併用に関連して、知識の無い人から漏れ伝わったというものがあります。

もともと、ミノキシジルは高血圧の方向けの内服薬として使用されていました。

ミノキシジルは、プロペシアとの併用が多いため、混同して上記のような噂話が出回ってしまったのでしょう。

また、ミノキシジルが高血圧を下げるための薬ではありますが、これは内服した際の効能です。

ミノキシジルは現在、内服薬としては販売されていません。塗布薬として利用されていますので、高血圧の方でも心配はいらないでしょう。

個人差がある

薬の効果とは、個人差があるもの。周りの人々、口コミの評価がどれだけ高い商品でも、自分に合うとは限りません。

そして、それは副作用も同様です。どれだけ安全だと言われる商品でも、自分にはリスクが伴ってくるかもしれません。

薬を上手に使用するためにも、出来る限りの知識を仕入れ、確実な自己判断ができるようにしてください。

医師などの専門家に相談するのも一つの手でしょう。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る