ジェネリック育毛剤「フィナロ」の特徴

フィナロとは

フィナロは安価なジェネリック医薬品です。フィナロ プロペシアと同じフィナステリド錠剤の1種で、AGA(男性型脱毛症)の治療や頭髪の育毛などに大きな効果が期待されています。

フィナロのフィナステリド含有量は1錠あたり1mg そして、一部では発がん性であると疑われているキナリンイエローを使用していません。

製造元は、インドのインタス社。日本本社もあるアストラゼネカとライセンス規約を結んでいる会社です。

フィナロの効果

フィナロに含まれるフィナステリドには、男性ホルモンの変化によって分泌される脱毛ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える作用が認められています。

服用を始めてから効果が現れるまでに、早い方でも3ヶ月、遅くても6ヶ月を必要とします。即効性が無い事は理解しておいて下さい。

もちろん、効果には個人差がありますが、AGA対策は時間をかけてゆっくり行っていくものです。 諦めず服用を続けましょう。

フィナロの使用方法

PPH_bisinessnote500

フィナロは一日1錠を服用、6ヶ月続ける

成人男性は一日あたり1錠を、毎日服用します。できれば毎日決まった時間に飲むのが効果的な使用方法。

また、服用開始から6ヶ月を一つの節目と考え、6ヶ月を過ぎても効果が現れない場合は服用の中止してください。

6ヶ月以上服用する場合も定期的に効果が出ているかをチェックし、継続の必要性について検討しましょう。

フィナロを服用して男性ホルモンのひとつ、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることは、男性型脱毛症の治療方法の中でも脱毛症の根本的な原因を解決する方法です。

ホルモンバランスを整える、つまり体質改善をして育毛するわけですから結果が出るのには時間がかかります。

女性は服用できませんのでご注意ください。

フィナロの副作用

フィナステリド系の薬に共通の内容ですが、以下のような副作用が懸念されます。

男性ホルモン抑制に伴う性欲低下・男性機能の低下 肝機能障害・吐き気など内蔵ダメージ 頭痛・食欲不振 身体がかゆい・発疹など皮膚疾患

などがあります。

とくに注意したいのが、肝臓に関する副作用。

ホルモンに作用する薬は、肝臓に大きな負担がかかります。既往症に肝臓系の疾患がある方は、医師に相談してから服薬をはじめるようにしてください。

他、飲酒、喫煙習慣がある場合も要注意。 発症率が高い副作用ではないですが、多少のリスクがあることを覚えておきましょう。

フィナロを使用するメリット

MAX76_gjmax20140531500   フィナロは安価なジェネリック薬品です。

「プロペシアの1回分が約200円」に対して「フィナロは1回分約61円」です。 年間で「約5万円のコストカット」になります。

ジェネリック医薬品を上手に使うことで治療にかかるコストを抑えることができ、無駄なく安心して治療を継続することができるのです。

しかし、薬の種類によっては正規品からジェネリックへの変更が難しい場合もありますので、必ず専門家の意見を仰ぎ、服用することをお勧めします。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。

日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。

法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る