プロスカーのAGAに対する効能を知ろう

フィナステリドの効能を知ろう

プロスカーやプロペシアが薄毛の治療や育毛に有効なのは、主要成分であるフィナステリドの効能に男性型脱毛症に対する効果が認められているからです。

しかし、フィナステリドがすべての薄毛や抜け毛に悩む男性に効果的かというとそうではありません。

自分の判断でAGA(男性型脱毛症)だと判断してフィナステリドの服用を続けていても実は全く違うところに原因があるかもしれないのです。

プロスカーやプロペシアを正しく使用するには、フィナステリドの効能や性質、髪の毛が生えるメカニズム、育毛効果、また自分がどのようなタイプの薄毛かなどについて理解する必要があるのです。

フィナステリドはAGAにのみ高い効果を発揮します

ここ数年で、AGA(男性型脱毛症)を治療によって克服するという認識はだんだん高まってきています。

“AGAはお医者さんで治ります”というようなTVCMが放送されていたり、雑誌などでも広く扱われたりしていたためです。

しかし、単純に≪薄毛や若ハゲ=AGA(男性型脱毛症)≫とは限りません。

プロスカーやプロペシアの主要成分フィナステリドはAGAにのみ効果が認められているのでほかの原因による薄毛には効果はありません。そこで、まず自分が本当に自分の薄毛はAGAによるものなのかを調べる必要があります。

また、フィナステリドの効能やメリット・デメリットを理解して正しく使用することによって育毛効果や発毛効果を実感できAGAを克服することができるのです。

高い効果が世界各国で認められています

dl0a9983現在、男性型脱毛症にもっとも有効な内服薬はフィナステリド含有のプロペシアやプロスカーとされています。

自分の薄毛の原因がどこにあるのかは、専門のクリニックで診断してもらう。

髪の毛の後退部分や頭皮の状態などを調べ、確かめることができます。フィナステリドの服用を始める場合には、自分の薄毛の原因を突き止めましょう。

プロペシアは、現在日本を含む世界60か国で認可されていて効果に実績や信憑性があるAGA治療薬だけあり、臨床実験のデータなどをみても高い確率で発毛を実感することができています。

プロスカーも使用方法は少し異なりますが、成分的には全く同じなのでAGA(男性型脱毛症)による脱毛症状に高い効果が期待できます。

プロスカー(フィナステリド)の効能について詳しく知ろう

プロスカーとプロペシアの効能に差はあるの?

フィナステリドはもともとドイツの大手製薬会社であるMerck KGaA(メルク社)が男性の前立腺肥大症の治療や前立腺がんの予防のために開発した成分です。

そして前立腺治療に最適な5㎎のフィナステリドを1錠に加工して、生産・販売されたものがプロスカーです。

その後、プロスカーを前立腺治療に使用したときの副作用として頭髪の増加が認められ、再びメルク社によって薄毛治療の薬としても研究や開発が始まったのです。

その結果、上限1㎎までのフィナステリドを継続して服用することで、抜け毛の阻止や発毛、育毛に効果が表れると判明し、1997年に1錠に1㎎含有のAGA専用治療薬プロペシアが誕生しました。

ようするに、プロスカーはプロペシアよりも先に販売されていて、しかもどちらも同じ製薬会社が開発や販売を手掛けているので後発医薬品ともジェネリック医薬品とも違う正規のフィナステリド製薬ということになります。

つまり、この2つはフィナステリドの含有量は異なりますがAGA治療おける効能は全く変わることはありません。

プロスカー(フィナステリド)発毛メカニズム

まず、男性ホルモンの1つにテストステロンという男性的な発育や成長においてとても重要な役割をするホルモンがあります。

しかし、このテストスロテンは遺伝や加齢など何らかの理由によって還元酵素5αリダクターゼという物質と結合してしまうと、薄毛の元凶であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

本来、健康な人の髪の毛は発毛サイクルにしたがって抜けた分だけ新しい毛髪が生えてくるので薄毛になることはありません。

生成されたDHTは、毛乳頭の細胞に存在しているレセプターと呼ばれる受容体に発毛サイクルを狂わせるように指示を出します。

それによって発毛のサイクルが停止状態になってしまうため、抜けていくばかりで新しい髪の毛が生えてこなくなってしまう。

これが男性型脱毛症(AGA)の原因です。そこで、フィナステリドの出番です。

フィナステリドはDHTが生成される原因酵素5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります。

それによってDHTの生成を抑え、発毛サイクルを正常に整えることで発毛や育毛、抜け毛の予防などの効能を実感することができるのです。

AGA(男性型脱毛症)にしか効果はありません

phm06_0189-sフィナステリドはAGAには効果的に働き発毛や育毛に高い効果が期待できます。

身体の異常による脱毛や病気が原因の脱毛、先天的な無毛症、物理的な圧迫性脱毛症、円形脱毛症などには効果を示すことはありません。

自分ではAGAと思い込んでいたけれど、実際は全く違う原因で薄毛が進行しいていたためフィナステリドは意味がなかった。

そんなお金も時間も無駄になる悲しい可能性も考えられるのです。

本気で薄毛を克服したいのならば、専門のクリニックの受信やAGA診断などでまずは自分がどのような原因で薄毛なのかを知ることから始めましょう。

フィナステリドが発毛サイクルを整え薄毛を改善

プロスカーとプロペシアは開発された目的は違いますが、成分などは全く同じで男性型脱毛症(AGA)に対する効能も変わりません。

また、フィナステリドの服用によってDHTによって休止していた発毛サイクルが整い、抜け毛の減少や発毛、育毛など薄毛の克服につながります。

しかし、フィナステリドはAGAにのみ高い効果が期待できる薬なのでそれ以外の薄毛や脱毛症には効果を感じることはできません。

数か月服用しても効果が見られない場合使用を中止して専門医による診断を受けることをお勧めします。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る