プロスカーも用量を守れば副作用も怖くない

プロスカーは薄毛治療を目的として開発されていません

プロスカーは本来、薄毛の治療や育毛を目的として開発された薬ではありません。

含有成分は、AGA治療薬として日本で唯一認知されているプロペシアと変わらないのですが、1.0錠の含有量が異なるため用量を自分で調節して服用する必要があります。

プロペシアやプロスカーの主要成分フィナステリドは薄毛治療に高い効果を発揮しますが、1日の摂取量を守らなければ期待したような効果を得ることはできません。

フィナステリドの用量をしっかり守って薄毛を克服しましょう。

適正量以上の服用は副作用の可能性UP

453e2511f3f4be8f754e965348b5560a_sフィナステリドにはAGAの治療に適していますが、適切な用量以上の摂取を続けていると副作用が現れる可能性が高くなります。

用量や用法をまもって服用を続ける分には、副作用が起こる確率は6%程度と低く安全に続けられます。

しかし、フィナステリドによって重篤な肝機能障害がおこったという例も報告されているので、既定のされた用量以上を服用することは絶対に辞めましょう。

プロスカーを上手に使ってAGA克服!

フィナステリドは決められた用量以上を飲み続けたからと言って効き目が高くなるわけではありません。

それよりもきちんと規定量を飲み続けることで、効果を高めることができる治療薬です。

プロスカーは1錠の内のフィナステリド含有量が高いため服用の際には1錠を4、5分割して服用することでプロペシアと同等の発毛・育毛効果が認められています。

管理や服用の仕方は少し面倒かもしれませんが、上手に使用することでプロペシアと変わらない効果を得ることができます。

プロスカーは用量の管理が必要な薬です

現在、AGA治療薬として日本国内で認可されているフィナステリドの内服薬はプロペシアのみで、フィナステリド(プロペシア、プロスカー)の開発元、メルク社の日本法人MSD株式会社(メルク株式会社)から販売されています。

販売されているプロペシア錠は、0.2㎎と1.0㎎含有の2種類が販売されていてどちらも病院で医師の処方により手に入れることができますが、プロスカーはプロペシアと成分が全く同じにもかかわらず日本では認可されていません。

プロスカーが認可されていない理由

それは、メルク社の研究により男性の脱毛の阻止や育毛などに効果が現れるのは1日1㎎まででそれ以上は用量を増やしても効果に差が現われないと判明しています。

1錠に5㎎のフィナステリドが含有されているプロスカーは、AGA治療薬としては適切ではないと判断されているためです。

フィナステリドの用量について

まず、フィナステリドをAGA(男性型脱毛症)の治療に用いるとき、1日の服用量は1.0㎎までが上限とされています。

しかし、副作用の問題や効果の有無などを調べるために、はじめに病院で処方されるのは0.2㎎からという場合が多いようで、しばらく様子を見ながら必要に応じて1.0㎎まで増やしていくというのがAGA治療の基本です。

効果の表れ方には個人差があり、0.2㎎でも発毛を実感できる人もいれば1.0増やしてから効果を実感し始めた人など様々。

とはいっても、実は0.2㎎でも1.0臨床実験の結果でみるとわずかに1.0の方が効果が高くなっただけで劇的な差はないようです。

その反面、フィナステリドの用量を増やした途端に副作用が表れ始めることもあるようなので、初めてフィナステリドを服用するときはプロスカーのような個人輸入医薬品ではなく、専門の病院やクリニックで処方してもらった方が安心できるのではないでしょうか。

過剰摂取による副作用の危険性

dl058762プロスカーをAGAの治療に取り入れる場合、副作用についてきちんと理解し、用量を守って服用を続けることが大切です。

プロペシアやプロスカーの主な原料であるフィナステリドは、1日の用量を守って使用する分には副作用が現れる可能性は2%~5%とされていてそのほとんどが軽度の症状です。

しかし、用量を守らずに過剰摂取を続けることで後遺症が残るほどの副作用が現れる可能性もあります。主な副作用は男性機能に対するもので、「性欲の減退や無性欲症」、「性的機能不全(ED)」があげられ、フィナステリドの服用をやめても性的機能不

全の症状が持続したというデータもあります。身体的な副作用ならば、じんましんや全身のかゆみ、そう痒症、吐き気やおう吐などです。

フィナステリドの重篤な副作用

また、深刻な副作用はほとんど認められていませんが、唯一重篤な副作用とされているのはフィナステリドの利用による肝機能障害です。

このようにプロスカーを安全に効果的に利用したいのであれば、定められた用量をしっかりと守ることが大切です。

プロスカーは薬の管理が大切です

プロスカーはプロペシアと同じAGAの治療や育毛の治療に使用されるフィナステリド含有の治療薬ですが、輸入でしか手に入れることはできず高濃度の錠剤のため分割して用量を調節して服用する必要があります。

早く効果を感じたいからと過剰に摂取しても効果が高くなるわけではないので、副作用の危険性などもしっかりと理解したうえで治療に取り入れましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る