プロスカーの用法をきちんと知って対策!

プロスカーは安全?

プロスカーは本来では前立腺肥大症の治療のために開発された薬ですが、今では男性型脱毛症(AGA)の治療薬としても広く知られるようになりました。

しかし、現在の日本で唯一男性型脱毛症の治療薬として認可されているプロペシアのように頭髪の発毛や育毛などを目的として開発された薬ではないために、用法をしっかりと守って適切に服用する必要があります。

プロスカーやプロペシアの有効成分フィナステリドは決められた量以上の服用を続けたり、場合によっては錠剤に触れたたりしただけでいろいろな副作用に悩まされることになる場合もあるからです。

そんな少し扱いに注意が必要なイメージのあるプロスカーですが、安全に薄毛の治療や育毛に取り入れるにはどうしたらよいのでしょうか。

認可治療薬プロペシアと同様の効果

dlp04985現在、薄毛の治療や改善のために病院での処方が許可されている代表的なAGAの認可治療薬は1錠に1㎎のフィナステリドが含有されているプロペシアです。

プロスカーも同じフィナステリド含有の治療薬なのですが、プロスカーは前立腺肥大症の治療を前提として開発されているため1錠に5㎎という高容量のフィナステリドが含有。

そのため日本国内では前立腺肥大症の治療薬としては認可されていますがAGA治療薬としては未認可薬品という扱いです。

しかし、この2つは成分的には全く違いがなくプロスカーがAGAの治療に対してプロペシアと同じように抜け毛の抑制や発毛、育毛などに効果的であることは認められています。

安全性に関しても、プロペシアがAGA治療における副作用の危険性なども含めて認可薬として認められています。

プロスカーも用法をしっかり守りながら服用を続けることで副作用の可能性は極めて低く、プロペシアと同じようにAGAの治療に使用することができます。

プロスカーを上手に使用してたくさんの人が薄毛の改善を実感!

プロスカーは日本国内でこそAGAに対して未認可の治療薬ですが、プロペシアと同じ成分であること、プロスカーと男性型脱毛症に関する論文や海外での治療実績、使用実績などからAGAの治療や育毛には効果があると考えられます。

また、プロスカーがAGA治療に効果的という認識が広まり、日本でも使用する人が増えてきているので個人輸入代行業者などでも多く取り扱われるようになり比較的入手もしやすいようです。

実際にプロスカーを使用して発毛効果や育毛効果を実感している人のレビューや体験などもたくさん見つけることができることから、用法まもっての使用はプロペシアと変わらない効果を得ることができると考えてよいのではないでしょうか。

プロスカーの基礎と知識と正しい服用方法

プロスカー(フィナステリド)の基本情報
  • プロスカー(フィナステリド)の開発
    プロスカーは、ドイツに本社を構える医薬品や化学品の世界的企業Merck KGaA(メルク社)がアメリカのテキサス州からメキシコにかけて自生しているノコギリヤシの抽出エキスが持つ利尿作用や強壮効果などに着目して研究から開発を手掛けた化学合成薬品です。
  • フィナステリド
    男性の前立腺肥大症の治療を目的として開発された、プロペシアやプロスカーの主要成分。
    メルク社では1991年からフィナステリドの研究開発が始って、1992年には前立腺肥大症の治療薬としてプロスカーの販売が開始。その後、プロスカーの発毛力や育毛力に着目し同じくメルク社がAGA治療薬としてプロペシアを開発しました。
    現在、日本でプロペシアのみがAGA治療薬として認可されていて、プロスカーはまだ認可されてません。
    しかし前立腺肥大症の治療薬としては2005年に厚生労働省に認可されています。
  • 使用に適した年齢
    基本的には成人以上の男性。中でも、20歳から50歳ごろまでの若年性の男性型脱毛症や育毛に効果が期待できます。
    50歳以上でもなんらかの改善効果はみられるようですが、年齢とともに効果の期待値は下がっていくようです。
プロスカーの使用方法

プロスカーは、1日1回水かぬるま湯で服用します。
AGA治療薬として開発されたプロペシアの用に1錠に1日分のフィナステリドが含有されているのではなく、プロスカーにはプロペシアの4、5倍、つまり4~5日分のフィナステリドが含有されています。

そのため、プロスカーをAGA治療や育毛薬として使用するには1錠をピルカッターなどで4~5分割して使用する必要があります。

健康な人がプロスカー1錠を1度に服用することは、重大な副作用につながる恐れがあるので服用量の管理はしっかりと行うことが大切です。

また即効性はほとんど期待できず、最低でも3~6か月を超える長期的な服用が必要になります。

プロスカーの使用において気を付けること

320369d1e316c263544b24586bb0613b_sプロスカーの効果が立証されているのは成人を過ぎている男性だけです。

未成年や女性などには副作用の危険性も高くなり、十分な効果も発揮されません。

また、妊娠中の女性に対してプロスカーの有効成分フィナステリドは、胎児の生殖器や生殖機能に重大な障害をもたらす可能性があります。

そして、直接服用しなくても、錠剤を分割した際の断面に触れるだけでも皮膚を通して体内に浸透するので妊娠している女性と同居している場合など取扱いや保管には細心の注意が必要です。

用法を守って上手に服用しよう

このようにプロスカーはAGA認可治療薬であるプロペシアと同じ成分を持ち同等の効果に期待ができますが、服用のたびにピルカッターでの分割や保管など取扱いに細心の注意を払う必要があります。

しかし、用法をしっかり守って服用する分にはコストパフォーマンスに優れていて、長期間の服用が必要になるAGA治療には最適です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る