プロスカーは副作用を理解した上で利用する

育毛剤・プロスカーに配合されている成分とは

a26f2fcc67a64714e66054541e53eaab_s飲む育毛剤として最も有名であるのがプロペシアです。

プロペシアには、育毛の有効成分であるフィナステリドが1錠につき1ミリグラムの割合で配合されています。

プロスカーにはいったいどれくらいのフィナステリドが配合されているのでしょうか。

実は、プロスカーには1錠につき5ミリグラムものフィナステリドが配合されています。この数字だけを見ると、プロスカーはプロペシアより優秀な育毛剤であるかのように思えますね。

ですが、その陰には大きな副作用が隠されています。

配合量をよく考えましょう

1錠に5ミリグラムものフィナステリドを含有しているプロスカーは、副作用が懸念されるため、専門家の間では声を大にして注意を呼び掛けています。

それにも関わらず、飛ぶように売れているというプロスカー。

その大きな理由に、プロスカーはジェネリックではないのにも関わらず、非常に安価で手に入るという事実が存在します。

現在、プロスカーは個人輸入により海外の業者から入手することができますが、その性質を十分に理解しないまま服用してしまうことは、大変危険です。

個人輸入の落とし穴とは

服用タイプの育毛剤であるプロスカーは、個人輸入で簡単に入手することが可能です。

ですが、厚生労働省より認可を受けた国内産の医薬品では認められない危険性を、海外から個人輸入した医薬品は含有している恐れがあります。

また、国内産の医薬品と比較した場合、海外製品は品質が劣っていたり、成分表示が曖昧であったりすることがあります。安価であっても、安全性の認められない医薬品を安易に服用することは危険です。

もしも、あなたが個人輸入で手に入れたプロスカーを服用したいのであれば、ひとまずその成分を詳しく分析した上で服用することをお勧めします。

知らないと危険です。プロスカーの副作用について

服用タイプのプロペシアのジェネリックは数種類存在しています。

ですが、ジェネリックに対し抵抗を感じる方も多いのではないかと思います。

そのような方が真っ先に飛びつく服用タイプの育毛剤に、プロスカーがあります。

ですが、プロスカーは副作用を引き起こす可能性が非常に高く、その安全性を問題視する声も多く上がっています。

プロスカーに配合されているフィナステリドについて
  • プロペシアは1錠につき1ミリグラムを含有
  • プロスカーは1錠につき5ミリグラムを含有

フィナステリドの含有量にだけ着目すると、プロスカーはかなりお買い得であると錯覚しがちですね。

ところが、フィナステリドを1回につき1ミリグラム以上服用することは非常に危険であるため、5分割した1個を服用する必要があります。

そもそも、プロスカーは別の目的で開発された薬です

プロスカーを服用する前に、まずはプロスカーが開発された背景を知っておきましょう。

それでは、プロペシアとプロスカーを比較しながらお話をさせて頂くことにします。

まず、プロペシアとプロスカーは、ドイツに本社を構えたメルク社により開発された医薬品であることを知っておきましょう。

前立腺肥大による疾病の治療

プロスカーは、もともと前立せん肥大により起こる排尿痛や頻尿、残尿を治療するために開発された薬であり、育毛を目的としているものではありません。

育毛を促て開発されたのがプロペシアであるということです。

プロスカーの副作用とは

dl23987

  • 性欲減退
  • ED(勃起不全)
  • 射精障害、精子の減少
  • アレルギー反応

これは、プロスカーを5分割にした1つを服用した場合に現れる可能性のある副作用です。ということは、育毛剤として開発されたプロペシアと同様の副作用が現れる可能性があるということです。

また、錠剤を分割する際に、細かな破片に妊娠している、またはその可能性のある女性が触れてしまうと、胎児の発育に重大な影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

つまり、手間がかかるうえに破片が飛び散るなど、他者に対しても重大影響を与えやすいのがプロスカーであるということです。

また、プロスカーは個人輸入で入手することができますが、流通ルートや品質に関してはすべて自己責任となります。

このように大きなリスクを背負ったプロスカーは、できれば服用を避けることがベストであると考えることができますね。

経済性よりも安全性を重視しましょう

プロスカーが他者にも重大な影響を及ぼす可能性のある薬であることをご理解頂けたのではないかと思います。

育毛を考え始めると、他の部分に目を向けなくなる方もいます。ですが、それは大変危険です。

プロスカーを服用する際には、他者への気遣い、そして自己責任で取り扱わなければならないということを覚えておきましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。

日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る