フィナロのお得な容量

フィナロの容量や購入のしかた

薬やサプリメントを購入するにあたって気になるのは成分や栄養素が含まれる量、そして価格ではないでしょうか。

せっかく買うのだからコストパフォーマンスの具合も知っておき、それを踏まえて購入したいですよね。

また、医薬品だけどドラッグストアや薬局で買えるのか、処方して貰うならどんな病院へ行けばいいのかなど、購入方法も気になる人が多いと思います。

それでは、フィナロの容量や購入方法を見てみましょう。

一箱の容量は100錠、輸入して購入する

フィナロは1錠に1日分の有効成分が含まれています。医薬品ですが、日本国内では直接購入したり処方してもらったりすることができないので、海外から取り寄せて購入します。

30錠から販売されている場合もありますが、基本的に100錠が一箱に入っていますので、100錠・200錠といった箱単位の数量で購入するのが一般的です。

コストの面からもまとめて購入するのが便利

男性型脱毛症を改善して育毛する薬はどれも即効性があるわけではなく、何ヶ月間かは継続して使用する必要があります。

フィナロも同様です。有効成分がしっかりと含まれ、数ヶ月分まとめて購入できるので継続しやすい仕様になっています。

海外から取り寄せるのですから、店頭で買ってすぐ使える薬とは違って手元に届くまでに時間や送料がかかります。

飲み続けるには数が必要なのでいくらかまとまった数を購入した方が便利ですね。

医薬品としてのフィナロの特徴

フィナロは医薬品の育毛剤の中でも比較的購入しやすい価格で取り扱われています。

しかし、日本国内では販売されていないことに不便さを感じる人も少なくないでしょう。フィナロの価格設定や販売地域にはそれぞれ理由があるのです。

フィナロはジェネリック医薬品です

phm06_0437-sフィナロはプロペシアという育毛用の先発医薬品の特許内容を基に、成分や製法を利用して作られたジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
プロペシアはアメリカの会社によって開発が始まり、日本でも2005年に厚生労働省の承認を受けて国内での発売が開始されました。

一方フィナロはインドに本社を置く会社が製造・販売している比較的新しい薬で、厚生労働省の承認は出ていません。

医薬品の開発には、10年~20年ほどの膨大な期間と巨額の費用がかかります。そして国からの承認を受けるために臨床試験や品質・有効性・安全性の証明をするなど数多くの手続きを経なければならないので、時間がさらにかかります。

それに対しジェネリック医薬品は、先発医薬品のデータを基にして作られるので時間も費用も先発医薬品に比べてかなり抑えることができます。

また、先発医薬品で有効性や安全性が明確になっているため、承認申請をする際も試験項目や書類手続きが少なくて済みます。

その結果、ジェネリック医薬品は安い費用で開発することができ、先発医薬品と比べると購入しやすい販売価格になっているものが多いのです。

1錠に十分な有効成分が含まれています

フィナロに含まれるフィナステリドは1錠あたり1mgで、これは一日あたりの摂取上限量です。

フィナロはプロペシアの成分と製法を利用しているので、有効成分量はプロペシアと同じです。

有効性が同じ薬をより安い価格で購入することができるのが、フィナロの魅力の一つなんですね。

個人輸入か輸入代行サイトを介して購入します

フィナロは厚生労働省の承認を受けていないため、日本国内で処方してもらったり直接購入したりすることはできません。

したがって個人輸入するかインターネットで輸入代行サイトを介して購入することになります。

dl3344098輸入代行サイトを利用すると届くまでに時間がかかったり送料が割高になったりすることがあります。

個人輸入の場合は外国語のスキルがないと手続きやトラブルが起きた時に対応が難しくなることや、現地の販売業者が国外に住む個人とは直接取引を行っていない場合があります。

輸入代行サイトを介する場合、どのサイトを利用するかにもよりますが、100錠(約3ヶ月分)で数千円程度(2014年11月時点で3000~4000円程度)の値段で購入することができます。

外国の商品を輸入するので為替レートによって価格は変化します。

プロペシアは皮膚科で医師の診察を受けて処方してもらうことができますが、有効成分のフィナステリドは国民健康保険適用外です。

フィナステリドは即効性のある成分ではなく、6ヶ月ほどは継続して服用する必要があるため、定期的に服用すればかなりの高額な費用がかかります。

個人輸入か輸入代行サイトを介しての購入でも、フィナロは非常にお求めやすく継続しやすい価格になっています。

保険が利かない薬でも続けやすい

日本国内では薄毛や脱毛症が病気として認定されていません。

脱毛症の原因が皮膚炎の場合は炎症を抑える薬が国民健康保険を適用した上で処方されますが、男性型脱毛症はそうではないので適用外になります。

そのため医薬品のプロペシアを使用するには高額な費用が必要だったのですが、フィナロなどのジェネリック医薬品の登場により、医薬品を使う育毛の開始と継続のハードルはかなり下がりました。

フィナロは国内での直接購入はできませんが、比較的安価なコストで服用することができます。服用を始める場合は、自分に最適な購入方法を選んで必要量を準備しておきましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る