フィナロに含まれる有効成分

フィナロの有効成分”フィナステリド”とは

育毛の促進には食生活を改善して食品やサプリメントで栄養素の摂取を整えたり、育毛剤を頭皮に塗って外部から発毛を促したりする方法がありますが、その他にも医薬品であるフィナロを内服して育毛をする方法があります。

フィナロにはフィナステリドという有効成分が含まれているのですが、飲み薬のように体の中へ入るものは効能が気になりますよね。

フィナステリドは具体的にどんな成分で、どんな効果を持っているのでしょうか。

ホルモンバランスを整えるフィナステリド

フィナステリドはホルモンバランスを整える成分です。

脱毛の原因の一つとして男性ホルモンが過剰に分泌されることが挙げられますが、フィナステリドは男性ホルモンの分泌を抑え、抜け毛を減らして脱毛の進行を遅らせたり改善したりする効果があるのです。

ホルモンの生成過程に働きかけて効果を発揮する

GW196_L男性ホルモンの過剰分泌を抑えてホルモンバランスを整えるためには、十分な睡眠を摂る、規則正しい生活を送る、ストレスを溜めない、食生活の乱れを正す、ビタミンEやナイアシンを積極的に摂るといった方法があります。

しかしホルモンバランスの分泌量には遺伝も大きく関係している上、これらの方法だけでは育毛の成功に繋げるのは難しい場合もあります。

ホルモンの生成に直接働きかけるフィナステリドを服用することで、脱毛を抑制し育毛を促進することが出来るのです。

フィナステリドの働き方と効能を知り、活用する

脱毛症を改善するためにいくつかの方法の中から選んで実践する際には、その方法がどのようにして作用し効果を発揮するのかを知っておくことが大切です。

フィナステリドが効いていくメカニズム

人間は年を取るとだんだんと毛乳頭の働きが衰え、髪の毛の伸びが遅くなり頭髪も薄くなっていきます。

この加齢による脱毛と同じことが若い時に起こるのが、脱毛症のうちでも最も代表的な男性型脱毛症(AGA)です。髪の毛がどのように作られて伸びていくか、ご存じですか?

頭皮の毛穴の奥には毛乳頭があり、そこが髪の毛の根元になっています。毛乳頭から周囲にある毛母細胞へ栄養分や酸素が補給されることで髪の毛は成長します。

しかし、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロン(DHT)は皮脂腺に働きかけて過剰な皮脂を分泌させ、毛母細胞が栄養分を受け取るのを邪魔してしまい、髪の毛の成長を妨げて成長し切る前に抜け落ちる原因となります。

男性ホルモンが過剰に分泌されると脱毛が進むのはこのためです。

フィナステリドは、男性ホルモンのひとつであるテストステロン(TH)をジヒドロテストステロンに還元する働きを持つ酵素を阻害することで、ジヒドロテストステロンが生成される量を抑え、髪の毛が成長できる環境を作り脱毛の進行を遅らせたり止めたりすることができるのです。

男性特有の病気の治療にも使われています

フィナステリドは前立腺肥大症や前立腺がんの治療にも使われています。

前立腺の病気が発症する原因はまだはっきりとはわかっていませんが、要因の一つとしてホルモンバランスの変化による影響が明らかになっています。

前立腺肥大症も前立腺がんも、どちらもジヒドロテストステロンを含む男性ホルモンが刺激になって細胞分裂を促し、その結果前立腺の肥大やがんの分化・増殖に繋がります。

フィナステリドがジヒドロテストステロンの生成を抑えることで、病状の進行を遅くしたり停止させたりする効果があります。

臨床試験でも90%以上の人が効果を実感しています

フィナステリドの効果は臨床実験でも明らかにされています。

日本で行われた臨床実験では、1年の服用期間で脱毛が「進行した(髪が減った)」と答えた人は2%、「維持できている」が40%、「改善した(髪が増えた)」は58%でした。その後も服用期間を2年、3年と続けた結果、「進行した」と答えた人は毎回2%だったのに対して、「維持できている」は2年で30%、3年で20%になり、「改善した」人は2年で68%、3年で78%という結果になりました。

つまり、3年間の継続した服用で育毛効果があった人は78%、脱毛症の進行が止まった人は98%にもなるのです。

また、長さや太さといった髪の毛の質も良くなっていることがわかっています。

女性が使うことは出来ません

一つ注意しておきたいのが、フィナステリドは女性の育毛には使うことができない点です。

特に妊娠中の女性は胎児に影響が出る恐れがあります。

ホルモンバランスを整える手段の一つである

phdi034-s頭皮に塗る育毛剤は、毛乳頭に栄養補給するものか頭皮の血液循環を改善するもの、もしくは両方を組み合わせたものがあります。

効果を実感するには使用する人に合ったものを選ぶことが大事ですが、どのタイプの育毛剤でも頭皮の毛穴の奥深くにある毛母細胞へ成分が届かなければなりません。

また、ホルモンバランスの乱れは食事や生活習慣の改善によって正すこともできますが、それだけでは脱毛の進行を抑えて育毛を促進するには至らないこともあります。

頭皮の過剰な皮脂で毛穴が塞がれてしまうのを防いで育毛を成功させるには、フィナステリドの効果で脱毛症を抑えることも一つの方法です。

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る