個人輸入もできるフィナロでAGA対策

AGAの治療にはフィナロを活用すると良い

男性型脱毛症「AGA」は、思春期以降の男性にあらわれる脱毛症の一種です。頭頂部や生え際などを中心にして、全体的に薄毛が進行してしまう病気であり、男性ホルモンが原因と考えられています。

この男性型脱毛症「AGA」に効果的であるとされているのが、ジェネリック育毛剤「フィナロ」です。

ジェネリック医薬品であるフィナロは、育毛効果のある医薬品として、多方面からの注目を集めています。

医師の処方以外でも、個人輸入でも手に入れることが出来る医薬品となっています。

フィナロがAGAに効果的である仕組みとは?

dl058762フィナロに含まれている有効成分「フィナステリド」は、男性ホルモンに直接関与することが出来る物質です。

本来男性型脱毛症「AGA」は、男性ホルモンの過剰な分泌と、不必要な働きが原因で引き起こされてしまう症状です。

骨や筋肉を作るはずのテストステロンが、還元酵素「5aリダクターゼ」と結びつき、活性型男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」となってしまうことが、男性型脱毛症「AGA」のそもそもの始まりです。

このジヒドロテストステロンは、皮脂分泌のバランスを狂わせてしまう働きもあるため、必要以上に皮脂が分泌されてしまい、頭皮にも悪影響が出てしまう場合があります。

育毛サイクルが乱れてしまうため、健康的な毛が育ちにくくなり、薄くて細い毛が増えて、早い段階で抜けてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

また、男性型脱毛症「AGA」は進行性の病気であるため、この症状は進行し、更に悩ましい状態になってしまう可能性もあります。

フィナロは還元酵素の働きを邪魔することが出来る!

フィナロに含まれている「フィナステリド」は、男性型脱毛症「AGA」の原因となるジヒドロテストステロンを発生させてしまう還元酵素の働きを弱めることができます。

そもそもの物質である還元酵素である5aリダクターゼは、主に毛乳頭や皮脂腺に存在しており、テストステロンの一部と結合して、「ビジドロテストステロン」となってしまいます。

私たちの身体には育毛サイクルが存在しており、毛根の毛母細胞の分裂から新たな髪の毛が生まれますが、このジヒドロテストステロンによって、成長期が短くなり、更に休止期が長くなってしまう可能性があるのです。

フィナロは、この還元酵素5aリダクターゼの働きを阻害するタイプの医薬品であるため、そもそものジヒドロテストステロンが生まれることを防ぐことから、男性型脱毛症「AGA」の治療を進めていけるのです。

フィナロの有効活用と育毛サイクルの関係

私たちの身体と育毛サイクル

私たちの毛髪には、一定のサイクルが存在しています。

これは「育毛サイクル」や「毛周期」と呼ばれており、そのリズムや程度には個人差があり、また時と場合によって変化することも多いです。

まず、毛根にある毛母細胞の分裂によって髪の毛の元が生まれます。この髪の毛は、ある程度成長すると3週間程度の退行期に入ります。

このあとは、次の成長期に向けて、一旦髪の毛が抜け落ちる休止期です。3ヶ月程度に及びます。そしてまた成長期へと入る一連の流れがあるのです。

全体の約9割が成長期であり、残り約1割が休止期、退行期は更にその十分の一程度の期間ですが、これはあくまで健康的で正しいサイクルの場合です。

男性型脱毛症「AGA」を発症してしまうと、この育毛サイクルに乱れが生じます。成長期が短くなってしまい、休止期が長くなってしまうため、太く健康的な髪の毛が育つ前に、抜けてしまうのです。

フィナロを活用する理由とは?

男性型脱毛症「AGA」にフィナロを活用するのは、上記のような育毛サイクルの乱れを修正することが出来るからです。

そもそも、男性ホルモンの異常活動によって育毛サイクルが乱れてしまっているわけですから、この男性ホルモンのバランスを整える医薬品であるフィナロは、まさにうってつけの治療方法なのです。

一日に一回の服用で、効果が現われてからも持続するため、服用を続けていく必要があります。継続をすることが重要であるため、無理のない治療プランを考えて、計画的かつ臨機応変な対応が出来るようにしましょう。

フィナロは個人でも治療に活かせる医薬品

dl09998r3フィナロはジェネリック医薬品です。開発費がゼロから発生するタイプの医薬品ではないため、コストを抑えることが出来るメリットがあります。

そのため価格が安価で安定しているという嬉しいポイントがあります。

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。
当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

  • 外用剤(毒薬、劇薬及び処方箋薬を除く。):標準サイズで1品目24個以内
  • 毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内
  • 上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヶ月分以内

引用元:厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入について

フィナロは医師から処方される場合もありますが、個人で購入することも可能です。個人輸入の代行業者などもあります。

医師の診断を受けなくても、自分で計画的に治療を進めていける人であれば、手軽に始めやすい男性型脱毛症「AGA」の治療方法であると言えるのです。

個人輸入の場合は、正しいルートで適切な価格で取引をしている業者を利用するようにしてください。

また、健康を考えて計画的な服用を進めるようにしましょう。

フィナロは個人でも活用出来る医薬品

フィナロは男性型脱毛症「AGA」に有効なジェネリック医薬品であり、個人輸入も可能です。

育毛サイクルを整えるタイプの医薬品であるため、計画的な服用を心がけましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る