フィナロはキナリンイエロー副作用の心配なし

キナリンイエローの発ガンリスク知っていますか?

プロペシアのジエネリックとして流通しているフィンペシア。プロペシアと同容量のフィナステリドを含んでいるのに、価格が手頃。

コストをおさえつつ、服薬治療を進めたい方に選ばれている薬です。

知名度が高い薬ではありますが、フィンペシアのコーティング剤キリンイエローに発ガンリスクがあることはご存知でしょうか。

直接の因果関係は実証されていないため、過度に心配する必要はありませんが、ガン家系の方にとっては気がかりのはず。

フィンペシア系の薬で、キリンイエローフリーの商品はないかと考えるのは当然です。

キナリンイエローフリーのジェネリックならフィナロ

dl47363そこで注目されはじめたのが、キリンイエローフリー(キリンイエロー不使用)のジェネリック治療薬フィナロです。

キリンイエローの代わりにコーティング剤は酸化チタン採用、発ガンリスクを懸念する方でも安心して服薬できます。

薄毛に悩む男性は、繊細で心配性の方が多いはず。自分が飲んでいる薬にガンのリスクがあると知ったら、大きなストレスを感じることでしょう。

ストレスは、育毛治療に大きなマイナス。「フィンペシアの副作用はどうしても心配」と感じるようなら、フィナロへ切り替えを行えば安心して治療に専念できます。

フィナロの有効成分はフィンペシアと同じ

服薬治療をはじめたら継続が重要、と言われます。「飲んでいる途中で、薬を切り替えて、また治療のやり直しになるのでは」と不安を感じる方もいることでしょう。

フィンペシアからフィナロへの切り替えであれば、有効成分が同じなので、効果に大きな差がつく心配はほぼありません。

どちらもプロペシアのジェネリックとして開発された薬品で、価格帯はほぼ同じ。1日1錠、決まった時間に飲み続けるだけ、と、服薬方法も変わりません。

「フィンペシアと同じ効能で、キリンイエローを使用していない治療薬を」と考える方には、もってこいの選択肢です。

ジェネリック治療薬フィナロについてもっと知る

「フィナロについてもう少し詳しく知りたい」と感じた方のために、製造元について、効果・効能、副作用等、基礎的な情報を紹介します。

個人輸入は、薬の安全性、効果について、十分に理解しておくことが重要。購入前に目を通し、安心して購入できるようにしてください。

フィナロの抜け毛防止効果について

フィナロは、有効成分フィナステリドの働きでDHTを抑制、ヘアサイクルの正常化を目指す薬です。

DHTは、まだ成長段階にある毛に対して、抜け毛信号を送る怖い存在。脱毛ホルモンとも言われる程、メジャーな抜け毛の原因です。

このホルモンが多量に発生し続ける限り、抜け毛の増加をくいとめることは、難しいと考えましょう。

そこで、活躍するのがフィナステリド。

DHT抑制効果については、アメリカの厚生労働省FDAの認可済、かつ、クリニックでもよく検討される信頼度の高い成分です。

フィナステリド含有治療薬として一般的なプロペシアは、薬価が高く、ジェネリック医薬品が注目されるようになりました。

フィナロも、そのうちの1つ。フィナステリド含有量が同じならば、プロペシアとほぼ同等の抜け毛防止効果を期待できます。

フィナロの副作用と服用時の注意点

フィナステリド系の薬に共通の内容ですが、以下のような副作用が懸念されます。

  • 男性ホルモン抑制に伴う性欲低下・男性機能の低下
  • 肝機能障害・吐き気など内蔵ダメージ
  • 頭痛・食欲不振
  • 身体がかゆい・発疹など皮膚疾患

とくに注意したいのが、肝臓に関する副作用。ホルモンに作用する薬は、肝臓に大きな負担がかかります。

既往症に肝臓系の疾患がある方は、医師に相談してから服薬をはじめるようにしてください。他、飲酒、喫煙習慣がある場合も要注意。

肝臓がオーバーワークになると、ひどいだるさ、内蔵がムカムカする、頭痛をまねき、生活の質が低下します。

発症率が高い副作用ではないとは言え、多少なりともリスクがあることは、頭の片隅で覚えておくのが賢明です。

既婚者はフィナロ保管場所の工夫も必須

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_sフィナロはじめ、フィスナステリド系の薬品は、男性専用の治療薬です。女性の服用はもちろんのこと手で触ることも禁止。

とくに、妊娠の可能性がある時に体内に薬が入ると、胎児に悪影響を与えるリスクがあります。

既婚男性で服薬を検討しているなら、妻や子どもに触らせないよう、保管場所を工夫しましょう。可能な限り、情報を家族に共有、危険性を説明の上、理解を求めることをおすすめします。

家族の身体にもしものことがあってからでは、取り返しがつきません。

「こっそり治療をしたいから」、安易な判断により、大切な人を傷つけることがないように、十分注意して頂ければと思います。

20代後半〜30代前半の薄毛進行予防にも

ここまで見てきたように、フィナロの主な効果は、「抜け毛防止」です。深刻な薄毛状態のケアだけではなく、20代後半〜30代前半、抜け毛が増え始めた年代の薄毛進行予防にも利用されます。

積極治療を考えなくてはいけないほど、薄毛が進行してから対策を行うのは大変です。早めの予防治療が、いつまでも若々しい髪を維持するための有効な手段。

40代、50代の自分のために、今からできる育毛対策を探している男性は、販売サイトを覗いてみるといいでしょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。

日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る