デュタスをはじめて購入する時の容量選び

デュタスはどの容量からスタートすべき?

30錠、50錠、150錠。個人輸入のホームページを覗くと、好きな容量だけデュパスを購入できるようになっています。

「初回購入はどの容量にしたらいいのか」迷ってしまう方も多いでしょう。

効果がでるまでの期間を知り判断目安に

9cfa5554154ff8086c578b2a34f947fe_sここでは、デュタスの使用量、効果がでるまでの期間から、初回購入に適した容量を考えてみます。

効果の感じ方には個人差があるものですが、1つの目安にはなるはずです。

育毛は、早期対策で改善可能性が高まります。一人で悩み続けている間に、取り返しがつかない程、抜け毛が進行してしまうかもしれません。

毎日減り続ける髪を眺めてため息をついているより、できる対策に挑戦してみるのが賢明だとは思いませんか。

デュタスの適切な服用で、ストレスが軽くなるかもしれません。

正規品指定の服薬量から算出した数値だから安心

悪質な輸入代行業者のホームページでは、商品を売りたいがための、無責任な記述が目立ちます。

すぐに効果がでるものではないことを理由に、初回購入で大容量パックを販売しようとする事例も後をたちません。

今回、紹介するおすすめ初回購入容量は、正規品販売サイトの記述をもとに算出した見解です。

正しい知識を持ち、自己責任で薬を購入することが、賢い消費者の条件。

髪のコンプレックスをいい事に、暴利を狙う業社の口車に乗らないために、冷静な判断ができる懸命さを持ちましょう。

デュタスで薄毛を改善!はじめて購入する場合のおすすめ容量

それでは、本題、おすすめ容量を考えていきます。医師の処方箋をお願いできない以上、自分なりの判断規準・指針を持つことが不可欠。

まずは、効果がでるまでに想定される必要期間と1日の服薬量から見ていきましょう。

効果がでるまでの必要期間から考えるおすすめ初回購入容量

海外の臨床試験では、デュタスの効果を見極めるため、24週間の服薬経過観察をしたとされています。

使用者の所感を見ても、3ヶ月〜半年程度で、髪の変化を感じる方が多いようです。

この数字を考慮すると、初回の効果判断には、約半年分180錠を購入すれば十分。いきなり300錠を購入する必要はありません。

150錠1パッケージで発売されていることが多いので、切りをよくするために、ここから挑戦しても良いかもしれません。

その分、1錠あたりの価格がぐんと抑えることができます。

抜け毛の本数を数えたり、鏡で頭頂部を観察したり。デュタスが自分に合うのかどうか、変化の兆候は少しでも見られるか、初回分で相性を見極めるようにしてください。

副作用が心配なら最低容量30錠からスタートも

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_sデュタスの最低購入数量は30錠としているサイトがほとんどです。よほど相性が良くない限り、この容量で効果を感じるには到らないと考えるのが妥当でしょう。

ただ、どうしても副作用が心配、という方は、服薬可能かどうかを試すために、30錠からはじめることも当然可能。

めまいやふらつき・吐き気を感じたり、薬疹がでたり、何らかのアレルギー反応がでるようなら、服薬を中止、様子をみましょう。

症状が重度の場合は、最寄りの病院に相談をしてください。皮膚疾患なら皮膚科、それ以外なら育毛クリニックや内科で診察を受けられます。

何科にかかったらいいのか迷ったら、ひとまず、内科もしくは総合病院に相談すれば、適切な科を紹介してもらえます。

初回を30錠注文の注意点としては、副作用がでないと考えて、継続したいと思っても、空白期間ができてしまうこと。

一薬を飲み始めたら欠かさないことが重要なので、飲みきった後に次のデュタスを注文しても、効果が薄くなることは心に留めておきましょう。

2回目以降はお得な制度を活用して薄毛対策の負担軽減

初回購入で少しでも良い変化が見られたら、後はどこまで忍耐強く継続できるかが、薄毛対策成功の鍵になります。

個人輸入の購入数限度には注意する必要がありますが、複数箱をまとめ買いすれば、経済的な負担は軽減できます。

他、個人輸入代行サイトによっては、他の薬と同時注文で一定金額の割引が使えたり、送料が安くなったり。お財布に優しくケアを進める工夫はたくさんあります。

法令遵守を意識しつつ、常備薬との同時注文を利用して、なるべくお得な無理のない育毛生活をスタートしましょう。

デュタスをやめた後のリバウンドに注意

数年間、デュタスを継続して、抜け毛が改善された後、薬をやめた瞬間に、薄毛のリバウンドを起こす方もいます。長年服薬を続けると、血中に薬がある状態に身体が慣れてしまうのが原因です。

デュタスの主な効能は、抜け毛防止なので、薬をやめて数ヶ月は、シャンプーする時の抜け毛の本数を注意深く見守りましょう。

一気に断薬しなくても、量を減らしながら、髪に負担がかかる市販シャンプーの使用を避けたり、亜鉛やビタミンを積極的に接種したり、自然療法に切り替えを進めていくのがおすすめです。

ダイエット同様、薄毛治療でも、ある程度回復した後の出口戦略は悩ましいもの。努力が無駄にならないように、気を抜かずに対処をしていきましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。

日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る