デュタスの有効成分、効果と脱毛阻止メカニズム

デュタスがいいって聞いたけど・・・

なるべく費用をおさえつつ、効果が高い抜け毛治療薬を探しているなら、一度はデュタスを検討したことがあるはずです。

個人輸入のサイトで安価で購入でき、一部の使用者からは「プロペシアより高い効果が得られた」との声もある、有望な薬です。

ただし、AGA治療に対する効能は国内未承認。医師の処方で購入できる薬ではない以上、安全面は自己判断で、使用する必要があります。

デュタスがどんな薬なのか、期待できる効果や成分・脱毛防止メカニズムについて知識をもたないままに服薬するのは、あまりにもリスクが高い行為です。

デュタスの有効成分デュスタリドについて知って安心

dl0837255そこで、今回は正しい治療ができるよう、デュタス有効成分「デュタステリド」に焦点をあて、期待できる効果と効能、使用の際の注意点を紹介します。

メカニズムまで詳しく紹介するので、自分に適した薬なのかを、判断する時の重要な判断材料になるでしょう。

十分な情報収集をすることが、育毛失敗を回避する唯一の方法。確かな知識を得てはじめてに、服薬をはじめても遅くはないと思いませんか。

これまで、何度も薄毛治療に失敗してきた方こそ、冷静な視点を持って、次なる一手を探していく努力が重要です。

アポダートのジェネリック医薬品がデュタス

デュタスと聞くとなじみがなくても、アポダートなら知っているという方もいることでしょう。アポダートは、イギリスで長い歴史を持つ製薬会社が開発した薬です。

韓国では、すでにAGA治療薬として認可され、プロペシアで想うような効果を得られなかった人に広く処方されています。

アポダートと同じ有効成分を含むジェネリック医薬品がデュタス。期待される効能は同じなのに、値段は半額以下と、コスト面では非常に心強い薬です。

デュタステリドに期待できる効果と脱毛阻止メカニズム

それでは、早速、デュタステリドについて詳しくみていきます。はじめて抜け毛ケアに挑戦する方にも理解して頂けるよう、AGAの基礎知識も一緒にご紹介。

クリニックでの治療とセルフケアの選択で、頭を悩ませている方も、ぜひ目を通してみてください。

AGAの基礎知識と有効成分デュタステリドの効能とは

深刻な薄毛に悩む男性の多くは、AGA(男性型脱毛症)と診断されます。

AGAの主な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)が通常より多く、成長期の毛に休止期・退行期とご認識させてしまうこと。つまり、DHTの発生を防ぐことができれば、髪の悩み解消に近づくはずです。

そこで活躍するのが、デュタスの有効成分デュタステリド。

DHTを発生させる5αリダクターゼの働きを弱めることで、脱毛を防止するお薬。長期的に続けることで、乱れたヘアサイクルが正常化へ。

成長段階の毛が受け落ちるリスクを軽減して、健康な髪への生え変わりをサポートすると言われています。

プロペシアと比較したデュタスの優位性

ここまで読んで「5αリダクターゼを抑制する」ということは、プロペシアの原理と変わらない、と、感じた方も多いでしょう。

これは、半分正解で、半分間違い。5αリダクターゼは、1型・2型と2つのタイプからできています。

プロペシアの作用が及ぶのは、2型だけ。デュタステリドの場合は、1型・2型の両方に作用します。

より詳しく見ていくと、5αリダクターゼ1型は、側頭部や後頭部に強く影響を与えるAGA原因物質。5αリダクターゼ2型は、前頭部・頭頂部に影響を与えます。

後頭部の薄毛進行が深刻な方は、1型を抑制できるデュタスを使用することで、より望ましい効果を得られる可能性が高いと考えられます。

さらに、1型・2型の両方に作用するということは、抜け毛が全体的に目立つ方の悩み解消可能性も。

プロペシアと同じ薄毛対策メカニズムを利用して、より汎用性を高めた薬がデュタス、と、考えて頂くと、分かりやすいかと思います

デュタスとプロペシア、どちらからはじめるべき?

06fdc068c46d987f04f4ee7670a52b6e_s効果を急ぐあまり、デュタスから服薬を開始する方もいますが、作用が強い薬だけに、ファーストチョイスとしての使用を積極的におすすめすることはできません。国内でAGA治療薬として一般的に使用されるのは、プロペシア。

まずは、専門クリニックにかかり、プロペシアの使用に関する判断をあおぐべきです。

前述の通り、男性ホルモンに作用し薄毛治療を進めるという観点では、デュタスもプロペシアも同じこと。

プロペシアの服薬に際する注意点を聞き、使用に耐える健康状態であるのか、プロの目で見極めてもらうと安心できます。

プロペシアを一定期間継続して効果を感じてからはデュタスへの切り替えも検討可能。コストパフォーマンスと安心感を総合的に判断して、後悔のない選択をしてください。

ジェネリック薬品で家計に優しい抜け毛対策

クリニックでの抜け毛治療、一度でもカウンセリングを受けたことがある方は、数百万単位の高額費用がかかることに驚くはずです。

プロペシアだけ処方を受けたいと思っても、シャンプーやトニック、店頭販売商品をいくつも奨められて、クリニックに行く度に数万円かかることもよくあります。

なるべくコストをおさえて育毛をするには、個人輸入で購入できるジェネリック医薬品が非常に便利。

上手に活用しながら、家計を圧迫しないケア生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。

日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る