エフペシアの用法・効果的な使い方は?

ジェネリック医薬品で薄毛治療

以前ならば薄毛の悩みは断腸の思いで見過ごすしかありませんでしたが、現在ではその悩みは医学の力を持ってして治療が可能となっています。

薄毛の原因としてはAGA(男性型脱毛症)が一因として挙げられますが、これは薬を飲み続けることで治療ができます。

プロペシアはAGAの治療薬として有名になりましたが、しかし価格が少し高いため、飲み続けることは困難という人も多いです。

そこで登場したのがプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアやエフペシアです。

エフぺシアは飲み続けてこそ効果がある

d7c2e17a8062746558fc80a6a1050f42_sプロペシアやそのジェネリック医薬品であるフィンペシア、エフペシアといったAGA治療薬は正しい用法で飲み続けることによって効果が得られます。

これは国内の臨床試験によって証明されています。

試験ではプロペシア1mgを1年間服用した人の内、58%の人が薄毛の改善効果を得たとされており、また服用期間を2年、3年と延ばした場合、それぞれ68%、78%の人が症状を改善したという事実があります。

これにより分かることは、プロペシアは服用し続ければそれだけ効果を得る確率が高くなるということです。またこの臨床試験の結果はジェネリック医薬品のフィンペシアやエフペシアにも通じています。

ジェネリック医薬品は正規品と同じ成分を含んでいますので、この臨床試験の結果を置き換えて考えても問題は無いでしょう。

したがって、エフペシアは用法を守って飲み続けてこそ効果があると言えるのです。

なぜ効果が出るのか

AGAの治療薬にはフィナステリドという成分が含まれています。このフィナステリドという成分は抜け毛の原因となる成分であるジヒドロテストステロンの発生を抑えてくれます。

そもそもなぜ毛が抜け落ちてしまうかというと、それは男性ホルモンと深い関わりがあります。

男性ホルモン「テストステロン」は血中に流れている成分の1つであり、これが毛根部にまで運ばれると、毛根で作られている2型5αリダクターゼと出会うことになります。

この2成分が結びつくことによってジヒドロテストステロンが作られます。ジヒドロテストステロンは毛根に対し、毛を作ることを休止させる成分ですので、これが発生してしまうと毛はどんどん薄くなってしまうのです。

フィナステリドは2型5αリダクターゼの発生を抑えてくれますので、結果的に血中を流れる男性ホルモンと出会うことは無く、抜け毛を予防してくれることになるのです。

ムラのない服用と健康的な生活を心がけましょう

エフペシアはムラの無い服用をすることで育毛効果を最大限に引き出すことが可能です。治療薬を服用すると、血液中のフィナステリド濃度は一旦高くなります。

そして、服用後には頭部へ運ばれることになるのですが、例えばこの濃さが薄くなってしまう時期があると、2型5αリダクターゼが一時的に発生することになります。

すると効果は次のエフペシア服用後まで得られないということになります。したがって、血中のフィナステリド濃度を一定に保つことが効率的な用法であると言えるのです。

服用の時間を決める

血中のフィナステリド濃度を一定に保つためには、エフペシアを服用する時間を決めておくと良いでしょう。

基本的に1日1錠の服用をしなければなりませんが、これを例えば1日目は朝に飲み、2日目は夜に飲むと濃度にムラができてしまいます。

したがって、服用の時間を朝ならば朝、昼食後ならば昼食後と決めておき服用することが効率的です。

生活習慣によっても効果は変化する

抜け毛の原因は生活習慣にもあります。

夜遅くに寝る生活を送っているだとか、睡眠時間が少ない、ストレスを発散できていない、偏った食事をしているなど、生活習慣が偏ってしまうと抜け毛を促進させてしまいますので注意が必要です。

食事が髪に与える影響

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s食事を取ることは生きていく上で非常に重要な行為です。栄養分を摂取すると、その栄養は体中に運ばれて生命活動を維持することに使用されます。これは髪についても同様です。

しかし、栄養の使い道は任意に決められるものではなく、優先順位が決まっています。

まずは生命の維持に使用され、その後に髪使われることになりますので、充分な食事を取っていない場合には髪に栄養が行き届くことは無く、体の健康を維持するために使用されてしまいます。

そのため、食事を抜くようなダイエットをしていたり、朝は時間が無いから食べなかったりなど、食事量が制限されてしまうと抜け毛につながってしまうのです。

健康的に朝昼晩の3食をしっかりと取るように心がけましょう。

長く使うことで効果が出ます

エフペシアは育毛にとって画期的な治療薬ですが、治療してすぐに効果が目に見えて現れるというわけではありません。

髪は1か月におよそ1センチ伸びると言われています。そのため実際には効果が現れているにも関わらず、その効果に気付かないというケースもよくあります。

効果があるかどうかを確かめたいのならば、最低でも半年は服用し続けるようにしましょう。また臨床試験により長く服用すると効果が出やすいことも証明されています。

年単位での服用が必要となりますので、長い目で服用するようにしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る