エフペシアの用量と正しい飲み方を守ろう

エフペシアの正しい服用方法を守ろう

エフペシアはプロペシアの後進薬(ジェネリック医薬品)として発売されてるので、基本的な成分や1粒に配合されているフィナステリドの容量はプロペシアと全く同じです。

プロペシアを始めとするフィナステリド製剤は用量を守って服用する分には副作用の鵜可能性も少なく安全性の高い薬です。

しかし、過剰摂取や間違った飲み方は重大な副作用の原因となることもあるのです。

1日の摂取上限量をこえると効果は一定になります

fa632a3207146a1b12e6bafbb2a17532_sプロペシアやエフペシアなどのAGA治療薬はたくさん摂取したからと言ってその分効果が高くなるわけではありません。

1日の上限量以上を服用しても効果は変わらないうえに、薬剤による体への負担が大きくなっていき肝機能障害など重大な副作用を引き起こす可能性があります。

AGA治療は短期間ではなく長期的に実践して始めて効果を感じることができるということを忘れないようにして服用量は絶対に守るようにしましょう。

フィナステリドによるAGA改善度は78%

2006年に日本国内のAGA患者を対象にして行われた臨床実験では、3年間の適切な量のフィナステリド投与によって被験者の78%に発毛や育毛効果が現われたというデータが残されています。

また、脱毛症の進行がストップし3年間の間現状を維持できた人を含めると被験者の98%もの高い水準で効果が表れていることがわかります。

フィナステリドは用量を守って長期的な服用が必要

エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として開発されているので1粒におけるフィナステリドの容量はどちらも同じです。

両薬とも、フィナステリド含有量は1㎎でプロペシアの開発会社メルク社が定めたAGA治療における1日の摂取上限量です。

AGA治療は基本的に即効性は低く、フィナステリドを飲み続けて数か月から数年単位で効果が実感できる長期的な治療方法であるため、短期間での効果はあまり期待できないことをしっかりと理解したうえで治療を始めましょう。

過剰摂取は副作用の可能性が高まり危険!

AGAの治療や育毛を目的としてフィナステリドの服用を開始する人の中には、早く効果を実感したいからと言って1日の摂取上限である1㎎以上の摂取を繰り返す人がいるようですが、フィナステリドは1日の服用量を増やしたからといって効果にほとんど差は現れません。

また、フィナステリドは間違った服用方法をしなければ高い効果が期待でき副作用の心配も少なく身体への負担も低い安心の成分ですが、過剰摂取を続けると身体への負担が大きくなり肝機能障害などの重篤な副作用につながる可能性も高くなり危険です。

プロペシアやエフペシア1粒のフィナステリド容量は1㎎の1日1錠の服用を守りましょう。AGA治療のルールをきちんと守ることで安全に治療を進めていくことができ、将来的な薄毛の改善や育毛、発毛につながります。

エフペシアを選ぶ人が増えています

現在、日本の国内でAGA治療薬として処方が認められているのはプロペシアのみです。しかし、日本国外にはフィナステリドが原料とされているジェネリックAGA治療薬がエフペシア以外にも存在しています。

それは、フィンペシアと言われる薬です。

フィンペシアも実はエフペシアの発売元であるシプラ社から発売されているプロペシアのジェネリック医薬品で効果や容量も同等なのですが、コーティング剤として使用されているキノリンイエローに発癌性があるといわれているため長期的な摂取を問題視する声が高まってきているようです。

そこで、成分や含有量が全く変わらずキノリンイエロー不使用なエフペシアに移行する人が増えているのです。

エフペシアとプロペシアの価格比較

dl0a9983国内で処方されているプロペシアを選ばずに、エフペシアを選ぶ人が増えている理由にコストパフォーマンスの良さがあります。

お医者さんでプロペシアによるAGA治療を始める場合、保険が一切きかないので割引なしの10割負担が必要となり、薬代だけでも約1か月分(28錠)で8000円~10000円前後。

通院費や医療費も含めると高額な治療代を何年も払い続けなくてはなりません。

しかし、成分も容量も全く同じであるエフペシアを個人輸入や輸入代行業者を介して手に入れた場合エフペシア100錠(およそ3か月分)2500円前後とかなり格安で手に入れることができ送料を合わせてもかなりの節約になります。

AGA治療の基本は継続することです。エフペシアのようなジェネリック医薬品を上手に使うことで治療にかかるコストを抑えることができ、無駄なく安心して治療を継続することができるのです。

エフペシアは安心して服用できるジェネリック医薬品

ほとんどの場合数年単位での投薬治療になるAGA治療において安全性と金銭的な負担は大きな課題になります。

そこで、同じ成分同じ容量で安全なのに低価格で手に入れることができるエフペシアを選ぶ人が増えているのです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る