デュタスと薬の安全な飲み合わせ

デュタスとほかの薬の飲み合わせ

medications-342456_1280

AGA治療の定番となっているフィナステリド製剤プロペシアよりも男性型脱毛症(AGA)に効果があるといわれているアボルブカプセルのジェネリック医薬品であるデュタス

フィナステリドと非常に良く似た効能を示すデュタステリドという成分が主な原材料になっています。

フィナステリドに比べて強力な発毛や育毛効果がありますが、ほかの薬との飲み合わせなど若干のリスクが伴います。

デュタスの基礎知識として薬との飲み合わせについて知っておきましょう。

副作用や病床の悪化を起こさないために

デュタスはフィナステリド系AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアを超える強力な効果が期待できるデュタスロイドという成分が原料になっているアボルブカプセルのジェネリック医薬品です。

効果が強力な分、服用の仕方や飲み合わせによっては身体への影響や副作用が起きることがあります。

トラブルを起こさないためにもデュタスによる治療を始める前や治療中は薬との飲み合わせについてしっかり調べることや、何か不安がある場合は専門家に相談することが大切です。

デュタスは前立腺肥大薬として認可取得済み

現在デュタスをAGA治療薬として認可しているのは韓国のみで、現在の日本においてはAGA治療薬としての認可は受けていません。

しかし、前立腺肥大症の治療薬としては日本でも認可されているため適切な使用においては安全な薬であるといえます。

ところが、間違った飲み合わせや過剰摂取を続けることで効果の半減や作用の増幅、デュタステリドの血中濃度上昇など危険性が考えられます。

AGAを克服する前に健康に被害が及んでしまわないようにデュタスによる治療は慎重に進めましょう。

デュタスによる治療を始める前に飲み合わせについてチェック!

phm06_0513-sフィナステリドよりさらに高いAGAの改善効果や育毛効果を持つとされているデュタス。

プロペシアのようなフィナステリド系の治療薬が一般的になっている中で、さらに強力な発毛効果や育毛効果に期待が持てるデュタステリドが原料となっているの治療薬です。

しかし、強力な効果を持つ代わりに服用に関してフィナステリド以上に注意が必要になりとなります。

ほかの薬との飲み合わせに関しても、フィナステリドには併用不可な薬はありませんがデュタスには一緒に服用できない併用禁怠薬があります。

デュタスの服用を開始するにあたって気を付ける事

デュタス(デュタステリド)はほかの薬との飲み合わせや健康状態によっては、病気の症状を悪化させたり、効果が現れにくくなったりしてしまう事があります。

  • なんらかの持病を持っている場合
  • 肝臓病を発症している場合
  • 市販の薬も含めて毎日服用を続けている薬がある

などに当てはまる人は、服用している薬との飲み合わせによる副作用や症状の悪化、デュタスの血中濃度上昇などが起こる可能性が高くなるので独断での使用は控え、専門医による指示のもと治療の可否を判断しましょう。

デュタスの併用禁怠薬について

アボルブやデュタスのようなデュタステリドが原材料とされている薬は、ほかの薬との飲み合わせによってデュタステリドの血中濃度が上昇する可能性があるので併用に関して注意する必要があります。

例として、

  • リトナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害薬
  • イトリゾールなどのアゾール系抗真菌薬のイトラコナゾール
  • クラリス、クラリシッドなどのマクロライド系抗生物質クラリスロマイシン
  • エリスロイシンなどのマクロライド系抗生物質エリスロマイシン

などがあります。

しかし、ここで上げた薬以外にも併用に注意が必要な薬があるので、何らかの投薬治療を行っている場合、必ずデュタスを取り扱っている病院での診察を受けるようにしましょう。

アルコールとの飲み合わせ

JSK542_uisukinomu500

デュタスでの投薬治療中でもアルコールの摂取は可能です。とくにアルコールとの飲み合わせで何か副作用が発生したというような報告はないようです。

しかし、大量の飲酒は控えるようにしましょう。デュタスだけではなく薬全般においていえる事なのですが、薬を長期的に摂取するということは多かれ少なかれ肝臓に負担がかかります。

そこにさらにアルコールの大量摂取による負担をかけてしまうと肝機能障害などを起こす原因となりかねないからです。

デュタスは強い発毛や育毛効果が期待できますが、プロペシアやエフペシアと違って副作用の可能性も高くなる薬です。服用は慎重に行いましょう。

飲み合わせに注意が必要

デュタスは飲み合わせに関して注意が必要な薬です。

お医者さんでの処方ではなく個人的に入手した場合でも、ほかの薬による投薬治療を行っている方や肝障害を患っている、肝機能に不安がある方などは絶対に独断で服用を開始せず、病院で医師による指導の下で治療を始めるようにしましょう。

正しく服用をすることで、より効果を得ることができますし、自分の身を守ることにも繋がります。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る