デュタスの個人輸入方法とは!

薬局に行けばおおよその治療薬は手に入る時代

phm06_0454-s現在は医学の発展に伴い、様々な医薬品が開発され、どのような病気でも大抵の場合は対処できるような社会です。

しかし、海外では一般的に使用されている薬であったとしても、日本国内で臨床試験が行われておらず、そのため薬局に販売していないという薬も多いです。

特に男性型脱毛症の治療薬の場合は、代表的なプロペシアやアボダートといった薬は薬局に置いてあったとしても、そのジェネリック医薬品として開発された、フィンペシアやエフペシア、デュタスなどの医薬品は販売すらされていません。

それではどのようにこれらの治療薬を手に入れれば良いのでしょうか。

個人輸入により入手するしかない?

デュタスやフィンペシアなどのジェネリック医薬品は、薬局では販売されていませんので、個人輸入をするしか入手する方法はありません。

これらの治療薬を個人輸入することや国内で服用することは法律内のことであり、犯罪というわけではありませんので安心してください。

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。
当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

    • 外用剤(毒薬、劇薬及び処方箋薬を除く。)標準サイズで1品目24個以内
    • 毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内
    • 上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヶ月分以内

引用元:厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入について

しかし、関税だけは商品の代金に加えて支払わなければなりませんので、その点だけは注意する必要があります。

個人輸入をすると面倒?

個人輸入は自分の力だけで全てを行おうとするとなかなか面倒なものです。

海外現地のショップと連絡を取って、どの商品をいくつ注文するのか話さなければなりませんし、また代金を現地のお金で支払ったり、関税を支払ったりもしなければなりません。

そこでお勧めなのが、個人輸入代行業者の活用です。
業者は個人輸入に関する全ての業務を請け負ってくれますので、より簡単に、そしてより手軽にジェネリック医薬品を輸入することが可能です。

全てを個人の力で輸入するのと比較してしまうと、手数料を取られてしまう分、多少割高ではありますが、それだけ手軽ですので個人輸入を考えている際にはお勧めです。

また業者によってはキャンペーンを行っていたり、料金が変化したりしますので、様々な代行業者を比較してみると良いでしょう。

個人輸入に際して注意すべきことは?

業者の詐欺には注意

個人輸入代行業者はインターネットを活用すれば簡単に見つけることができ、また必要な料金を比較することも可能です。

しかし、ここで注意したいのは、代行業者の詐欺行為です。

中には不逞の輩もおりますので、信頼できる業者なのかどうかをしっかりと見極める必要があります。

デュタスが欲しいにも関わらず、他の商品が送られるなどといった被害も出ているようですので注意してください。サイトにてセキュリティーの問題や利用規約に関する説明を充分に読んだ上で利用するようにしましょう。

デュタスは非常に強い薬です

プロペシアやそのジェネリック医薬品であるフィンペシア、エフペシアといったAGA治療薬は、健康を害すること無く、比較的安全に治療することが可能ですが、それに対しデュタスは非常に効能が強い薬であり、リスクもあることをしっかりと認識する必要があります。

効能に関しては、プロペシアなどのおよそ1.5倍もの効果が発揮されることが研究により明らかになっていますが、しかしそれと同時に副作用に関しても、倍以上の発生率になってしまいます。

特に性欲減退や勃起不全、肝臓に負担をかけてしまいやすかったり、また服用し続けると体が薬に慣れてしまい、なかなか効果を得られなかったりする可能性もあるというデメリットについてもしっかりと把握しておく必要があります。

まとめ買いがお勧め

70379f1e45ff24a312a601680a152f35_s個人輸入業者のサイトを見れば分かりますが、ジェネリック医薬品は数十錠単位で販売されているケースが多いです。

1日1錠服用することが望ましいとされていますので、30錠をまとめて購入すると1か月分を入手することになります。

値段については大量に購入した方が安くなりますので、服用を考えている際にはまとめ買いがお勧めです。

また、デュタスを服用して効果を確実に実感したい場合は6カ月もの時間が必要になります。

人の毛髪が伸びる早さは、およそ1カ月に1センチと言われており、またこれは個人によって差があり、これよりも伸びるのが遅い人も多いです。

そのため、半年ほど服用をしてみなければ実際に育毛効果があったとしてもその成果に気付かずに終わってしまうことも多いのです。

ためしに1か月だけ服用してみようという方も多いですが、目に見えるような効果を得るためには6カ月もの服用期間が必要になりますので、効果を試したい場合には150錠で購入した方がお得でありお勧めです。

薬局で販売されていません

ジェネリック医薬品のフィンペシアやエフペシア、デュタスなどのAGA治療薬は、国内の臨床試験を通っていないため、薬局では販売されていません。

しかし、個人輸入することは許されています。

お勧めの入手方法は個人輸入代行業者に依頼することですが、その際には詐欺にも注意しなければなりません。

また、デュタスは非常に強い薬ですので、育毛効能だけに目を向けるだけでなく、その副作用もしっかりと把握した上で服用するかどうかを検討する必要があります。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る