デュタスはどのくらいの服用期間で効果がでる?

効果の強いデュタス

男性型脱毛症の治療にはプロペシアやアボダートという治療薬が処方されますが、これらの薬は値段が高いため、服用を躊躇う人も多いです。

しかし、現在ではこれらの薬と同じ効果を持っているジェネリック医薬品も登場しており、格安でAGAを治療することが可能になっています。

正規品ではないため、国内で処方されることはありません。

薬についての説明を薬剤師から聞けないため、各々で服用の注意を調べなければなりません。

これらの治療薬の注意すべきことは、服用する期間です。

服用期間は半年は見たい

dl0014867アボダートやそのジェネリック医薬品であるデュタスは、プロペシアなどと比較すると効力が非常に強くなっています。

目に見えて増毛の効果が現れるまでには、少なくとも半年はかかります。

そのため、プロペシアが利かなかったから少し試してみたいという方は、半年ほど服用期間を設ける必要があります。

もし半年使用した上で効果が得られなかった場合には、それは男性型脱毛症ではなく、他の脱毛症の恐れがありますので、その際には専門家の指導の下で治療に専念することをお勧めします。

なぜ半年間服用しなければならないのか

実は、服用直後に前記した通りの効果は現れているはずです。

しかし、毛髪が伸びるためには時間が必要です。

健康な成人男性の場合、1か月に伸びる髪の長さはおよそ1センチと言われていますが、これはあくまで目安であり、人によっては1センチ未満しか伸びないというケースもあります。

それしか伸びないからこそ、目に見える育毛効果を得るためには半年という時間が必要になるのです。

ディタステリドの効果と副作用

デュタステリドは、プロペシアに含まれているフィナステリドと比較すると、非常に強い力を持っているのでとても魅力的ではあります。

それと同時に副作用も強いので服用する前には、その点をしっかりと考慮する必要があります。

ディタステリドの効果

男性型脱毛症により毛髪が抜け落ちてしまう原因は、ジヒドロテストステロンという成分が発生してしまうことにあります。

この成分は毛髪の成長を妨げる指示を出し、この指示に従って毛が抜けて落ちてしまうのです。

そこでデュタステリドの登場です。ジヒドロテストステロンは1型と2型5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくことにより生成されてしまいます。

デュタステリドはそれぞれのリダクターゼが分泌しないようにする働きがあり、それが結果的に増毛につながるというわけです。

性欲が減退する

デュタスやアボダートの副作用は、フィナステリドと似たような物です。

リビドーの減退、勃起力の低下や、乳首が痛むという副作用が起こってしまいます。

しかし、これらの副作用はフィナステリドの倍以上の確率で発生してしまうことが分かっていますので注意が必要です。

体が慣れてしまう

デュタスのもう1つの副作用として、体が慣れてしまうということが挙げられます。

服用を続けていると次第に体が薬に慣れてしまい、効果をなかなか得られなくなってしまうことも分かっています。

また、服用をやめた時に再び毛髪が抜け落ちるというケースも起きていますので、こちらについても懸念しなければなりません。

最終手段として使用するのがお勧め

phm06_0438-sこのようにデュタステリドには副作用も多いですので、この治療薬の服用に関しては最終手段であると位置づけて考えておくと良いでしょう。

薄毛化が起きてしまう原因としては、睡眠時間が少ないことや、偏食をしてしまっているなどの不摂生というものや、ストレスによっても毛が抜け落ちてしまうこともあります。

したがって、まずはこれらの点について、改善点は無いかどうかを探してみる必要があります。

睡眠時間については、毛髪の成長に関係している夜10時から深夜2時までの間にしっかりと睡眠を取っているかどうかが重要です。仕事などでやむを得ず夜更かしをしてしまう方もいるかもしれませんが、育毛のためには良くないことですので改善した方が良いです。

また、食生活に関しても、時間が無いという理由で朝食をついつい抜いてしまうという方も多いですが、これも髪のためにはよくありません。

朝食はしっかりと取るようにしましょう。栄養を補給するのは健康の基本です。

これらの不摂生をしていないかどうかを吟味、改善した上でそれでも薄毛が良くならない際には、フィナステリドを、そしてそれでも効果が無い場合には最終手段としてデュタステリドというように段階を踏んでいくと副作用のリスクも軽減されるのでお勧めです。

半年間は服用するようにしましょう

デュタステリドは効果の強い治療薬ではありますが、目に見えるような効果を得るためには最低でも半年程度は時間が必要になります。

しかし、副作用も強いという点も忘れてはいけません。

服用を考えている際には、効能と副作用をしっかりと考慮するようにしてください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る