エフペシアって本当に効果・効能があるの?

ジェネリック医薬品は効果があるのか

男性型脱毛症に悩んでいる方も多いですが、現在では薄毛は医学の力を使って治療することが可能です。

代表的な治療薬にプロペシアが挙げられますが、これを服用し続けるためには費用がかかりすぎてしまうというデメリットもあります。

そこで今注目を浴びているのが、ジェネリック医薬品であるエフペシアやフィンペシアです。これならば価格も抑えられているため、手軽に治療を開始することも可能です。

価格が安いと本当に治療効果が得られるかどうか心配になる方も多いです。

効果が出る前にやめてしまう人が多い

dl0014867結論から述べると、ジェネリック医薬品だからと言って、効果が得られないというわけではありません。

エフペシアに含まれている成分は、正規品であるプロペシアの成分とほぼ同じだからです。またこれはフィンペシアというジェネリック医薬品についても同様です。

ただし1点だけエフペシアには、着色料が使用されていないという魅力があります。フィンペシアには着色料が使用されており、これに発癌性が微かにあるとされているため、それを嫌う人も多いです。

しかし、いずれの医薬品を使用するにせよ、効果はすぐに現れるものではありません。得られる効果はほぼ同じですが、これらの医薬品は効果が出るまで時間がかかってしまいます。

プロペシアの臨床試験では1年、2年、3年と服用期間が延びるにつれて効果が出ているということを証明しています。

したがって、1か月だけ使用してみて効果が得られなかったから服用をやめるというように、時間が経っていないにも関わらず効果が得られないと言うのは間違っているのです。

フィナステリドがAGAに効果あり

なぜ、エフぺシアに育毛効果があるのかといえば、プロぺシアにも配合されている成分「フィナステリド」の働きがあるからです。

この”フィナステリド”が薄毛の原因である男性ホルモンに直接働きかけ、抜け毛を押えてくれるのです。

効果・効能と効果的な服用方法について

治療薬は服用の仕方によって得られる育毛効果の大きさが変化してきます。治療を進める上では、用法用量だけでなく、生活習慣を健康的に保つことも重要になってきます。

フィナステリドの効果・効能

プロペシアやジェネリック医薬品のフィンペシア、エフペシアにはAGAに効果があるフィナステリドという成分が配合されています。

薄毛化が進んでしまう原因には諸説ありますが、その1つにジヒドロテストステロンという成分による影響が挙げられます。

ジヒドロテストステロンは、毛根部にて分泌される2型5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくことによって発生します。

この発生を抑えるためには、男性ホルモンの量を調節するか、2型5αリダクターゼの分泌を抑えなければなりませんが、男性ホルモンの量を変化させると他の健康維持にも影響が出てきてしまいますので不可能です。

フィナステリドはもう一方の原因成分でもある2型5αリダクターゼの発生を抑える働きをしてくれます。

これによりジヒドロテストステロンの発生を防ぐことができ、結果的にAGAの治療へとつながるのです。

1日1錠、決まった時間に服用

dl338501エフペシアに含まれているフィナステリドは、服用した後すぐに血液に混じり頭部へと運ばれることになります。

また、服用直後はフィナステリドの濃度が濃く、時間が経過するに従って薄くなっていくという特徴もあります。

2型5αリダクターゼは常に分泌する成分ですので、これを抑えるためには、フィナステリドの濃度を一定に保つ必要があります。

したがって1日1錠という用量を決められた時間に服用できるかどうかによって、治療の効率が変化してきます。

ある日は朝に服用、その次の日は夜に服用するなど、服用する時間にばらつきがあると、フィナステリド濃度も一定に保てませんので効果を得られにくいです。

効率的に効果を得たいのならば服用する時間を決めておく必要があります。

すぐに実感できる効果が得られるわけではありません

プロペシアやエフペシア、フィンペシアなどの医薬品は一定の育毛効果が得られる優秀な医薬品ですが、すぐに効果が現れるわけではありません。

特に毛髪の場合は、1か月に1センチ伸びると言われていますので、服用して1か月が経ったとしても、目に見えるほどの効果があるのかといわれると首をかしげてしまいます。

目に見えるような毛髪の復活を実感したいのならば、月単位で考えるのではなく、年単位での服用を考える必要があります。最低でも6か月は様子を見なければなりません。

また、フィナステリドによる増毛効果は、服用をし続けることによって効果が出ることが分かっています。

このことは国内で行われている臨床試験でも証明されていることで、3年間服用し続けると、およそ80%程度の人が増毛効果を得ていることが分かっています。

少しずつ、自道に治療する努力が必要になりますので、根気強く取り組みましょう。

基本的にはプロペシアと同じ効果です

プロペシアのジェネリック医薬品であるエフペシアは、プロペシアと同じ効能を得ることが可能です。

またそれだけでなく、同じくジェネリックであるフィンペシアと比較すると、着色料が使用されていない分、安全性にも配られていると医薬品となっています。

安く、そして安全に効果を得られる薬ですので、AGAでお悩みの方はぜひ服用を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る