これで安心!エフペシアの副作用、薬疹学習帳

エフペシアの副作用”薬疹”って何?

比較的、副作用の心配が少なく安心とされているプロペシアやエフペシアですが、説明書などには、いくつかの副作用の可能性が記載されています。

そんな副作用の中で”薬疹”というのがあるのですが薬疹とはどういった症状なのでしょうか。

薬の成分に体が何らかの反応を起こして発症

dl3388874薬疹とは、薬に配合されている成分や代謝中に発生する成分が原因となって起きる皮膚の粘膜反応です。

エフペシアに関わらず薬の服用が原因で起こる薬疹の多くはアレルギー反応によるもので、服用開始後数週間たってから全身に現れたり、飲み始めた瞬間からかゆみを伴うぶつぶつが発生したり人によってそれぞれです。

薬疹が発生した場合、無理に治療を続けずに原因と思われる薬の服用をやめるか成分の似たほかの薬に切り替えて様子を見ます。

薬疹は異常を知らせるサイン

薬疹が出るということは、原因となっている成分に対して身体が受け入れ態勢ではないということです。

たかが薬疹と甘く見ていると皮膚や粘膜のただれがひどくなってしまったりや強い掻痒感、症状が進み重症化すると入院しなければならないような状態になることもあります。

エフペシア服用中に薬疹や蕁麻疹など異変を感じたら薬の服用を中止して、それでも症状が治まらない場合は専門医師の診察を受けましょう。

エフペシアが原因で起こる副作用“薬疹”

エフペシアは基本的には副作用の少ない安全な育毛薬ですが、体質によって蕁麻疹のようなブツブツや赤み、かゆみを伴う発疹が発生することがあります。

エフペシアに関わらずどんな薬にも薬疹の可能性はあるのですがこのような症状は多くの場合、薬の成分や代謝される過程で発生する物質に体がアレルギー反応や過敏反応を起こすことが原因です。

薬疹は基本的には原因となっている薬の服用を中止すれば収まるのですが、重症化すると入院による治療が必要になることもあるようなので注意が必要です。

薬疹について詳しく知ろう

薬疹とは、服用している薬の成分や代謝時に発生する物質に体がアレルギー反応(免疫反応)を起こして現れる皮膚症状の1つ。

主な症状として、皮膚への発疹が見られるのですが体質によって発生するタイミングや発疹の現れ方などに個人差があります。

薬疹の発生期間は、原因となる薬の服用を開始してから2~3週間後が最も多いようです。体質などによっては原因となる成分や物質を摂取した直後に発疹やかゆみ、掻痒感などを感じる場合があります。

服用を開始してから数年後に症状が現れる場合などもあり一概には言えません。

多くの場合は原因となる薬の服用をやめれば薬疹の症状も収まりますが、服用を中止せず続けていると重症化することがあります。

激しいかゆみや皮膚のただれ、灼熱感、水泡、表皮剥離など場合によっては入院が必要になり、最悪の場合死に至ることもあります。

エフペシアで薬疹が出た場合の対処方法

55371f55583ce37527c0e46c622ebeef_sAGA治療や育毛に欠かせないプロペシアのジェネリック医薬品エフペシアですが、エフペシアの服用によって薬疹が発生するという副作用が現れる場合があります。

しかし、薬疹というのは様々な形で現れるためほかの皮膚疾患と区別がしにくく治療が遅れ重症化してしまうケースもあります。

薬疹は重症化すると最悪死に至ることもある重大な副作用なので早期発見が大切です。

エフペシアの服用を開始してから、皮膚のかゆみや発赤を伴うじんましんのような発疹や水泡などが見られた場合まずは薬の服用を中止しましょう。

その後、症状が改善された場合はエフペシアに対してアレルギー反応を起こしていた可能性が高く、以降のフィナステリドの服用について専門医に相談し指示を仰ぐなど慎重になる必要があります。

薬疹が発生して一時的に服用を中断し症状が改善したのちに再び服用を開始すると重症化しやすくなるので、自己判断での治療の再開は辞めましょう。

薬疹が重症化すると…

薬疹が重症化すると全身に現れる発疹だけではなく、ほかにもさまざまな皮膚疾患や病気になる可能性も高くなります。

まず、薬疹の始まりは小さな発疹や赤い斑点があらわれ多少のかゆみを伴う程度です。

しかし、進行すると1つ1つの発疹が大きくなり赤みが増し融合を始めます。この段階まで症状が進むと原因となっている薬剤の服用を中止しても全身が腫れ上がったように真っ赤になったり、水泡の発生、皮膚の剥離など肝障害など全身症状を伴ったりすることが多い。

そして、入院治療が必要になることもあるのでエフペシアの服用後、異常を感じたら独断で使用を続けないで直ちに服用を中止し医師へ相談しましょう。

薬疹かな?と思ったらすぐに服用を中止しよう

エフペシアの服用における薬疹の発生は、体質によって誰にでも起こる可能性のある副作用です。

服用を続けている間に発疹やかゆみなど異常を感じた場合、それが服用を始めてからから数か月~数年後の発症でもエフペシアによる影響の可能性を考える必要があります。

すこしでも気になる症状が現れた場合、すぐに服用を中止し、症状が治まらない場合は専門医の診察をうけましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る