プロペシアと同じ容量で同じ効果を持つフィンペシア

AGAの原因が究明されている

ia64110800004これまでAGAに悩む男性の対策はカツラ植毛など、髪の薄い部分をごまかすことしかありませんでした。

現在は医学が進歩したことでAGAの原因が究明されています。それには男性ホルモンが影響しているのです。

しかし、男性ホルモンそのものが直接悪影響を与えている訳ではありません。5αリダクターゼという毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素があり、これが男性ホルモンと結びつくことで抜け毛の直接的な原因となるジヒドロテストステロンになるのです。

現在は治療によって5αリダクターゼの働きを抑制することができるようになりました。

フィナステリドがAGAに効果的

AGA対策で最も効果的なことは5αリダクターゼの働きを抑制させることです。

これにはフィナステリドという成分が効果的です。5αリダクターゼの対策をせずにいると毛母細胞の血流が低下し、栄養分が届かなくなってしまうのです。

フィナステリドにAGA対策効果があると分かったため、育毛剤やスカルプシャンプーに取り入れられました。

しかし、飲み薬として摂取する方が効果的であるため、フィナステリドを含んだプロペシアが登場しました。

AGA対策として人気になったプロペシアですが、現在は同容量を含んだフィンペシアが登場しています。

フィナステリドを含んだフィンペシア

finpeciaプロペシアとフィンペシアにはどちらも同じ容量のフィナステリドを含んでいますが、両者に違いはあるのでしょうか。

大きな違いとしてフィンペシアはジェネリック医薬品であるということです。そのため、プロペシアと比較して価格は10分の1ほどになっています。

AGA治療は保険が利かないため高額ですが、ジェネリック薬品であればそのような心配はありません。飲み方はどちらも同じでコップ一杯の水で飲みます。

育毛効果が実感できるまで時間がかかる薬なので、最低でも半年以上は飲み続けましょう。

フィナステリドでAGA対策ができる

あらゆる男性にとってAGAは大きな悩みです。実際に生え際が後退してしまった男性はもちろんですが、今のところ心配が無くともAGAになる可能性があります。

これまで育毛剤などはありましたが、それほど効果的ではありませんでした。

しかし、現在は医学が進歩したことでAGAの原因が明確になっています。

N型O型などAGAにはさまざまなタイプがありますが、タイプを問わず回復が可能です。

適切な対策をしてAGAを治療しましょう。

AGAが引き起こされる原因とは

多くの方は、男性ホルモンがAGAを引き起こす原因となっていると考えていますが、実はそうではありません。

男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくことで、育毛の妨げとなるジヒドロテストステロンになるのです。

ジヒドロテストステロンは血流を低下させて、毛根への栄養の供給を妨げてしまいます。5αリダクターゼとは毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素です。

つまり、5αリダクターゼを抑制することでAGAを回復させることができるのです。

そこで、5αリダクターゼを抑制する効果のあるフィナステリドが注目されています。

プロペシアとフィンペシアは同容量

フィナステリドが注目されて以来、育毛剤やスカルプシャンプーに含まれるようになりましたが、頭皮に塗布するよりも飲み薬にする方が効果的であることが分かりました。そこで、フィナステリドを配合したプロペシアが登場しました。

しかし、AGA治療には保険が適用されないため、非常に高額になってしまうのです。その問題を解決したのはジェネリック薬品のフィンペシアです。

ジェネリック薬品であるため価格は10分の1ほどに抑えられています。これにはプロペシアと同容量のフィナステリドが含まれているので、効果は同様です。

服用の仕方がポイント

プロペシアと同容量の有効成分を含むフィンペシアですが、正しい服用方法をしましょう。

これは必ずコップ一杯の水で飲んでください。少ない量で飲んでしまうと胃に負担がかかってしまう恐れがあります。

また、お茶屋ジュースで飲むことも危険です。そういった飲み物に含まれている成分と、フィンペシアが化学反応を起こす恐れがあります。

もちろんアルコールと飲むことは現金です。化学反応を起こす可能性だけでなく、肝臓に負担をかけてしまいます。これはアルコールもフィナステリドも肝臓で分解されるためです。

また、半年以上服用を続けてください。そのため、プロペシアより安価なフィンペシアがおすすめです。

飲み続けるなら安価なフィンペシアで

AGAに有効であるフィナステリドですが、それを含有したプロペシアは非常に効果です。

プロペシアは半年以上飲み続けることで効果を発揮するため、それには大金が必要となってしまうのです。

そこで、フィナステリドを同容量含んだ、ジェネリック薬品のフィンペシアがおすすめです。正しい服用方法でAGAを治療しましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る