安価なフィンペシアはプロペシアと同等の有効成分

AGAを放っておくと進行してしまう

薄毛に悩んでいる男性は数多くいます。今のところ薄毛の心配は無くとも、絶対に薄毛にならないという訳ではありません。

男性であれば誰もが薄毛になる可能性を持っているのです。現在はAGAという呼ばれ方をする薄毛ですが、ひたいから薄くなるM型、頭頂部から薄くなるO型などそれぞれ種類がありますが、どれもAGAです。

これは身体の栄養状態や年齢に関係なく訪れるものです。AGAをそのまま放っておいては進行をつづけるだけで、良くなることはありません。

直ちにAGAの治療を行わなければなりません。そのためにAGAの有効成分を含んだフィンペシアがあります。

AGAは飲み薬で治療ができる

放っておくと進行してしまうAGAですが、現代は適切な治療をすることで回復させることができます。治療には飲み薬が効果的とされており、代表的な飲み薬はプロペシアです。

これは世界初のAGA治療薬としてまたたく間に脚光を浴びました。しかし、これには値段という問題があったのです。

AGA治療には保険が利かないため、プロペシアを飲み続けることが困難となってしまいます。

そこで、プロペシアに含まれる有効成分のフィナステリドを同等に含有した、ジェネリック薬のフィンペシアが注目されているのです。価格はプロペシアの10分の1となっています。

有効成分のフィナステリドに効果がある

propeciaENG_1907男性が薄毛になってしまう原因はどのようなものなのでしょうか。これはジヒドロテストステロンという男性ホルモンに原因があるとされています。

このジヒドロテストステロンが5αリダクターゼと結びつくことで、男性は薄毛になってしまうのです。こういった男性ホルモンを制御しなければなりません。

そこで役に立つのがフィンペシアの有効成分であるフィナステリドです。フィナステリドには5αリダクターゼの作用を抑える働きがあるのです。

フィナステリドの含まれた薬品を摂取することで脱毛がストップし、健康な髪が生えるようになります。

AGAに効果のあるフィナステリド

世界中の男性を悩ませている薄毛ですが、これまではカツラや植毛ばかりで効果的な対策はありませんでした。

これまで薄毛と呼ばれていましたが、現在はAGAという名称が一般的となり有効的な対策が開発されました。

AGAは生え際が後退するMタイプ、頭頂部が薄くなるOタイプ、全体が薄くなるタイプなどさまざまで、AGAについて対策をせずにいるとそのまま進行してしまいます。現在のAGA対策はどのタイプにも効果があります。

AGAの原因が究明される

AGAの研究が進み、その原因はジヒドロテストステロンと5αリダクターゼにあるということが分かりました。

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンで、AGAを進行させてしまうのです。AGA対策には育毛剤という考え方が一般的でしたが、飲み薬で対策をする方法が生まれました。

この飲み薬が、プロペシアです。プロペシアにはフィナステリドという有効成分が含まれており、これがAGAに効果を発揮します。

フィナステリドの効果を高める飲み薬

5αリダクターゼとジヒドロテストステロンが結びつくことで育毛を抑制させてしまいます。しかし、プロペシアに含まれているフィナステリドは5αリダクターゼを阻害する効果があるため、脱毛がストップして育毛効果があるとされています。

フィナステリドの効果は以前から注目されており、育毛剤やスカルプシャンプーに含まれるようになりました。

しかし、フィナステリドは外部から塗布するよりも、飲み薬として摂取する方が効果的であると分かったのです。

そこで登場したのが飲み薬のプロペシアです。

ジェネリック薬品のフィンペシア

dl339488フィナステリドを含んだプロペシアは、これまでの育毛剤やスカルプシャンプー以上の効果があるため、AGA対策で最も有名なものとなりました。

しかし、そんなプロペシアにも問題点があるのです。それは継続して服用すると非常にお金がかかるということです。AGAには保険が適用されないので、ほかの薬と比較して高額になってしまうのです。そこでフィンペシアが登場しました。

これは、プロペシアのジェネリック薬品であるため、有効成分であるフィナステリドが同量含まれています。

さらに、フィンペシアはプロペシアと比較して、価格が10分の1程度になっています。保険が利かず高額で飲み続けることが困難だった、プロペシアの持つ問題点をクリアしているのです。

AGA治療は継続することが大切です。フィンペシアでAGA対策をしましょう。

AGA対策は継続することが大切

これまで多くの男性を悩ませていたAGAですが、現在は治療で回復することが可能です。

ジヒドロテストステロンや5αリダクターゼなどAGAの原因が究明されているため、これまでの育毛以上の効果を得ることができます。

しかし、対策において最も大切なことは治療を継続することです。育毛はすぐに効果が出るものではありません。フィナステリドを含んだプロペシアは効果的ですが高額であるため、同じ有効成分を含むジェネリックのフィンペシアを利用しましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る