フィンペシアと他の薬の飲み合わせは?

フィンペシアを使って男性型脱毛症を治療していこう

フィンペシアは、今話題のジェネリック医薬品です。

開発の費用を削減できるタイプの医薬品であるため、生産コストを軽減して、安価で購入することができるようになっているのがメリットです。

初めに開発したのではなく、その後製造方法や成分が共有のものとして公開されるようになるシステムを利用しています。

このフィンペシアは、男性型脱毛症「AGA」の治療薬となっており、できるだけ費用を抑えて脱毛治療を進め、育毛をはじめていきたい人には、特に適していると言えるでしょう。

フィンペシアを使って脱毛と育毛を進める

フィンペシアは、男性ホルモンの生成をにぶらせる働きを持っています。有効成分フィナステリドを活用することで、悪性の男性ホルモンをおさえ、抜け毛を改善し、育毛を促進していくことができるのです。

あくまで男性型脱毛症「AGA」の治療薬であるため、女性の抜け毛や脱毛症、育毛には効果が立証されていないほか、円形脱毛症など、脱毛の原因が違った場所にあると推定される場合においても、フィンペシアが有効であるとは限らないため、注意するようにしましょう。

ホルモンに働きかけるフィンペシアで脱毛治療をする

b578ed8844b706627041f6958880c33f_sフィンペシアは錠剤タイプの医薬品であり、患部に塗る育毛剤よりもより高い効果を得やすくなっています。

悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが体内で生産され、育毛サイクルが狂って、健康な毛が育ちきらないうちに抜けてしまう脱毛減少を食い止めることができるのです。

この結果、育毛サイクルを正常に戻し、コシのある太く健康的な毛を育てていくことに繋がるのです。

フィンペシアは、成人した男性であれば服用することができますが、服用する医薬品という特性上、肝臓に負担がかかる可能性が高いため、肝臓に疾患がある人は服用を見合わせなくてはいけない場合もあります。

また、服用期間中の過度な飲酒は控えたいところです。

フィンペシアは他の薬との飲み合わせで、特に禁止事項はありません。しかし、常飲している薬がある場合、フィンペシアを服用する前に医師に相談をする安全策を取るのはおすすめです。

フィンペシアを正しく服用して治療をしよう

男性型脱毛症が発症してしまう仕組みとは?

男性型脱毛症「AGA」の原因はそれぞれの身体によって少しずつ変わってくるものではありますが、一般的には悪玉男性ホルモンが原因である場合が多いです。

抜け毛のはじまりは、テストテロンが体内で過剰に分泌されてしまうこと。このテストテロンは5α還元酵素Ⅱ型の働きによって、ジヒドロテストテロン「DHT」に変わってしまいます。

このジヒドロテストステロン「DHT」が、毛乳頭細胞に働きかけ、本来の毛髪のサイクルを乱してしまうのです。

健康な毛が生えきれないうちに抜けるようになってしまいます。きちんと育つことができない毛髪は、どんどん薄くなってしまうとい悪循環に陥ってしまうのです。

フィンペシアを活用した治療の詳しい仕組みについて

フィンペシアの主成分は、前述したジヒドロテストステロン「DHT」に有効なフィナステリドと呼ばれる物質です。

フィンペシア1錠に対して、1mgのフィナステリドが含有されており、このフィナステリドの働きによって、ジヒドロロテストステロンによる脱毛サイクルは改善され、正しい発毛と育毛のサイクルを取り戻していくことができるようになっているのです。

フィンペシアの服用方法や飲み合わせ

dl6983752フィンペシアは錠剤なので、一日一回一錠を服用します。薬の飲み合わせに詳しい規定はありませんが、個人の体質によって異なる場合もあるため、常飲している薬がある場合は、医師に相談するようにしましょう。

個人でフィンペシアを購入して服用する場合でも、他の医薬品を使っている人であれば、可能な限り専門家のカウンセリングを受けるようにしてください。

フィンペシアを飲むタイミングは決まっていませんが、発毛は夜間の睡眠時間に行われるため、眠る前に服用しておくとより効果を引き出しやすくなるでしょう。

また、継続して飲み続けることも大切です。

フィンペシアの効果が出る期間は、平均して三ヶ月目から。まずは抜け毛の少なさを感じるようになり、その後六ヶ月から一年の間に、少しずつ育毛を感じせられるようになっていきます。

継続した効果を得るためには、更にフィンペシアを年単位で服用し続けるのが良いでしょう。

体調と相談しながら服用すること

フィンペシアは毎日の服用が基本的な使い方ではありますが、体調と相談しながら、経過を見て適宜治療方法を検討するようにしてください。

また、他の薬と飲み合わせることで、より効果的な治療を進められる場合もあります。

医師の相談やアドバイスは大切にしましょう。

フィンペシアは妊娠中の女性は決して服用してはいけません。

そもそもが男性型脱毛症「AGA」のための医薬品であるため、女性への効果が見つけられていないのが現状ですから、注意してください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る