飲む育毛剤「フィンペシア」の副作用

フィンペシアに副作用があるのか?

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_sジェネリック医薬品として、近年多方面から注目を集めている「フィンペシア」。育毛効果がある医薬品として、男性型脱毛症「AGA」に使用されています。

フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品で、有効成分、効果共に同等です。

使用する上で、個人がインターネットのショップなどを介して購入することができますが、副作用の知識も必要です。必ずしも副作用が現れるわけではないですが、体に取り入れる物ですので、覚えていきましょう。

※女性、子供は使用できません。

フィンペシアの効果

フィンペシアは、男性型脱毛症「AGA」を、ホルモンの方面から治療していく医薬品です。主成分は、脱毛への有効成分である「フィナステリド」

脱毛が起きる男性ホルモンの生成を抑える働きがあります。フィンペシアを毎日規定量服用し続けることによって、抜け毛対策を行い、育毛サイクルを整えていくのが、治療方法の主な流れです。

フィンペシアの副作用

勃起不全

テストステロンという男性ホルモンが減ることで、男性機能が低下する場合があります。

しかし、最近ではフィナステリドがテストステロンの働きに影響が出ることは無いと言われています。

また、勃起不全(ED)はプラシーボ効果の影響という説もあります。

フィンペシアはホルモンの生成に直接働きかけるため、場合によっては身体の変化が副作用として現れる可能性はあります。

服用における副作用を避けるには

通常の場合、成人男性が1日1回錠剤で1/5錠から1錠です。

詳しく言うと1日0.2mgから1mgを服用するのが適量とされています。

これ以上の服用は厳禁です。副作用のリスクが高まります。ジェネリック育毛剤はたくさん飲んだからすぐに育毛医療が効果的に行えるというわけではありません。

フィンペシアを使ったAGA治療

フィンペシアが有効なのは、あくまで男性型脱毛症「AGA」のみ。円形脱毛症等や女性の脱毛症への効果は立証されていないため、注意するようにしてください。

有効に活用することができれば、フィンペシアはとても効果が高い育毛治療薬です。日本国内の臨床実験でも、それは立証されています。

フィンペシアは適切に使用すること

フィンペシアは、5a-リアクターゼⅡ型酵素の働きを阻害し、そのことで育毛サイクルを整え、男性型脱毛症「AGA」の治療を行っていく医薬品です。

コーティング剤(キナリンイエロー)のガンの心配はなくなったとはいえ、使用しているうちの初期の脱毛症状をはじめとして、いくつかの身体的な影響はありえます。

あなたのペースを保ち、丁寧な観察をしながら服用を進めるようにしてください。

あなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。 日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。 法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る