フィンペシアの服用と年齢の問題

男性型脱毛症に悩む年齢とは

男性型脱毛症「AGA」は、現代で悩む人がとても多い症状のひとつです。男性型という名前の通り、この脱毛症に悩む人は男性がとても多いですが、一部女性でも苦しむ場合があります。

また、この男性型脱毛症「AGA」は、思春期以降に現れる症状なので、傾向的に脱毛症に悩む人が多い中高年年齢層だけではなく、若年層でもトラブルを抱えてしまう人はいます。

年系に関係なく、治療をしたい人、するべき人は多くなっていると言えるでしょう。

男性型脱毛症を改善していく方法

男性型脱毛症「AGA」には、いくつかの治療方法があります。そこにかかる金額や方法、治療頻度や年齢、肌質や毛質など個人の事情を参考にしながら、治療を進めていくのが良いでしょう。

ジェネリック医薬品のフィンペシアは、男性型脱毛症「AGA」に高い効果を発揮することが出来ます。ジェネリック医薬品であるという性質上、脱毛治療にかける料金を少しでも減らしたい人からも人気が高い医薬品でもあります。

「フィンペシア」が男性型脱毛症「AGA」に有効な理由とは?

84284de5a7dbea74d02fc67c4c704c57_s「フィンペシア」の主成分は、「フィナステリド」です。この「フィナステリド」は、男性型脱毛症「AGA」を引き起こす原因のひとつである男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に有効な成分なのです。

「シビドロテストステロン」は、毛根細胞にある男性ホルモン受容体にくっつきます。このことから、髪の毛の毛周期は休眠期間に切り替わってしまいます。

発毛サイクルと育毛サイクルが不安定に乱されてしまうため、生えてくる毛は弱く短いものとなり、抜けやすくもなってしまい、脱毛が進行してしまうに至るのです。

この「シビドロテストステロン」の脱毛効果を改善し、育毛に繋げていくための医薬品が、「フィンペシア」ということになります。

「フィンペシア」を有効に利用して脱毛症を改善する

シビドロテストステロンの体内生産を抑制する

「フィンペシア」が注目される理由のひとつは、男性型脱毛症「AGA」の原因となりうる男性ホルモン「シビドロテストステロン」の体内生産を抑制する働きがあるからです。

その働きの元となるのが、主成分である「フィナステリド」。育毛サイクルと発毛サイクルを整えることに繋がるため、抜け毛を防止し、丈夫で綺麗な髪の毛を作っていくことが出来るようになるのです。

フィンペシアを利用する期間

どのような医薬品と同様に、「フィンペシア」もまた、効果には個人差があります。個人の体質や毛質、ホルモンの状態や体調、遺伝や肌質など、様々な部分に影響されるため、一概に効果の程度や期間を言い表すことは出来ないでしょう。

平均的には、「フィンペシア」を大体3ヶ月から6ヶ月の連日投与を行うことで、効果が現れると言われています。

つまり、最低でもその期間、「フィンペシア」をきちんと服用し続けなければいけないということです。

フィンペシアを服用していい年齢や身体とは?

「フィンペシア」自体には、明確な対象年齢や禁止年齢は定められていませんが、あまり若い年齢での服用は推奨されないことが多いです。

男性型脱毛症自体は、思春期以降であれば男性を中心に悩む人は若年にも多いものではあります。

しかし、「フィンペシア」のような体内のホルモン生成そのものに働きかけるタイプの医薬品の場合、まだ身体の成長が止まっておらず、体内変化も激しく、全体的に不安定な状態である若年であれば、想定外のトラブルも考えられます。

そのため、男性型脱毛症「AGA」を医療機関に通って治療している場合、「フィンペシア」を若年に処方することは少なくなっています。

若年層の個人輸入には注意が必要

dl1999876「フィンペシア」自体は医師の処方ではなく、個人で購入することも可能です。近年では個人輸入もあり、インターネット上のショップ活動も活発になっているため、購入自体は可能になっています。

ただし、個人で購入することが出来る分、自身でコントロールし、正しい方法で服用を続けなければいけないため、リスク自体は上がると思うのが適切でしょう。

一定期間の連続服用が必要になる場合もありますし、投与期間中の体調や毛髪の変化により、臨機応変な対応が求められる場合もありますから、若年の患者が個人の判断で「フィンペシア」を購入、服用することは推奨されないことが多いです。

適切に使用しましょう

「フィンペシア」は、今のところ男性に対してのみ効果が認められています。従って、男性型脱毛症「AGA」に悩む女性には、適切な治療医薬品ではないのが実情です。

特に、ホルモン生成に関与する医薬品であるため、妊娠中の方や授乳中の方は、「フィンペシア」を服用してはいけません。

また、「フィンペシア」の使用中、中止一ヶ月の期間は、献血も避けるようにしましょう。用法と用量をしっかり守り、安全な方法で「フィンペシア」を使用することが大切です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る