フィンペシアのみで得られる育毛効果とは?

フィンペシアは単独で効果が得られるのか

フィンペシアは、インドで製造されているプロペシアのジェネリック版です。

プロペシアと言えば、劇的とも謳われるほどの効果に期待が持てる育毛剤として広く知られた薬であるため、もちろん単独の場合でも有用性があります。

しかし、薄毛は遺伝による影響も少なくないため、そのタイプはさまざまです。体質によっては、なかなか改善が見られないケースも、実際に存在しているようです。

他の育毛剤と併用すればさらに効果的

dl6983752こうした効果の少なさは、他の育毛剤を併用することで補うことが可能となります。

それが、フィンペシアにはない、血行促進や成長因子の増加を促す役割に期待できる、ミノキシジルです。

育毛スプレーなどに多く使われている成分ですが、「ミノキシジルタブレット」と呼ばれる製品であれば、服用薬としての併用がしやすくなっています。

フィンペシアとミノキシジルで、互いに足りない要素を補い合うことで、より理想的な発毛状態に近付きやすくなります。

フィンペシアの足りない部分を補う

フィンペシアの主要成分、フィナステリドの有用性は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの産生を抑える特徴にあります。

男性ホルモンの分泌が過多の状態になることで毛根が正しいサイクルで機能せず、抜け毛に発展してしまうと言った薄毛に繫がる流れを食い止めてくれます。

直接的な改善薬としては、唯一とも言える貴重な働きとなっています。

ところが、男性ホルモンの感受性が弱い人の場合、ホルモンだけが薄毛の原因と限らないので、フィンペシアが効きにくくなるのです。この欠点を補う存在こそが、ミノキシジルと言う訳です。

フィンペシア単独での使用以上に効果的な併用薬

フィンペシア単独では、すべての抜け毛症状に効果を現わすとは限らないのが現状です。

男性ホルモンを阻害することで薄毛へのサイクルを食い止める働きに期待が持てるフィンペシアであるだけに、男性ホルモンが原因の大部分を占めていない人にとっては、効きにくいのです。

そこで注目されているのが、違った観点から育毛を促す育毛剤、ミノキシジルです。

通常、外用の製品に多く用いられている成分ですが、タブレットタイプもあるため、合わせて服用する方法にも役立てることができるのです。

フィンペシアを長期に渡り続けているにもかかわらず、なかなか効果が得られないと言う場合には、重宝できる併用薬となります。

ミノキシジルが有効である理由

ミノキシジルは、フィナステリド系育毛剤が登場する以前に主流であった、頭皮の血行促進や栄養補充を目的としたタイプの育毛製品における、有効薬として代表的な存在でした。

男性ホルモンの抑制を促す性質には特化されていないため、フィンペシアと比べると効果にはあまり期待が持てません。

しかし、この血行促進等の作用は、フィンペシアに存在しません。

そのため、男性ホルモン抑制以上に頭皮の健康状態改善が求められるタイプの薄毛である場合、両者を併用することでさらなる有効性が得られる形となるのです。

フィンペシア単独で得られる効果

フィンペシアの主要成分であるフィナステリドは、テストステロンが、発毛に影響を及ぼす悪玉男性ホルモン、ジヒドロテストステロンに変換されるために必要となる酵素、5a-還元酵素2型の働きを阻害する効果を持ちます。

育毛を促すだけではなく、薄毛の原因に直接作用する形であるため、高い効果に期待することができるのです。

臨床データにおいては、1年間服用することで、6割の人が生えたと実感し、さらに3年間継続利用を行うことで、この割合が8割にまで上昇すると言う結果を発表しています。それほどに、画期的な治療薬であったのです。

有効性が理想的な形で発揮されるのは、あくまで男性ホルモンを原因として薄毛タイプに限られます。そのため、これらは効く条件が揃っている場合のみに該当する効果と言えます。

ミノキシジルとは

phm06_0957-sミノキシジルは本来、高血圧の薬として用いられていました。

血管拡張剤としての働きがあり、血液の流れをよりスムーズにし、血管への負担を低下させると言った有効性が見られたためです。

そしてこの仕組みを応用したのが、ミノキシジルを主成分とした育毛製品各種です。

頭皮の血管を和らげ、血行促進を行うことで、発毛に必要となる栄養成分をより毛根部へ届けやすい状態へと近付けられる面を、役立てた形となっています。

代表的な市販製品には、以下のようなものが挙げられます。

  • ロゲイン
  • ロニテン
  • リアップ
  • リアップレディ

フィンペシアはミノキシジルタブレットとの併用が効果的

このように、ミノキシジルにはフィンペシアでカバーし切れない効能を、補う効果が存在するため、フィンペシアだけではなかなか発毛に繋げられない人は、併用することでより理想的な頭髪へと繋げやすくなるのです。

ミノキシジル製品は市販でも広く販売されていますが、フィンペシア同様の服用タイプである、ミノキシジルタブレットがおすすめです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る