フィンペシア使用時には前立腺肥大症に注意

フィンペシアを前立腺肥大症の関連性

前立腺肥大症は、前立腺部の肥大や緊張により患部が圧迫され、非尿作用に問題を起こす症状です。

新陳代謝を妨げると言った影響があり、快適な生活が送りにくくなってしまう病気です。

しかし、そうした症状を育毛剤であるはずのフィンペシアを服用することにより、抑えることが可能となるのです。

前立腺肥大症をフィンペシアで抑えられる

薄毛を改善に繋げるような強い効き目が期待される薬の場合、副作用への注意をされるケースが少なくありません。

しかし、フィンペシアの場合、特有の成分が前立腺肥大症の薬に含まれるものと近い働きを持つため、こちらの症状における治療薬としても有効性を発揮するのです。

前立腺肥大症の正規治療薬と同等の成分が含まれる

d7c2e17a8062746558fc80a6a1050f42_sフィンペシアが前立腺肥大症に効く仕組みは、この薬剤が抗アンドロゲン剤であることが大きく関連しています。

そもそも、フィンペシアのオリジナルであるプロペシアは、男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変換する、前立腺肥大症の薬として開発されたものです。

元を辿れば、育毛作用の方こそが第二の効能と言える存在なのです。前立腺肥大症への効果は必然ですらあるのです。

フィンペシアが前立腺肥大症に効く理由

前立腺肥大症になってしまった場合、処方される薬の一部として、a1遮断剤、抗アンドロゲン剤などが挙げられます。

これらには、前立腺周辺の筋肉や結節の状態を和らげる作用があり、炎症を起こした前立腺部の肥大を緩和します。

そしてフィンペシアにもまた、抗アンドロゲン剤が主要成分として含まれています。

このため、育毛剤であるはずのフィンペシアが、同時に前立腺肥大症の緩和へも働きを見せるのです。

効果が似ているだけではなく、国内で前立腺肥大症治療薬として利用されている、クロルマジノン酢酸エステル徐放錠をほぼ同等とも言える効果を示します。

診察時にフィンペシアの使用を伝えた場合、さらに継続使用を勧められると言ったケースもあります。

フィンペシア本来の用途

フィンペシアは、育毛効果への有効性に期待が持てるプロペシアのジェネリック版医薬品です。

服用タイプの錠剤薬となっており、決められた用量を一定期間に渡りの見続けることで、薄毛の原因である男性ホルモンの働きを抑え、育毛作用に繋げることができます。

1日1錠が適切な用法となっており、特に髪の育成が活発になる、就寝前に飲むとより効果的です。

従来は頭皮へ直接塗る形が定番であった育毛薬において、水と共に服用するだけで使用できると言う手軽さも、魅力の一つとして重宝されています。

前立腺肥大症と言う症状

前立腺肥大症は、その名の通り前立腺に異常を来す症状です。膀胱の下部、尿道括約筋の奥にあり、男性の生殖器官となっています。

中心部には尿道と共に精管が通っているため、肥大症になると、子孫を残すことにまで影響を及ぼしかねなくなってしまいます。

肥大の度合いは、数十グラムから100グラム以上まであり、発見時にそこまで大きくなかったとしても、油断はできません。

感覚としては、尿道が圧迫されることから排尿に違和感を覚える、またその逆で、尿意の切迫感や頻尿、そして尿閉と呼ばれる、まったく出なくなってしまう場合なども懸念されます。

さらに効果を高めるには

前述の通り、正規の治療に用いられる薬は、抗アンドロゲン剤のみではありません。そのためさらに効果へ期待を持つには、フィンペシアのみを使用し続けるのではなく、もう一方の薬、a1遮断剤の併用が有効であると言われています。

こうした特徴から、病院で診察を受けた場合、フィンペシア常用者にはa1遮断剤のみを処方するケースもあるそうです。

注意点としては、前立腺肥大症の治療を受けている状態で、さらにフィンペシアを使用する場合です。

このパターンであれば、用量以上の抗アンドロゲンを摂取する形となるので、副作用などにも懸念が持たれます。医師に相談した上で、使用を検討しましょう。

フィンペシアは前立腺肥大症に効果あり

61e76f6140d736a1dccce98582b2b4f0_sこのように、育毛剤として知られるフィンペシアですが、発毛作用のみならず、前立腺肥大症への効果も同時に期待することができます。

偶発的なものではなく、肥大症治療に使用する薬と同等の効果に期待が持てるほどであるため、医療の現場においても推奨されるケースがあります。

しかし、特別な薬であるため、自己判断で双方の症状に効果を期待することはあまりおすすめできません。

詳しい情報を知っていたとしても、念のため医療機関に相談した上で、活用するようにしましょう。

また前立腺肥大症の改善に繋げる場合は、病院で処方される薬、a1遮断剤との併用が効果的とされています。

フィンペシアのみを使用する形以上に症状の緩和へ期待が持てるため、効き目を高めると言う目的においても、やはり病院での相談を行う方がより理想的と言えます。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る